ノーベル賞の陰で

ノーベル医学生理学賞を受賞された山中伸弥教授。

遅れましたが、本当におめでとうございます。



さて。
これほどの研究でも、研究費の確保に苦労され、京都マラソンまでは知らないとダメなんて国、日本くらいなのかな、やっぱり。



勿論、減らしたバカは、蓮舫や枝野というおバカが指導した事業仕分けな訳ですが。

何しろ、「1番じゃないとダメですか?2番じゃダメですか?」などと、事もあろうに国家の、それも国際間競争の科学の分野で言ってしまったバカどもですから。



確かに、会社などで優先順位を決める際、普通にされる言葉ではあります。

しかしね。

国家の科学分野で2番を目指すバカがいたら、是非逢ってみたいもんだよ。

ビジネスレベルで語るべき事ではないんですよ。

第一、企業でも、確かに何でもかんでも予算は投入などしませんが、競争が激しいが将来に繋がる研究開発は、何とか続けているものです。

その優先順位の付け方が厳しいだけで、2番じゃダメですか?などというのは企業でもあり得ません。


当たり前です。

企業だって世界初を目指すのです。



その事を弁えていないから、阿呆にとられるこんな言葉しか出て来ないのです。

元々モデル、レポーター出身の彼女では、ビジネスでの常識にも乏しく、視点が近視眼で戦略は分からないからです。

100歩譲っても、2番以下なんてダメなのは分かっているけれど、今はこの予算で我慢してくれ、というのが筋なのに、ね。





その上、民主党は、一つ一つのプロジェクトには予算を付けましたが、ポストは大幅に減らしました。

ワタクシの友人は、日本に中々帰ってこれません。

ポストが無いからです。



彼は、アメリカに行き、国立衛生研究所を始めとして大学で研究活動を行い、超一流誌にペーパー(論文)を掲載されている研究者です。

しかし、彼は日本に中々帰ってこれません。

昔と違い、研究を日本で行う機会が与えられないからです。


彼は、アメリカにいる限り、おそらくそのまま研究活動を行えると思います。

だって、結果を出している日本人だから。


そうです。

外国人の研究者であっても、その中で日本人の信頼度は押しなべて高いのです。

※言っちゃ悪いが、この点中国や韓国とは正反対と言っても良い程評価が違うのだ。



こうして、優秀な頭脳と根気の持ち主は、日本国外へと流出していく訳です。




日本は、資源らしい資源(すぐに取り出せる資源)がありません。


特にこの国では、特に投資すべきものは、人しかないのです。


教育、研究に投資する以外、何があるというのですか?

子どもが生みやすい環境、そして教育に投資されているならば、人作りには可能性が秘められます。

それをビジネスレベルと同視して、2番じゃダメですか?などというのが馬鹿だというのです。


ワタクシは、あの事業仕分けであのバカたちを見捨てました。


これで、その後彼が苦労することが明確になったからです。


殆どの日本人は、箱物を減らせとは思ったでしょう。教育・研究活動を減らせと言った覚えはない。





まあ、あの蓮舫氏は。














はやぶさの帰還と共に政治生命が終った人。




民主党は使い捨てにしましたね。

自分がバカにした科学の成果によって、自分がバカ扱いされるとは、思っても見なかった事でしょう。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2012-10-16 06:44 | ニュース