業師(わざし。『技師』??)は誉め言葉?

だ~~~~~いぶ昔の話題になってしまいましたが(笑)。
日本代表、WBC優勝、おめでとうございます!!



さて。
皆さん、業師(技師?わざし)という言葉を聞いて、一体どう思います?

テクニックがある。
起用。
何でも出来る。

そう。こんな感じではないかな?
一般的には、テクニシャンという言葉も含めて、誉め言葉だと捉えている人が多い。




ですが。
ワタクシには、あまり良い響きばかりがある訳ではない。



業師と呼ばれている人たちは、押しなべて技が上手いし、使える技の数も相当多いという特徴で語られる。

しかしね。
こうした人たちの弱点も、ワタクシは多く見ている。

それは…
たった一つに集約される。

決定的な破壊力に欠けている。

そう。この一つに集約されるんです。

こういう業師と呼ばれる人たちは、ほぼ共通して、どの技も破壊力が同じです。つまり、この技なら誰にも負けない、絶対的な破壊力があるという事は、殆ど見たことがありません。

殆ど例外ないな。

例えば、K-1でミスター・パーフェクトと呼ばれた、アーネスト・ホースト選手は、こう語っている。

「私には、得意技など無い。何故なら、『どの技でもKOできるから』だ。」

…う、う~~~~む。
いっぺんでええから、こんなセリフ言ってみたい(涙)。

…それはさておき。
彼ほどのレベルになったら、確かにどの技も上手い。

しかし。
彼のKO劇は、幾つかのコンビネーション・パターンであることに気が付く。

それが、彼の得意パターンで、それも、うんと破壊力があるからKOできる訳です。

彼は、戦略的にこのパターンに繋げられるんですよ。

だから、得意技が無いのではなく、得意パターンがあるんですよね。それも、破壊力十分な。



では、イチローは、どうでしょうか?

皆さんのイメージでは、彼こそテクニシャンではないか!ということになる。

で、こう思う筈。

「あ!確かに、彼も『パワー無い』わ~!ホンマや!」

…これも、実はある面では間違いなんですよね。



イチローは、常々こう言います。

「ボクは、ホームランは『狙わないと』打てない。」

ですが。
意外と知られていないんですけど?
実は、アメリカのホームラン選手は、典型的な場合を除き(※マグワイアやソーサが典型例)、結構細身の人も多いんです。

そういう人たちのホームランのコツというのは、みんな異口同音。

「バットで球の下側をこするようにして打つんだ。だから、結構手応えは詰まった感じなんだよ。」

…これを聞いた時、ワタクシも、とんでもない誤解をしていたことが分かる。

ホームランは、やはり「狙って打つ部分も大きい。

つまりは、打つ技術が要るという事です。


イチローに話を戻しますと。
イチロー・ファンなら、みんな知っている、ある事実があります。

実は。
ゲーム前のバッティング練習で、彼ほど多く、それも『狙って』スタンドに球を運ぶ選手はいないという事。

これは、マリナーズの選手たちは、イチローのパワーについての質問で、殆ど失笑して答えているんですよ。

「イチローにパワーが無いって?見てくれに騙されているんだな。あいつくらい、スタンドに球を打ち込む選手は、ここにはいないんだよ!」

当時のキャメロンやベルなどは、みんなこんな事を言って呆れていましたからね。

「彼がホームランに専念すれば、3割以上、35本は優に狙える。」

とまで語る人もいましたね。


…これらは、何を意味するんでしょうか?

イチローは、自分はヒッターだ!と思い、ホームランのバッティング技術を意図的に封印して狙わなかっただけだと思います。


確かに、アメリカの馬鹿でかい選手たちに比べたら、イチローには、絶対的パワーでは劣るはずです。

しかし、武道もスポーツも、ある点では結論は同じです。
即ち。

「スピードとパワー」

…これが、効率よく結果に繋げられることこそ、結論な訳です。

イチローは、ある意味、巨大なパワーには恵まれませんでしたが、必要以上程度のパワーは得ているんです。

その上、あのスピードです!

まして、あの卓越した技術。

本当は、どの方向へも目指すことが出来た選手だったんですね。

単なる業師ではない、ということです。

更に、彼は、効果的にヒットを打ち、ゲームの流れまで変えてしまえる。


業師には、こう言ったことは、殆ど出来ません。





日本人は、技こそ最高という風潮がある。
でも、覚えておかないといけないことは、沢山ある。

技に効果が伴わなければ、何ら意味は無い。

見た目上手くても、また数を知っていても、ある程度のヤツにしか通用しないのでは、何ら意味が無い。

この陥穽に陥る日本人の、何と多いこと多いこと!



イチローや松井は、単なる業師ではないんです。





…さてさて。
ワタクシ、偉そうに例外は無いなどと書いていましたが…

一人いたな。

それは…

「頭文字D」の高橋涼介!!

彼だけは完璧だな!
顔も最高のイケメンだしなあ~。

うむ!
業師でも、最高はおる!↑今までの話は、一体なんだったんだ?(汗)
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2006-03-31 12:47 | 小人閑居