カテゴリ:思い出。( 2 )

避けるほどでは…

今まで、このゲームに触れるのを避けている感じが…あったのは否めないなあ。

というのは、思っていることを書いても、非難が殺到するだけになったり、決して分かってはもらえないからなんですけど…


フリーのアドベンチャー・ゲームやサウンド・ノベルと言われるものの中では、大変評判が良い…というか、人によっては、ゲームの作者の基準とすべき評価する方もいらっしゃる作品があります。

それは、「ハーバーランドでつかまえて」という作品。


※作者のサイトは、放置から7年、去年の末、削除されてしまいました。
ダウンロードは、こちら
ただし、XPと2000は、エンディングにエラーあり。エラーの修正が知りたい方や攻略に困った方は、←のメールにて。



確かに、名作には違いないかもしれない。
しかし、ワタクシは、これをプレイした当時、レビューを書かれている方々とは、全く異なる感想を抱きました。

彼らのように、「いい話だなあ~♪」という単純な感動では、決してありえなかったのです。

どちらかと言うと、痛みが薄らいでいくような感触でした。


ワタクシは、あの地震の真っ只中にいて、あの直後、様々なものを見ましたし、経験もしました。

しかし、意外かもしれないけれど、このゲームのヒロインのような話は、そのまま存在していたのです。

だから、ゲームをしている時、決して笑ったり意外に感じたりせず、不謹慎ではありますが、ある意味の慣れと、それ以上に物語にもっと強い希望や元気を感じていました。

作者も、それをこそ望んでいたのだそうです。

ワタクシも、ゲームを通して、当時直接感じ取ることができました。

ただ、レビューを見ていると、冷静に違う角度で見ていたり、もっと言えば、物語の設定としてのシチュエーションの一部としか感じられない向きがあるように思えてなりません。

ワタクシには、かなり違和感が強かった。

非常によく出来た、ただ単なる恋愛ものと考えてゲームをするのも良いでしょう。

しかし、あの当時を知る者が紡ぎ出す話は、当時を知る者が見ると、経験者ならではの滲み出ている行間の感情が分かり、レビューのように冷徹に評価したり、単純にラブ・ストーリーとして楽しんだりするのは、ちょっと難しかった…

そして、レビューを書いていた人には悪いのですが、未経験の彼らには、一生分からない痛みと強い欲求をそのまま見過ごしてしまい、この作品からは共感できなかったでしょう。

ワタクシの場合、この作品のメッセージの方が、ずっと強い印象だったのです。


あの地震では、ワタクシの先輩も亡くなり、また別の尊敬する先輩の父上が、倒壊した家の屋根によって圧死された、ということもありました。

そして、地震が終わっても、様々な苦難や苦痛が残りました。

中には、住人の中で、一人の小学生だった子を除き、友人の弟さんも含め、全員が即死した倒壊マンションも近所にありました。

あの時、生き残った子は、お父さんだけが出張でおらず、再会したとき、お母さんが亡くなったという記憶が無くなっていた、と聞きました。

13年という月日をものともせずに、ワタクシの記憶は、亡くなった方、生き残った方をそのまま記憶の中に留めている力にも驚きます。

しかし、13年と言う月日は、生きている人に平等に流れていきます。

あの時の子も、当然二十歳を過ぎています。

人間は、辛い記憶が薄れていき、忘れていくように出来ています。

13年の年月には、「頭の中の消しゴム」という、強い力もあるのです。

「風化させてはならない」という方々もいらっしゃいます。
しかし、それは不可能というものです。

風化もまた、それで良し。

もし、「風化させてはならない」ものがあるとしたら、それはたった一つ。

教訓

ではないでしょうか?

学んだ事を忘れず、次に生かし、その教訓を次の世代に繋いでいく…

それでいい…とは言わないけれど、少なくともそうすることだけは必要だと思います。




もし、このゲームをしてみたいと思われる方。
是非、トゥルー・エンドまで導いてやって下さい。

物語の中だけでも、一人の女の子くらい、救ってやりたいではありませんか。

↑ただし、たった40分程度の短さで、異常な難しさです。

ハッピー・エンド意外、全く意味を成さない物語ですので、頑張ってみて下さい(笑)。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2008-01-17 22:44 | 思い出。

声出してしゃべってくれ~!(※夢の話・第一章)

昨日は、最近見た、変わった夢のお話をし出した訳ですが。

皆さんも、そう言った何か意味があるのか?と悩む夢を見たご経験がおありなのでしょうか?

是非お聞きしたいです。




さて。
ワタクシ、昨日は「これ、夢?」と疑うようなものを二回経験している、と書きました。

一つ目は、父方の祖父の夢でした。


祖父は、84年の1月に、数えで93歳にて亡くなりました。

丁度、ジャッキー・チェンの『プロジェクトA』の公開直前で、これが話題になっていた頃でした。

直接の原因は、肺炎であったと聞いています。

ワタクシに、正式に祖父の死を知らされたのは、通夜の当日の朝なのです。

ですが。
ワタクシ、この前日に祖父の死を『知って』いました。



その日は、道場の練習日。
ワタクシ、当時は中学生。道場に向かう前に、学生服の上を毛布代わりにして、畳の上に寝ていました。

その時、奇妙な「夢」を見ました。
それは、以下のようなものです。





夢の体験・その1

当時、もうすぐ月末であったので、道場に月謝をもって行かなければならない時でした。
で、ワタクシは、居間に母親を探しています。

部屋に入った時でした。
すると、部屋の端に、奇妙な大きい箱が見えました。

ワタクシが近づいて行くと、色んな物がサササッ!と無くなって行き、ただその箱とワタクシだけがある、白いだだっ広い部屋になってしまいました。

大きい箱は、近づくにつれて、リッパな布に覆われた棺桶になっていました。



すると、どこからか自分の頭の中に声がする。

「月謝は、この中だよ。」

ワタクシは、何の疑問も無くその棺桶を開けようとしました。

布は勝手にサラリと払われ、白木の棺桶が出て来て、祖父の顔の前の扉まで勝手に開きました。

「あ、おじいちゃんだ!」と気がつきました。
ですが、この中に月謝があるので、探さないといけない。この事に気がとられていました。
何でこんなところに祖父が寝ているのか、ちょっと不思議に思いつつも、月謝袋を探そうとした、その瞬間。

祖父が目を開けました。




…実は、ワタクシ、この時に目が覚め、当時色々と書いていたメモ帳に、この夢を書き込みました。

不吉な予感がしたからです。
いえ、それ以上に、書いておかなければならないという強い衝動に駆られました。




問題は、その夜です。

また、この「夢」が登場しました。

…ご丁寧に。
前半の部分のダイジェストから始まりました(笑)。

ですが、後半は、決して笑えないものでした。



祖父が目を開けた途端。
棺桶の蓋は無くなり、ムクッと起き上がったのです!

ワタクシ、驚いて後ずさりします。

すると、祖父は、棺桶から降りてきて、ワタクシにどんどん近付きながら、手を『おいでおいで』するように振り、『ウンウン』と頷きながら、『何か』をしゃべろうとします。

ですが、何も聞こえません。口が『パクパク』とするだけ。

ワタクシ、この時になって初めて全く怖くない事に気がつきました。

ワタクシは、後ずさりしながら、自分の頭が割れそうになる程の大声で、必死に祖父に叫びます。


「おじいちゃん!何を言っているのか、ぜんぜん分からんよ!聞こえへんよ!ちゃんと声に出してしゃべってよ!」


でも、祖父は、『ウンウン』と頷き、手で招くようにしながら、口をパクパクさせて近付いてくるだけ。




ワタクシは、何かを叫んだ声で目覚めました。




奇妙に、夢の感覚を伴いながらも、体全体に全く異なる感覚を残していました。
簡単に言えば、ふわりと何かに包まれていながら、感覚が鋭くなっているような感じ。
相反する感覚でした。


で、母親に、こんな夢を見た、と話そうとした、正にその時。



「おじいちゃん、昨日亡くなったからね。その『つもり』でおってね。」



…そのつもりとは、これから通夜や葬儀が行われることを意味していました。
しかし、ワタクシは、受けた衝撃と共に、奇妙に驚かない納得が、そこにありました。



そうです。
ワタクシは、『祖父』と会っていたのです。



今でも、あの時、祖父が何を言いたかったのか、ワタクシは考えます。
正月、調子が悪いとは聞いていたものの、会いに行かなかったからでしょうか?
ワタクシ、父方の親戚は、祖父以外、みんな大嫌いだったのです。

ですが、何かを言いたかったとしても、今となっては何も分かりません。



ただ一つ言える事は。

この『夢』によって、祖父を忘れないでいる事。



…それにしてもよ~~~~~~;;
今から考えると、棺桶に入っているという事にも何の疑問も無い、という状態は、夢以外では考えられないですよねぇ(汗)。「棺桶に月謝が入っている」なんて、異常事態やんけ(大汗)。




奇妙な感覚を伴う夢は、このときから二十年、全く見ませんでした。
しかし、二十年経ち、三十路も超えて、ワタクシは、全く異なった意味で、奇妙な夢に出会います。

当時、これを覚えている状態で、文章にて完全に記録したものが現存しています。


とても長いので、明日からは、何部かに構成しつつ書いて見たいと思います。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2006-04-29 22:14 | 思い出。