<   2005年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

良いお年を!

さて、総括後半。

いや~!
営業は厳しいわ~。

とはいえ、うちの会社の営業って、とっっっっっっっっても特殊。

研修では、うちの会社のことを「世にも稀なる企業」などと言うのだが、ホンマ、世にも稀だわ(笑)。

しかし、辞める人が、とても多いのだ。
家族を理由に挙げる人も多い。
合わないと言って去る人もいる。

数字ははっきり出るし(※営業ならば当たり前)、そのプレッシャーは大きいしねぇ。
つい最近まで、ワタクシも、そのプレッシャーに負けそうだったもんな。
ただ、辞めようとまでは思わなかったけれど。
特に苦しかった時に、ここ数年間の苦しかった情景や感覚が蘇ってからは、苦しいなどと思うのがバカバカしくなった。

「拙かったらクビにせいっ!」と開き直ってからは、ホンマ、自分の仕事をしたいと思うようになりました。

でも、実際は辞めていく人がとても多い現場です。
逆に言えば、新卒を見つけるのが難しい会社なんですけどね(笑)。

それくらい、中途採用過多の会社なんです。

しかし、どうなんだろうね?
家族?他の理由?
本当にそうなんだろうか?
実際は、自分に負けて去っているのが実情ではないだろうか??

色々と理由をつけているけれど、現場から逃げ出したい気持ちがどこかにあるから辞められるのであって、その「理由」とやらは、背中を後押ししてくれるものに過ぎない感じがする。

実際ねぇ。
色々理由をつけて辞めたヤツが、「戻りたい」っつって面接受けに来ているという実情があるんですよ。

他の会社に行って、やっぱ悟るところがあるんぢゃないっすか?
「どこもおんなじだわ」って(汗)。

だとすれば。
やっぱり取るよな~。
給料袋の重さを。。

ワタクシの会社って、金払いは良い方だと思う。
実際、ワタクシの給料って、手取りを見ると、ホンマに毎回びっくりするのです。
うちの会社では、現金払いで給料をくれるので、実感が大きい。
上司が感謝を込めて部下に渡す、というセレモニーの為に、金がかかるのに敢えてそうしているんだそうです。

まあ、去年が給料が無さ過ぎて、税金があまり取られていないからなんですけどね(笑)。

だとしても。
もし、ホンマに花が咲けば、小さい企業の課長・部長クラスの年収が出てくる。
今でも、他の企業や公務員からすれば、中途採用を考えれば、信じ難い話ではある。

だから、ワタクシは何とか踏ん張れているのかもしれませんね。
特に、開き直ってからは(笑)。





辞めたい人は、多分、自分で思っているよりも、人生経験でキツイ事を経験していないのではないだろうか?と思う。

というのも、例えば、同期に41歳になる人がいるが、ワタクシから見れば、ちょっとした修羅場さえ経験していないように見える。

簡単に言えば、「坊やだからさ。」と言いたくなってしまうことが殆ど。

それでいて、こういうヤツ程、しれっと、それまでの経験がどれほどのものか、と言って自慢して憚らない。


ワタクシの師匠を含め、そういう匂いというものがありまして、そういう匂いを感じると、不自然なお話だが、ワタクシは、強い畏怖心と共に、より強い共感を覚えるんですよね。

でも、こういうヤツらには、何らそんな匂いは感じない。
他の若い人たちに、むしろ同じ匂いを感じる。
よく聞けば、かなり苦労したり回り道をしたり、ということが多いのです。




ワタクシの経験などは、今から考えても大したものでもない、と思うし、当時もそう思っていたんです。ただ、苦しさは半端ではなかったけれど。
ところが、同期の若い…同じ年代や年上の人からすれば、何だか、こう言う事がままあった。

悲劇のヒーローぶりやがって!家だって今もあるんだろ?!余裕があった証拠じゃねぇか!ってね~。

後半は、ある意味当たっている、だからこそ、ワタクシは悲劇のヒーローなとということを毛ほども考えたことが無い。

打つ手は残っているし、後は祈るだけというところまで持っていけたんですよね。
そう!うちの仕事からすれば、無知、またはそれプラス何も無いが故にどん底に落ちて行く人々を沢山見ているんですよ。

ワタクシの場合、戦う手立ても知識もあった。ほんの少しだが、母親に軍資金があり、姉たちも健在だったし、まだ少しは戦える状況があることをよく知っていたんです。

だから、悲劇のヒーローなんていう自己憐憫に浸って、ただ負けを待つことなど考えもしなかった訳です。

彼は上辺だけとって判断して、そういうことを思うらしいが、かなり上の上司から面接をして下さった人、その他の人たちからすると唖然としてしまう経験に映るみたいです。

そして、そういう人たちほど共感してくれたりする。

よ~言われるもん。
こいつ、苦労してまんねんって。

でも、ワタクシは、苦労していると言われるのが大嫌い。
大したことないやん、って気持ちが大きいからですね。

ただ~し!!
あの相手に対しては、「ざま~みろ!!」という勝ち誇った気持ちは、確かにあるが(笑)。
だから、「うけけ♪勝った勝った!」と自慢はするんです(大笑)。



彼は今、逃げ場が無い辛さを初めて感じているようです。
それこそ、悲劇のヒーローのようなコメントを連発しています(笑;;)

何時辞めるか?!と、周りは思っているようで、ワタクシにもそういう予想を立てさせようとしている。
で、ワタクシの辞める時期をも考えているのか?予想しているのか?と聞くと…

「キミの場合、クビにせん限り辞めへんやろ」

という解答がありました。
なるほど、そーゆーふーに見えるんかい(汗)。





辞めて逃げ出せる人達は、ある意味羨ましい。
でも、ワタクシの人生は、逃げ出せる場所も無いしなあ。

来年も大変だとは思うけれど、この仕事は将来を開く!





皆さん、良いお年を。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2005-12-31 20:44 | 我が逃走(笑)

今年最初の総括。

今年最初の総括。
…ところで、「総括」と聞いて、浅間山荘の生き埋めを思い出す人は、それはご年齢か、もしくは、ただ単なるオタクと言うべきである(笑)。

それにしても。
今年は、個人的には激動の一年でしたなあ。

司法試験から司法書士へ方向転換。
それなのに、二年目でサラリーマンへと転進してしまった。

自営業から被雇用者へと感覚を変えざるを得なくなってしまった。

今年を振り返ると、まずジジイが、去年の終わりに、債権者申立による破産手続という、実に珍しい手続により、窮地に陥っていたのだ。

法律家を目指していたワタクシは、それまでに殆ど禁じ手とも言うべき手を打ち、相当程度、相手に煮え湯を飲ませていたが、このときばかりは打つべき手を打ち尽くし運を天に任せるのみの状態で今年に突入していたのだから。

しかし、ケンカ…というより、全ての戦いというものは、「敵よりも多く算段をした者が勝ち、少ない者が負け」(※NHK『毛利元就』で尼子役の緒形拳さんが言っていたセリフ)という面があり、ワタクシ達が禁じ手によって相手に与えていたダメージが、結局のところ、最後にじわじわと効いて来て、折れざるを得なくなってしまい、難を逃れたという結果だった。

ワタクシは、悟った。

「合法でありさえすれば、『卑怯卑劣』こそ最強である。」

…と(大笑)。


その後、まあ感じるところがあって某社に入社(※殆ど潜り込んだ状態だったが(笑))した訳です。

で、人生を見直す研修があり←大っっっっ嫌いだったけれど(汗)、現場に入った訳ですわ~。

それにしても。
面白いもので、ワタクシが何とかうまく行くようになると、ジジイの仕事までうまく行く状態になったというのは皮肉なもので、家庭全体が明るくなればなるほど、運も力も集まってくるように世の中できているようです。

失恋もあったが、会社に入ってから、「女の子紹介する!」の声が跡を絶たず←その割りには、まだ一人の紹介も実現していないのだが(笑)。

周りは、本当に何とかしようという気でいるのはよく分かるので、丸で聞いていないものとして行動しよう(大笑)。


まずは、今年の総括前半終了←殆ど言い尽くした感じもするのだが(汗)。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2005-12-30 18:25 | サラリーマン編。

仕事納。

さて。
昨日28日は、仕事納となりました。
その上、大嫌いな忘年会の宴会…
酒飲め!というヤツが嫌いなのです。

案の定、気分が悪くなってしまった。

その代わり、酒が強いヤツに身代わりにさせたので、最初の二杯だけで、何とか難を逃れました(笑)。


とにかく。
今年も終わりですなあ。

今日は、ここまで!
明日から、総括してみたいと思っております。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2005-12-29 04:30 | サラリーマン編。

ハガキはもうイヤ~!

いきなりマイナスから始まりました(笑)。

いや~!
ハガキはもう見たくないな~!

お礼ハガキに年賀状。
きょうだけで、宛名書きは100通以上は手書きしたぞ。
しんどいぞ。
こんなに書いたことがないぞ。。
印刷ばかりだったからなあ。

でも、これは反省。
手書きに拘りたいな。

明日は出勤。内勤だそうです。
で、ハガキも夜中まで書かないと。

夜中には、あの「リング」もやってくれるそーです。
…なにゆえ、このクリスマスに?!(汗)
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2005-12-23 23:26 | 我が逃走(笑)

それでも会員取りは続く。

うちの会社は、お客様全員に「会員」になって頂くという制度になっています。
会員というのは、この場合、「特典」と呼ばれる来店特典に申し込みして頂いたお客様、ということになります。

さてさて。
ワタクシは、この成績がすこぶる悪い。
困ったものです。

明日からは、やり方も少しずつ変えよう…と思っていたら、年内最終日になってしまいました(笑)。

もう、年の瀬ですねぇ。
今年は、年賀状も書くんですけど、最低23日に出さないと元旦に着かないらしいですねぇ。

ということで。
明日印刷、23日に受け取り、23日に120通ほど書きます。
そして、お礼葉書も30枚ほど(涙)。

こりゃ休みなんてない会社だねぇ(大涙)。



一応、元気です。
元気なんですけど…ちょっと暗くなっていたかな?!
明日からは、またまた元気にやっていきまする~。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2005-12-22 02:08 | サラリーマン編。

明日は五時起き。

明日は五時起きで、会社出発です。
大変なんですわ。。

詳しく書きたいなあ~。
でも、書けば会社に迷惑が。。

明日、ボーナス日です。
だから、会社に早く帰らないといけないんです。

…嬉しいけれど、ぜ~んぶババアへ。
前に借りたRX-7の購入資金の返却です(汗)。

今日はここまで~。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2005-12-15 00:39 | サラリーマン編。

とことんこだわる。

いや~!
読んでいる人、いらっしゃるのだろうか??

まあ、それはともかく。

今は、今度の展示会に向けての仕事中~。
こだわって仕事はしたいものです。

色々あるのですよ~!
こだわるという点が。

前もってやっておかないといけない仕事ではあるなあ。

この前、給料日だったのですが、貰ってみると、ホンマ、手取りも中々良い。
…良いのは良いのだが、休日も無い状態で稼いでいる感じがする。

とにかく。
これからは、毎週土曜日にしか書けないなあ。

それも、つまらんことしかかけないのが残念。




ところで。
もう十二月なんですよお!
気が付いたら、ま~たまたクリスマスを一人で過ごす事になってしまった(涙)。

それよりも、今年から膨大な年賀状を書かないといけなくなってしまいました。

こりゃ大変だ(笑)。
ワタクシの場合、絵の枠線はコピーですが、後は全部色鉛筆での着色!
こうやって出来たものには、独特の感じが宿るんですよね。

皆さんも、一度はお試しあれ。




…ああ。
FDまでも、営業車になっている!(大涙;;)
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2005-12-04 03:50 | サラリーマン編。