<   2006年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「DAYS」ばかり。

FLOWの「DAYS」ばかり聞いていたりする。
ずっとリピート!(笑)。
ご存知の通り(??)、あのエウレカセブンの最初の主題歌だったりする。

しかしま~、エウレカセブンも、何時の間にか地球へ、それも日本列島に来ているというのは、どうもねぇ~。

最初は、やはりエヴァンゲリオンの二番煎じという感じがしないでもなかったのですが、こちらの方がずっと明るいし、段々オリジナリティが出て来た感じがするのは、ワタクシだけでしょうか?

で、この「DAYS」が好きなもんですから、FLOWの2ndアルバムを買ったという訳です。



でも、CDのアルバムなんか買ったのは、もう8年ぶり!!
それだけ、音楽を聞く余裕が、心の中に無かったんですよね。

2000年代に入ってからは、それはもう苦しい事ばかりが襲い掛かって来ていたので、それと闘うのがやっと。音楽を聞くと、みんな幸せな感じがして、自分が不幸になったような気がして、どうしても聞けなかったのです。

今は、不幸とは違うとはっきり言えるので、何を聞いても、何とかしていけるような気がする。

今までの教訓!

とにかく、諦めない事と、ぜっっっっっっっったい暗くなってはいけないこと!!

暗くなると、暗いエネルギー、マイナスのエネルギーを身に近づけてしまうということを実感しましたね。

笑え!笑え!笑え!!
『自分は幸せだ!!』と思え!!


…まず、自分がどんな発言をしているのか、本当に振り返る必要があること、これを学びましたね。

マイナスを先に言うのも必要かもしれない。
ワタクシなどは、まず越えるべきハードルをマイナス面として認識して、これを自分で自分に言う。そして、それを乗り越える方策も、自分に言い聞かせるのです。

ただ、これは、かなり誤解を受けるからね~。
外から見れば、単にマイナス思考にしか見えないですからね。

これに対して、マイナス面ばかり言って背中を向ける人。
こういう人には近付かないことですね。
運が逃げる。
決定的に違うのは、「何もしない」という点でしょう。


ただし!
ワタクシは、能天気とプラス思考とは似て非なるものだと思う。

問題点も知らず考えず、ただ「何とかなるよ~♪」と明るくやるだけでは、やはり問題は解決しない。

焦ってから回りするよりは前に進むかもしれないが、やはりエネルギーが空回りする部分が出てくる。

問題点をよく知って、それでももっともっと大きな目的と、そのための目標をきちんと設定して、尚且つ、道筋をつけることによって、自信を持って明るく立ち向かうこと。

これが、本当のプラス思考ではないでしょうか?



では、辞職を考えた、本音を語ろう!
本当の本音です。自分で自分のことを掘り下げよう、とこれを機会にやってみましょう。



今の仕事については、嫌な面もある。納得できない、極めて特殊な面もある。それも、そればかりの企業体。
しかし、それは、枝葉末節に過ぎない筈。本当の理由ではないな。

それが、ただ単に嫌なだけなのか?!
それも違う、と思う。

確かに、もうウンザリするような場面は毎日です。思いっきりエネルギーを消費して、やっとという部分が大きい。しかし、それは、前々から、どんな仕事にも付き纏っていたところだったしね。勿論、余りに特殊な企業であるが故に、その軋轢たるや、半端ではないのも確かだが、課長などは十数年のキャリアがあり、それをこなしているのですから、諦めなければできる筈です。ワタクシ自身、「仕事!」と思うと、割りと平気でやっていたから、それはあまり気にしていない。

とはいえ、この特殊さが、ワタクシにかなりの精神的負担をかけているのも事実ですけどね。



でも、自分の人間的未熟と真正面から向き合う職場です。他には無いと思う。働いている人、みんなそう思っているから。
というのも、お客様と向き合うというのは、そのまま鏡に自分を映すことに他ならないからです。

も~~~~!本当に思い知ったね~~~!!自分の人間的な底の浅さ!

こんな風に、何しろ半年働くだけで、いろいろな価値観を実戦的に学ぶ事ができる。
これからも、続ければ見えてくる深いものもあると思う。

…確かにね、これに遭遇し続けるのも、ホンマに堪えるのも事実なんですけどね。これも、本当は理由の一つかもしれないな。
うん、でも、これだけが直接の理由になっているではない。
何故なら、次の日の朝とまではいかないが、ちょっと休むと元通りの精神状態になって明るく取り組んでいる自分がいるから。むしろ、「ええ経験させて貰っているなあ~」と、落ち着いて受け入れていると思うな。



じゃあ、一体何なのか??
単純に、「こりゃ~しんどいぜ」ということだろうな。

まず体力がもたないと思う。
こんなに体を壊す営業職は、本当に少ないと思う。
…営業職そのものが、体を酷使するんですけどね。
とはいえ、毎朝5時に起き、帰ってくるのが11時では、流石のワタクシも堪える。

その上、去年の11月からは、週休たったの一日、という現実が、ワタクシの体にじわじわと疲労を溜め、蝕んでいたようです。

この前、風邪の菌を持ったまま、インフルエンザのウイルスに感染している状態に陥りました(汗)。
流石に医者に怒られた。「どんな労働環境にいるんだ?!」とね(笑)。
この状態の中で展示会に出た、などと、どうして説明できようか?!

文字通り倒れたのだが、この時、ワタクシたち一家は、ある恐怖に駆られた。
「今ワタクシが病気で倒れたら?!」

…寿命の病気なら格別、そうでなく、過労状態で倒れるなど、あってはならないからです。
のんびり入院する余裕が無い。



次に、ペースについていけない。
営業って、どこでもそうですけれど、本当にペースが速い。
通常の営業と比べても、極端に速いそうです。

…。
人一倍じっくり型のワタクシには、とてもではないがこなせないのが実情です。




そして、最後に。
これが、最大の理由だな。
自分の父親の事務所を助けると同時に、今は、心底尊敬できる父親と働いて行きたい、という想いですね~。




今の仕事は、結局のところ、不要不急のものを売るという、かなり難しい仕事ではある。
しかし、「もうお宅の店に行くのは絶対嫌!」と、新人のワタクシまで憎まれながら言われるのは、本当に堪える。

つまり、ワタクシも含めて、「もう要らない」と言われ続けているのが実情なのです。

何故、こんなに嫌がられているのか??
新聞にも取り上げられたほどだから、関西地方の人は、よくご存知の企業ではあるんですけど、この点も、やはり本音を言えば堪えているなあ。




…今の仕事に限らず、必要とされていることは、実は少ないのかもしれない。
しかし、余りにも存在意義を失いつつあるように思えてしまった。
世の中に必要とされているという実感が、今までの家業やコープなら当たり前以上に強く感じられていたのに、その正反対の立場に、今の自分が居ると思えてならない。

詳しくは言えないが、「尽くして尽くして尽くしきり」と言うが、実際は「騙して騙して衝動買い」に近いような気がする。

勿論、こんなワタクシでも、「あんたの為に行ってあげるわ」と言って下さる方もおられるが、本当に少ない。


そう。
企業がそうしなければならないことはよく分かるが、その結果、ワタクシが人を騙し、苦しめている現実も存在するという部分が大きいことに耐えられないのかもしれない。

そして、そんな時に自分の浅さと直面するのは、二重三重の苦しみを増していると思う。


さてさて。
辞職の意思をすんなり上司が受け入れるか?
多分、大丈夫じゃない?

寧ろ、教育課の連中が色々と言ってくるだろうな~。




でもね。
一番自分で心配しているのは、事務所に戻るということを『逃げ道』にしていないか?ということです。

逃げ道にしていたら、結局モノにならないからです。

これは、今までよりも腰を据えてかからねばならない。
そういう意味ではね居間の仕事で、割り切って仕事をするのが一番なんですけどね。

しかし、それもそう言っていられない。事務員の一人の司法書士が、この結婚を機にダンナ共々何をするのかも分からない現実が存在する。

父親の生き甲斐や現実的に返済しなければならない借金を考えると、事務所を畳む訳にもいかない。

反対に、司法書士資格を取らなければ負け犬以下という現実が待っている。




…ふ~。
平穏な生涯は、ワタクシには無いのかもね~(笑)。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2006-02-27 20:56 | 小人閑居

明日は休む!

明日は、休みます。
腰を痛めましてね。

それだけでなく、重大な結論も出します。

簡単に言えば、仕事は辞める事になると思う。

まあ、理由は色々とあるのだが、ワタクシにとっては、この結論を出す上で、本当に色々あったのですわ。

ただねぇ。
途中で辞めるという事は、ワタクシにとっては後ろ髪引かれる思いが強い。

その店では不本意の極みです。

でも、新たに出発せねば。
それも、ここで学んだ事を生かし、成長しなければなるまい。
本当に、色々あったな~。



ところで。
ご褒美、買いました。

…RX-7のプラモ(笑)。
田宮製の、初期型FDです。
輸出モデルの方は、エンジンをつけてあったので、両方買ってしまった。




今度は、今まで同じかもっともっと腹決めしてかかろう!
何しろ、借金払わないといけないからね!

本当に、自分の人生、決めなければ!!
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2006-02-24 00:28 | サラリーマン編。

またまた展示会!

三回目の展示会!
今は、クタクタになると言っても、前とはだいぶ違うようです。

楽になっているのかもしれませんね。

とはいえ、まだまだ体の芯に疲れが…

また来週書けると思います~。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2006-02-20 18:24 | サラリーマン編。

久しぶりに見た。

久しぶりに、「金曜日」からDVD借りまくり←??(笑)
最初は、「スター・ウォーズ・エピソード3」ですわ。

…しっっっっっっっっっかり矛盾点を発見。
レイアは、ルークに母親のことを聞かれて、
 
「いつも悲しそうだった」

と、エピソード6で答えている。

が!!しかし!!!!

…彼らは、生まれてすぐに母親が死んでいる。

ここくらいかなあ。気が付いたのは。

さて。
シスと呼ばれるダークサイドな人たちについては、その研究と解説をしている人たちがいるので、是非、そこで勉強されるが宜しかろう。

皇帝の部屋

Sith LORD FAN CLUB

さあ~!
あなたも、ダークなサイドへと落ちて、魔界転生いたしましょう!
きっと、ありとあらゆる煩悩を実現できることでありましょう!!(大笑)

ところで。
…「ジェダイ」が「時代劇」の「時代」からとったのは有名な話だが、「シス」は、やはり「死す」からとったのだろうか?

どちらでも良い話ですな。。



さて。
翌日、「戦国自衛隊1549」「亡国のイージス」「あずみ2」を借りてきました。

「戦国自衛隊」も「亡国のイージス」も、同じ作者だったと思う。
福井晴敏さんですね。

宣告自衛隊について言えば、「私ならこう書く!」という意志に満ちている作品、と言って良いと思う。

しかし。
「亡国のイージス」については、一体どうだろう?

これ、見ていない人が居たら、ここから先は飛ばしてくれ。

ホンマに見る??
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2006-02-12 21:24 | 小人閑居

事情も変わる!

仕事には、誠心誠意努めていたのだが…

実は。
事務所に戻る話が浮上している。
一人、結婚するのだが、そのダンナ予定の男が司法書士なのである。

顧客に余計なことをする可能性も、無くは無いのだ。
何故なら、その男は、独立仕立てだからだ。
女房の伝手を利用して、事務所を荒らす事位、考える輩も世の中沢山居るからねぇ~。

まだ、父親も、ワタクシが働き始めてから、ワタクシから見ても、ある程度人格的に成長したと思う。七十を過ぎてからでも、人間学ぶ事ができる、ということを学ばせて貰った。

その父親も、ワタクシという人間を見直しているようだ。
というのも、簡易裁判所代理権の100日研修の指導をしている父親は、今の司法書士が、如何にボンクラばかりかを痛感しているので、ワタクシを人材として見ても、全然違う、と評価しているそうである。

事務所に戻して育てよう、と考えるのも、こういう理由を聞くと、なるほど、と納得する面はある。

しかし、だ。
あのような時期(※皆さんは、覚えているのだろうか?前のブログを参照してくだされ!)をすごしたワタクシとしては、やはり慎重にならざるを得ない。

第一、給料をちゃんともらえる立場と言うのは、本当にありがたいのだ。

とはいえ、この仕事にも、幾つかの疑問を持ち始めていたワタクシとしては、天からの啓示のような気がする。


「オマエは、一体どうしたいのだ?」と、訊かれているような気がしてならない。



事務所の方は、ワタクシが蒔いて置いた種が効いて来て、ある程度安定して仕事が入っている状態である。
だから、資格を取るまで、働きつつ勉強することも十分可能である。
今度結婚する人をクビにするのだが。

今は、今の仕事を通じて、時間管理の仕方が飛躍的に上達したので、働きながらの方が取り易い…と本当に思うほどなのだ。



ところで。
この会社で、ワタクシは、一体何をすることを期待されているのだろうか?

我が社の人事データでは、A、B、Cのランクで、人材評価がなされている、というもっぱらの噂である。

これは、研修時代から聞いていた話ではあるのだが、Aは辞めてもらっては困る人材、Bはどちらでも良い人材、Cは辞めてもらわないと困る人材、というように色分けされているというのだ。

講師たちは否定していたが、考えてみれば、そもそも1000人規模の会社で、人材評価が無いなどと言う事自体、非常におかしな話である。

人材面でのリスクマネージメントがなっていない、ということに他ならないからだ。

では、ワタクシは、一体どのような評価になっているのだろうか?

実は、ワタクシの部署(課)では、相当人が辞めて行く。
実際、春には3人も抜ける。
一人は既に確定していて、あと二人は、ひた隠しに隠している状態だが、その一人は、ワタクシとその直属の上司以外、誰も知らない。

そもそも、店で社員が辞める課が、ワタクシのいる課だけなのである。

ワタクシは、「無類の打たれ強さ」などという、何ら根拠の無い妄言によって配属されたのであるが、そんな訳も無い。

そこで、気が付いた。
ワタクシは、「辞めさせる為に配属された」のではないか?

余りにも辞めるヤツが多いグループの上司は、新人教育失格として、わざわざベテランばかり配属された程だったから、辞められては困るとは思うのだが、どうもワタクシに対しては、今となっては、教育部の講師たちの思惑がはっきりしない。

勿論、余りにも新人が辞めたがる店というのも、評価が下がる。
実際、ワタクシの配属された店は、みんな最初は「いい店に入れて下さってありがとうございます~」などと教育に挨拶に行く。しかし、その数ヶ月も満たない間に、辞める為に「飛んで」(※簡単に言えば、無断で来なくなってしまうこと)しまうヤツが続出する。そういう店でもあるのだ。

厳しすぎるという訳でもなく、何故かは不明だ。
仕事の質が求められているからだろうか?



会社には、実は、この話し合いがあった日に報告して、それでも、無断に近い形で半日休み、事務所での話し合いに出た。

だから、事情は既に知っている。


しかし。
しかし、だ。

ワタクシとしては、辞めるにしても、もっともっと営業で人間を磨きたいものである。

今は、こう考えている。

「無料でオフィスとクルマと販促物と、顧客までくれる、その上金までくれるレンタルオフィス」

実際、営業経験のある人なら分かると思うのだが、営業職は、一事業を起業しているようなところが多分にあって、うちの会社は特別に仲間の係わり合いが強いが、本来独立していて誰とも接触しない、というところが殆どなのだから。

だから、ワタクシとしては、自己啓発の本なども読んでいるし、勉強もしているのだから、給料貰って人間教育を受けているのだ!と思って仕事に取り組んでいる。

そして、より上のレベルでの仕事ができるようになってやろう!と思っている。

その上、会社からの命令で、実現できもしないものであっても、「はいはい♪」と聞いておいて、結果が出ない!と怒られようが、「だったらクビにして~ん♪」という気楽なところもあってか、何故か成績が上がった(笑)。



タイムリミットは、ある筈である。

しかし、今は、喩え父親があの世に旅立とうが、関係ないほどの力を付けられる!と考えると、今の仕事が矛盾と反道徳的な面があろうと、中々に楽しめそうである。

しっかしまあ。
たった半年で、本当に色々と学べる職場である(大笑)。

「仕事は、魂を磨く人生道場である。」

…と言った人がいるそうだ。

当たっていると、今は思えるなあ。





かくして!
ワタクシは、この会社に残るかどうかが不明となった。
辞めるにしても、私は吸収できるものは全て吸収してやる!

これからのワタクシに、自分で期待している今日この頃です。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2006-02-11 21:15 | サラリーマン編。

気が付いたら!

いや~~~~~!!
忙しくてね~~~~~!!

…気が付いたら、三週間近く何も書いていませんでした(汗)。

今日も、日曜日にも関わらず、仕事を「自発的に」しなくてはならなかったのです(涙)。

明日から、また仕事。

…寝ている暇、あるのかね??


とはいえ、今日に仕事していた分に関しては、明日、当日したかのように連絡するのです(笑)。

…だい~ぶ、悪知恵がついてきたかな?!(大笑)

それでも、予定の件数の数字にはまだ足らない。
何とかしなくてはね~(大汗)。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2006-02-05 20:44 | サラリーマン編。