<   2006年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

得意技は??

最近、信条・趣味を書く事があった。
職務経歴書に、自己PRを書いたら良いと言われたからです。

…しかし、まさか日常通り、座右の銘『卑怯卑劣』だとか、『勝てば官軍』だとか、『金は天下の回り物』だとか、『他人のモノは全て自分のモノ』だとか、好きな言葉『絨緞爆撃』だとか、趣味『お金を数える事です』(※西田尚美ファン(笑))だとか、書く訳にもいかず…

…結局、小心者のワタクシは、目立たず、臭わずで、通り一遍の事を書いておいた(笑)。

仕方ない。

ところで。
ワタクシが、それこそよく言っていたのが…

「も~!そんなヤツ、穴掘って埋めなはれ!

だったのだが…
最近のアホな餓鬼どもは、小心で威張ることしか知らないチンピラヤクザみたいに弱い兵隊かき集めて数で勝負するらしい(汗)。

主犯格の男「キレたら何をするか…」生き埋め事件

簡単に言えば、自分の彼女にちょっかいを出したからと言って、複数でその男をどつき、調子に乗って金まで巻き上げようとして、3人にまで人数を膨らまして受け取りに行ったら、相手はまんまと9人で待っていて、袋叩きの上に、文字通り『穴掘って埋めた』という事件ですわな。

…正直なところ。

12人で仲良く自分で穴掘って自分で埋まってくれたら日本は平和のような気がする(汗)。

少なくとも、どちらにも同情する気にはなれんなあ~。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2006-06-27 18:29 | 小人閑居

今年こそは…

ここをご覧の皆さんは、普段、こだわりの格好がおありでしょうか?

…まあ、最近のオタクどもは、「社会に適合した『社会に優しいオタク』」を標榜するので、日常では、美少女ガンダムかの踏み絵を踏ませるか、コスプレ大会に出場しているところでも抑えない限り、その本性が発露されない隠れオタクばかりになってしまいましたので、相当の事が無い限り外見では判断出来なくなってきているように感じます(笑)。

いわゆるアキバ系ファッションなどと言われても…ワシ、生まれてこの方、ずっっっっっっと『その格好』だったので、今頃そのような名前で呼ばれても、めっちゃ迷惑だったりする(笑)。

一括りに言うな~!
ワシのには、周到な計算があるんじゃ~!

何故なら…
ズボンにせよ、シャツにせよ、一つ気に入ったオーソドックスで飽きが来ないものを見つけたら、映画『ザ・フライ』(※自分の研究で間違って『ハエ男』になってしまうドジのお話)の主人公のように、ほぼ同じ物ばかりを3つずつくらい持っておいて、他の物でアクセントを付けるという、ズボラ作戦なのだあ!

…当然、見分けが付きにくいので、「あいつ、洗濯しとらんのと違うか?」という、深刻な疑いを掛けられるおそれがあるのが難点だが(大汗)。

とまあ、ワタクシも社会に溶け込むオタクを目指しているので、色合いもごくごく普通のものを選んでいるのだが…

そんなワタクシが、中学の時から好きだったのは、カーキ又はODグリーンの服だな~。

それ以外では、紺かブルー系が好きだったりする。

(※車も、黒もあったが、その二色中、ブルーはまだ無いのが惜しく感じている。)

色がこうだからと言っても、やはりデザインまで考えないとね~。

紺だったら、勿論、通常の絣でも良いが、ここはやはり帆布やデニムを使い、作務衣の上に、かるさんのようなズボンや袴と組み合わせて、『純』というより『準』和風のような格好をしたいと思っていたりする。

…オッサンやな~(笑)。

でも、オッサンというよりは、やはり日本人という意識からのような気がする。

作務衣(さむえ)専門-伝統芸術を着る会


しかし。
ODグリーンやカーキでは、これは難しい。

まず、この色でこういう格好はあまり見た事が無い。
多分、出来の悪い忍者のような格好に早や変わりしてしまうからでしょう。

では、この色が似合うファッションって?
そう!

賢明な皆さんなら、もうお分かりの筈。

それは?

いわゆるミリタリーファッションですね。

この色が採用されるのは、ほぼ全ての国で陸軍と相場が決まっているし、そのファッションは、当然…というか、確率的に高いのは、いかついとか、思想的にアブナイのように映るから不思議だ(笑)。

日本の場合、戦前からの意識で、陸軍って好戦的であぶねぇ!!という感覚があるのかもしれないねぇ。

それは、さておき。
ワタクシの場合、紺とは違い、ズボンからジャケットから何から何までこのグリーン系にしたい…とは思わないんですよね。

このアブナイ感じも嫌なのかもしれませんね。

特に、ズボンとジャケットは、あまり好きでは無いなあ。正直なところ。勿論、そういうのも嫌いでは無いんですけどね。グリーンでも色合いを選びますねぇ。決して、ミリタリーから選んでいないです。


しかし、紺の軍事物は別!中々カッコええ!!

紺・ブルーで軍事物…って、実はとっても少ない

海兵隊装備もあるんですけど、寧ろSWAT物の方が手に入り易い。

…手に入り易いと言っても、それは海兵隊に比べたらというだけで、数はやっぱり少ない

少ないけれど、SWATは、元々市街戦を想定した格好だから、とても都会的でファッショナブルで機能美にあふれているのが特徴で、中々良いので、是非買いたいとは思っています。


では、どんなのが好きなのか??

実は。
とあるドラマのせいで、着にくくなってしまった系統のものがあり、ワタクシとしては、ヒジョーに迷惑しているのです。

それは???

M-51パーカーです。

これを見たら、誰でも分かるな~。

「事件は『会議室』で起きているんじゃない!『現場』で起きているんだ!!」で有名。

d0039219_21382565.jpg


ふ~。
ワシが、これを着たら…

「確かにな?確かに『事件は会議室で起きているんじゃない』よ。『オマエ』じゃ!!『オマエ』が起こしとんじゃ!!『オマエこそ』が事件そのものなんじゃ!この『歩くトラブルメーカー』め~!」

…と言われるであろう(汗)。
否定はせんが(笑)。

ワタクシは、同じグリーンでミリタリーでも、M-65系のジャケットを愛用しておりました。

首の後ろからジッパーが出るタイプで、コピーものでしたが、大変使いやすく、重宝致しました。

ALPHA M-65JACKET

また、三宮の怪しげ~な店で買った、M-51のコピーを2000円で買ったけれど、色々ぶつけていたら破れてしまった。65のコピーの方が、ずっと強かったね。

何しろ中学時代のものなので…太って大きくなって使えなくなってしまったのが残念(笑)

さてさて。

M-51の場合、これが単純じゃない。
本当は、もう既にモデルとしては旧々タイプで、かなり古いものだから。

US M-51パーカー:実物

で、今は、アメリカ軍からの供出品よりも、レプリカメーカーのヒューストン社のものの方が有名で、比較的に手に入り易いです。

ヒューストン社のものは、どの店でも、ほぼ同じ価格で提供されています。
また、色も、ODグリーンのみならず、もあり、おしゃれに着れますね~。

ヒューストン M-51パーカー

実は、このメーカーのものを広めたのは、直接的には、ユニオントレーディング(旧社名・マキノ商事)株式会社の輸入品を加工して、とあるドラマで使われたからなんです。

あの主人公が着ていたのは、ここの製品だったんです。

今は、とあるドラマのお陰で、秋冬物の定番商品になってしまっています(笑)。


ただ。
私にはもう一つ、コート物への拘りがあって、女性物のように、膝よりもかなり下までの長さのあるものに限って選んでいるんです。

…。
背が低いのにカッコ悪いとも言えるんですが、何故かこうでないと気持ち悪い。


だからこそ。
アメリカン・サイズの一番大きなM-51の二色ともを是非、今年こそ買いたい!と思っています。



あ。
その他にも、軍事物のコートで、背広にも着れるオシャレ~なものも、探して買おうと思っています。

「…こういうものが『オシャレ』かよ??所詮はオタクの浅知恵だな。ファッションセンス・ゼロ!」

と思ったアナタ。

それは、アナタが知らないだけかもよ~?

まあ、トレンチ・コートが軍服(※英国陸軍の塹壕戦用から発展した)だったのは有名ですけど、例えば、ダッフル・コートは、広まったのは英国海軍の軍服に正式採用されたからというのは、ご存知だろうか?

元々は、北欧の漁師さんたちの服だったらしいけれど、今では可愛らしいコートという印象の方が強いのではないかな??

今でも、この英国採用時のものが、時々市場に出回りますが、とっっっっっっっってもオシャレです。

他にも、機能美に優れた、とても材質が良いもの(※空軍パイロットのトレンチなどは、とてもオシャレなデザインと色だったなあ)もあり、地味に、それでいてさりげなく着たいワタクシには、ピッタリなのです。

そして!!
何よりも!!
安い!!



…ワタクシ、やはり、普通の道は歩めないようです(笑)。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2006-06-24 20:37 | 小人閑居

職務経歴書って…

今、職安で、元は民間におられた、ベテランの先生にカウンセリングを受けているのだが…

今までの職務経歴書が、如何に『駄目』なものだったのかを思い知らされた(大汗)。

しかも、まだまだアピールできたんだねぇ。
ワタクシのような経歴でも。

A社での経歴のみならず、全部訊かれて、一々ある程度丁寧に話すと、うま~~~~いことアピールポイントを幾つも探し出す。

うむ!
さすがはプロだ!!(笑)

しかも。
上手なアピールの仕方としての職務経歴書の書き方まで指南してくれる。

かなり念のいったものでした。

大体。
ワタクシにはそう当てはまるものでもなかったが、それでももう一度譲れない条件をはっきりさせるというカウンセリングも行われるので、もしも就職先を探しているのであれば、意識のはっきりしていない人は、モチベーションまで違ってくるでしょう。

まして、書類作成から面接の仕方に至るまでかなり綿密に相談に乗ってもらえるとは。

他にも、専門職に就けるよう、色々なコースがあるそうです。


…ホンマ。
これらをタダでやって貰えるのであれば、利用せん手はないと思うな~。


ただね…
この職安。

ワタクシの武道の友人が、かつて配属されていたのよ~(汗)。

(※こやつ、大変強いで~!(笑))

今は、出世して件の中央の方へ行ってしまった。

よかった…ホッ。
ヤツの手で、仕事を探す羽目にならなくて(大笑)。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2006-06-23 20:52 | サラリーマン編。

中々難しいよな~。

とあるところで、書き込まんで放っておけば良いのだが、書きこんでしまった。

軽々しくも「理解できる」とか、はたまたとある被害者に「憎しみなんか持つな!何も生まないぞ」と書いていたから。

ううむ。
ホンマに放っておけば良かった。

だって。
両方とも、ある意味『ガキ』のまんまオッちゃんになっちまった人なんだもん。

彼らは、ある種の辛い人生経験を全く経験していない人たちなのに。

ある意味、とってもシアワセな人たちなんだろうな。



それは。



本物の憎しみを持つ事。
内側から抑えようとしても押さえきれない、強い憎しみ!殺意!
牙を剥き、相手の喉元に合いうち覚悟で喰らい付く!そうやって弱い者でも戦う!
そう言う物とは無縁でいられたのだろう。



だからかな?
そういうものを経験していないのに、アタマが良いもんだから、「全部『理解』できる」って思い込みが見えるんですわ。


…あんたらで当然『理解』できるの。凄いもんや。

だって。
自分の中まで破壊されつくすと分かっていても、本当に人を憎んで、憎んで、殺そうとするまで憎んだ経験がないのに。

そして。
本物の憎しみが、どこから生まれるのかということも、分からないのに。

『表面1cm』の理解だったら、きっとすばやくすばらしくできると思うよ(笑)。


なまじアタマが良いと、そのアタマだけの理解力に絶大な信頼をするのか…

前(※6月5日と6日のところ)でも書きましたが、人間って生まれながらにして勘違い君だからねぇ。


こういう憎しみって、いわば『鬼』なんです。
(※…そう言えば、そういう人の想いが『鬼』になると平安時代には普通に思われていたらしいなあ。とすれば、この『鬼』という表現は、「正に」という物なのかもしれない。)

人は、平和な世界で生きていれば、そんなものと無縁でいられる。

一方で、人は、修羅の道を歩まざるを得なくなる時がある。

シアワセな彼らは、大体、どんなものかも知らないし、そんな事があること自体も知らないのだから。


しかし。
『鬼』を飼う者は、時としてどれだけ隠しても、人が飼う『鬼』に気付くらしい。

とある人に、ワタクシが一生懸命隠していた、ワタクシの中の阿修羅に気付かれてしまったことがあった。
その人に、後から言われて、心底参ったことがある。
そうか。隠しても分かるものなのか。回りの若い連中は、ただの大人しいヤツと思っていたようだが(笑)。

でも、ワタクシもその人に『鬼』を見ていた。

他の人たちは、最初は気付かなかったらしいけれど、ワタクシは最初に直感的に『鬼』も飼うが、それだけに優しさも深いと感じた。だから、敵に回したら恐ろしい人だという強い畏怖心も感じた。

それも、後からそのまま当たっていたのでした(※気付かなかった連中は、かなり驚く事になったが(汗)。)


どうも、そういう人たちばかりに囲まれて育っていた事が、多分に影響されていたのも間違い無いのだが、色々な経験を経て、そういう同じ臭いを感じ取れるようになったのかな?


シアワセな彼らには、もう話す言葉から軽さを禁じえないから、同じ臭いはしない。


だからだろう。
犯罪被害者が飼う『鬼』を見ても、批判的にはなれないのは。

だって、到底『理解』なんかできないんだもん。
その人の想いを尊重は出来ても、察する事、想像する事はできても、『共有』できるまで分かる事は出来ないんだもん。

…そりゃあ、無秩序に批判しない訳ではないし、時には反感も覚えるのだが、少なくとも、そこまでの憎しみをどうして持てるのか?と言う事の理由が分かるだけに、むしろ、ワタクシは、羨ましい部分もあり、尊いとすら思えるんだわ。


多分ね。
シアワセな彼らには、このまま人生を送れば、何でも理論的に批判はするだろう。

で、こういう人たちに限って「これが『正しい』!」なんて言うんだよな~。

しかし、ワタクシは、その人が憎み、選択し、選ぶ気持ちだけは批判しないし、できない。

人は…強い憎しみを持つ時は…喩え自分が滅んでも相手を倒す覚悟なんだから。

それは、誰も敵わない程の強い愛の裏返しだからね。

そうやって、自分を燃やし尽くしても構わない!と思う事は、誰も止められないんだから。
滅ぶ権利も、こういう場合はとやかく言えない。

何しろ、村上氏ですら、ワタクシはある意味無関心だったのですから。
幾ら色々な人に迷惑がかかったって、彼は、行動の責任をいつか取るのだから。
滅びる権利は、彼にも留保される。



ワタクシ、我を忘れる程の強い憎しみを経験してから、自分を軽蔑していたのだが、色々な方々から、「そういう事件を経験して良かったじゃないの」と言われ、今は、与えてもらった試練と思うようになり、一年前では考えられないほど、余裕を持てるようになった。

…まあ、それも「人間、生きよう!と強く思えば、必ず何とかなるように出来ている」と、植木等ばりのお気楽な能天気さに裏打ちされて思うようになったからなのだが(笑)。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2006-06-22 23:18 | 小人閑居

今日は珍しく。(※一部修正)

今日は、珍しく法の学徒に戻ります。
何故なら、極めて重要な最高裁判例が登場したからです。


いわゆる山口母子殺人事件についての最高裁判決です。

ZAKZAK



皆さんは、永山事件判決をご存知だろうか?

永山事件…事件当時19歳なので、N君として説明しましょう←あまり意味が無いようにも思えるが(汗)。

事件は、簡単に言えば、こうです。

N君は、昭和43年10月頃、19歳の時、神奈川の米軍基地で拳銃とテッポの弾50発を盗み、同じ月、東京のホテルで警備員を射殺し、これまた同じ月に京都の神社で警備員を射殺し、更に同月に北海道でタクシー運転手を射殺、現金を強奪、更に更に11月、愛知県でタクシー運転手を射殺、現金を強奪、更に更に更に翌年4月、東京都の学校で警備員を殺害に付き未遂に終わった。

(※彼が最後に持っていた弾丸は、残り17発だったそうな。結構パンパン打ちまくったもんだな~。)

で、その後の過程は、全てすっ飛ばして結論だけ言いますと。

最高裁判決は死刑で確定。(※第一次上告判決)

この判決が重要視されているのは、死刑の適用基準を初めて明らかにした判決だったからです。

その基準は、こうです。

「死刑制度を存置する現行法制の下では、①犯行の罪質、②動機、③態様ことに④殺害の手段方法の執拗性・⑤残虐性、⑥結果の重大性ことに⑦殺害された被害者の数、⑧遺族の被害感情、⑨社会的影響、⑩犯人の年齢、⑪前科、⑫犯行後の情状等各般の情状を併せ考察したとき、その罪責が誠に重大であって、罪刑の均衡の見地からも一般予防の見地からも極刑がやむをえないと認められる場合には、死刑の選択も許されるものといわなければならない。」

(※太字、数字等は、ワタクシが付けたもの。)


この基準の適用についてみると、こうです。

①犯行の動機に同情すべき点がない。
②拳銃に実包を装填して携帯しており、計画性が認められる。
③犯行を重ねており、個々の犯行の態様も、被害者の頭部、顔面等を至近距離から数回狙撃するもので残虐である。
④働き盛りの社会人4人の生命を奪った点で結果が極めて重大である。
⑤各被害者の遺族らは精神的にも経済的にも深刻な打撃を受けた。
⑥本件は「連続射殺魔」事件として報道されて一般人を深刻な不安に陥れ、社会的影響が極めて大きかった。
⑦被告人に何ら改悛の情の認められない。


…とまあ、これだけあったら死刑もやむを得ないでしょ??とでも言いたげな程の理由を挙げて、やっとこさ死刑にしたというのが本当のところでは無いかな??


ところで。
このN君
中々したたかであったと聞いた。

何故なら。
死刑を予測し、あらゆる理由で上訴し、その上弁護人(弁護士)を何かに付けて解任して、審理時間を稼げるだけ稼いだという戦術を見事なまでに行ったからです。


まあ、認定事実を見れば、一般社会人なら誰でも『やっておしまい!』と言いたくなる事案である事は間違い無い。

まして、適用した部分を聞けば、尚更でありましょう。

ただ、この事件の特殊性は、少年法にもあった。

つまり。
第51条に「罪を犯すとき十八歳に満たない者に対しては、死刑をもつて処断すべきときは、無期刑を科する。」という条文が存在するからです。

しかし、この事件では、死刑が適用されました。

この事件を契機に、殺人なら3人、強盗も加わると2人、誘拐殺人なら1人、少年事件では4人という、言わば『相場』が形成されて行った、と言われています。


この判決の背景には、おそらく死刑廃止論の高まりがあったのではないだろうか、と思う。

だからこそ、『相場』形成がなされて行ったと思われて仕様が無い。


さて。
今回の事件は、どういう事実が認定されたのか。

余りに異常で残虐なので…書くのも嫌な事だが。
当時23歳の主婦を強姦目的で訪問し、暴れるので首を絞めて殺害、行為に及び、その後、まだ赤ん坊の長女を床に叩き付けて殺害した、というもの。


…は~、何故だかN君の時よりも一層神経が逆撫でされたね。

もう生理的に受け付けない上に、凄まじく腹立たしい

弁護側の、死刑求刑に対する主張は、①殺意及び計画性が無い、②当時未成年、③②ゆえ更正が可能というものだった。



だが、しかし。
最高裁は、①殺意については「1、2審の認定は揺るぎなく認められる」とし、①計画性についても「強姦目的を遂げるために殺害行為を冷徹に利用しており、特に被告に有利な事情とは言えない」と判断、更に、②当時18歳という未成年、③更正可能性に至っては、「罪の深刻さと向き合っていると認めることは困難で、18歳になって間もないという点も、死刑を回避すべき決定的な事情とは言えない」とまで言い切っている。その上で、「原判決は,量刑に当たって考慮すべき事実の評価を誤った結果,死刑の選択を回避するに足りる特に酌量すべき事情の存否について審理を尽くすことなく,被告人を無期懲役に処した第1審判決の量刑を是認したものであって,その刑の量定は甚だしく不当であり,これを破棄しなければ著しく正義に反するものと認められる。」という判断至り、広島高裁へ審理の差し戻しを命じた。

あまり知られていないことだが、刑事裁判の事実認定(※事実審)は、高裁までで、最高裁は『法律審』(※手続上の法律違反と、条文の解釈・適用の誤り、憲法違反等)に限られているのです。

だから、今回は広島高裁で、先の2審判決で無期懲役の理由に挙げたもの以外死刑回避の(別の)特段の事由があるかどうかを審理し直すことになる訳です。


…しかし、だよ?
この事件、既に7年も審理している訳です。
もしも、この『無期に当たるべき事実』があれば、既に2審までに出ている筈でしょう?

今の今更、そういう被告人に有利な事情が出てくるのも考えられないから、新聞報道が言うように死刑の『公算』が高くなった」と言える訳ですわ~。



さて。
ここで問題なのが、何で今これだけ死刑が求められ、裁判所も出すようになったのか?なんですよね。

実は、去年、3年前に19歳の女子大生を道端で適当に捕まえて強姦し、発覚を恐れて生きたまま灯油をかけて燃やして殺した男が、検察官・被告人双方の控訴があり(死刑を求刑した検察官→無期懲役は軽すぎる。被告人→無期懲役は過去の判例から重過ぎる、とそれぞれが主張)、高裁の判決で死刑を宣告された、という事例が発生し、大変ワタクシは驚いた経験がありました。

というのは。

今までは、ただでさえ暴走する地裁レベルで死刑が出て、高裁・最高裁で無期懲役になるパターンならありました。
しかし、地裁で無期、高裁で逆転死刑というのは前代未聞のことだったから。



世の中の考え方が、変わってきたのです。
あらゆる意味で。

一つは、被告人の『過』保護から、見過ごされていた犯罪被害者たちの保護へという流れ。

ワタクシの大学時代の先生の中にも、死刑廃止論者がいました。
でも、ワタクシは覚えている。

「犯罪被害者の処罰感情は?」と訊かれて…

「それは、横においといて…」

はっきりそう言いましたもんね。

ワタクシは、「こんなバカ、信用ならねぇ!」と断じて、以後、とても嫌いになりました。


勘違いして欲しく無いんですが。
ワタクシは、死刑廃止論が嫌いなのではないのです。
死刑廃止論『者』大嫌いなのです。

こういう人たちは。

大抵が、人権派を装う事で自己陶酔に浸っている大馬鹿が殆ど。

簡単な証明ができる。

というのは、死刑廃止論者は、「『被告人』の人権」は唱えても、「『犯罪被害者』の人権」についてはこの世に無い問題と考えているとしか思えない態度で、一言も触れていなかった歴史があるから。

彼らの本も沢山読んだから、それは間違い無い。

もしも、「人権人権!」というのなら、平等に議題にすべきだった筈であるのに、全く考えていないのが現状だったから。

最近でこそ考えてま~す♪というポーズをとるようになったが、それは、それこそこの山口の事件が起きて、旦那さんが世間に訴え、反論できないほどの説得力をもって犯罪被害者の人権論について世論をリードし、強力な支持を受けたので、仕方なく今頃になって『我々も考えていた』というポーズを取らざるを得なくなったからに過ぎない。

これは、もう一つ、ワタクシが信用できない理由になっている事が、ほぼ全ての原因になっている。

それは。
死刑廃止論者の中に、今回の事件のような重大犯罪の被害者が一人も存在しないから。

(※犯罪被害者で、よく挙げられる死刑廃止論者の方が一人だけいらっしゃいます。それは、原田正治さん。昔、TBSだったかの特集で知りました。しかし、廃止論者が挙げる人は、大体この人だけ。確かに、他にも居るらしいのだが、めだった行動はしていない。むしろ、『死刑を望む』方の心情の方が多いだろう。大体、一人しか挙げられないのであれば、ほぼこの人に集約されているのかもしれません。)

彼らの殆どが、自称知識階級だから、この問題を『被告人』対『国家』(※裁判所&検察官)と捉え、自分は『正義の弁護人』だという意識で論じているんですよ。

だが、しかし。
彼らの良い『筈の』頭からは、ある事実がすっぽり落ちているんです。

それは。

犯罪は、『人』(犯罪者)が『人』(被害者)に対して起こすものである基本構造がある。

犯罪者がいれば、そいつに苦しめられ、人権を踏み躙られた犯罪被害者がいるのが当然なのにね。

彼らは、古い『知識階級』ゆえに、反抗すべきは『国家』という基本ベースに則り、被告人の人権のみを考えてしまっているんです。



犯罪被害者保護の法律が制定されたのは、こうしたバカのお陰ではなく、今回の事件の被害者が、命を賭して訴えたからに過ぎない。

というのも、死刑廃止論者は、今回の法律ですら、自分達のお陰だと思っているから、救い難い。


だから。
ワタクシ、死刑廃止論『者』大嫌い!!




今回の事件は、最終的には、最高裁で判決が下るのは間違い無い。

永山事件と同じように、上告するしかないでしょうから。

とすれば、最高裁判決として、極めて重大なものになるに違いない。


バカな犯罪で、人々を苦しめた少年たちよ。

眠らず反省し、ビビりながら毎日を暮らしていけ!

今まで苦しんだ、犯罪被害者の方々のご苦労を想い、謹んでお悔やみを申し上げたい。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2006-06-20 21:49 | 法律

♪コンピューター~に~♪守ら~れた~♪

♪コンピューター~に~♪守ら~れた~♪
…いきなり『バビル二世』もないのだが(笑)。

最近、知り合いには、パソコンを買い換えたり、新しく購入を考えている人が多い。
中には、ご自分でブッ壊されたという勇ましい方もおられるが(汗)。

ワタクシように、自分でメカをいじって恍惚感を得る変態オタクには、メーカー物は縁が無い話ですが、一般の平和な方々は、メーカーのパソコンを買われるのが普通だと思います。

また、最近でこそ、ノートパソコンのベアボーンも出てきたが、製品とは違い、買い替えの引き取りなどに不安がある。店によるが、引き取りの制度を適用していない会社も多いのです。

ですから、ノートについては、やはり製品が良いと思います。

ノートPC & ノートべアボーン 製品概要

↑ASUSは、マザーボードメーカーの中では、ダントツの信頼性があります。友人の中には、ここのノートばかり数台持っていますが、中々使い易い。


さて。
このような事情や、作りの単純性、そして何より安くてサービス網も強いのは、やっぱりDELLでしょう。

…但し。
どうも、三年で起動不可になるというDELLタイマーを内臓しているようです(笑)。

でも、アメリカでもサポートが受けられる事や、買い替えの時の引き取り制度も当然ある。

中々安いと言えるかどうかは、性能の問題もあるので、何とも言えない点もあるけれど、日本のメーカーよりは安い感じがします。

Dell - デル株式会社


安いと言えば、ちょっと前までは↓コレだったんですけど、最近は聞かなくなっていたなあ。今でもあったんですね~。
株式会社ソーテック ノートパソコン デスクトップPCの製品情報・通販サイト



さてさて。
話は、ガラリと変わりまして(笑)。

今日は、中々に魅力的な番組をBSでやっていました。

響け!みんなの吹奏楽

昨今、吹奏楽が大ブーム!
ワタクシの高校一年になる姪も、ブラバンに入りました。この子の場合は、子供の頃から音楽を一家でやっていた事がベースなので、これらのブームとは関係ないんですけどね(※本人に『ブーム』の話をしたら、『え??』と言っていたくらいですからね(笑)。)

NHK 番組表

第一回目は、合併で大きくなった上田市消防団音楽隊をサックスプレーヤーで有名なMALTAさんが指導するというもので、これはとっても面白かった。

MALTA official Site

NHK情報ネットワーク 番組 Topics2006 響け!みんなの吹奏楽

そして。
今回、取り上げられたのは、あの映画『SWING IRLS』(『スウィングールズ』)の舞台となった、山形県立高畠高等学校です。

山形県立高畠高等学校

SWING GIRLS
【スウィングカールズ】おきたま応援サイト


中身は…
ホンマ、映画を地で行くようなブラスバンド(笑)。
だって、みんな初心者なんですもん!

しかも。
編成は、たったの13人で、尚且つその中で男子がたった一人という、ホンマに映画みたいなバンドです。

曲目も、「ムーンライトセレナーデ」、「シング・シング・シング」という、スウィング・ジャズの名曲。映画でも使われていた曲でした。

(※この男子生徒君は、ドラムなんですけど、そのバスドラにはしっかり『SG』(※『スウィングガールズ』の略で、色々な場所で使われていた)の文字が!!…確か、あの映画では、山形のフィルムコミッションが、使えるセットや道具をお願いして貰っていたと聞いているので、楽器も置いてあったのかなあ。実際、学生と一般まで合わせた音楽祭を山形で初めて行われたんですが、このときのセットが使われたと聞いています(※ここを参照。『第20回東北学生音楽祭』の文字が見える。セットそのもの。何か良いものを山形の皆さんに残せたんじゃないかなあ。)。それとも、実際『スウィングガールズ アンド ア ボーイ』になっちゃったから、シャレで書いたのかな??(笑))

今回は、クラリネット奏者の北村英治さんの指導で、どんどん上手になって演奏会を開くまでの過程を描いています。

Eiji Kitamura 北村英治ホームページ

それにしても。

男の子のドラム、大変だなあ。
家に帰ってから聞いていたのは、映画『SWING IRLS』のサウンド・トラックで、えらく悩んでいたのがかなり見ていて微笑ましい(笑)。


それに。
初めて音を合わせているのも、『ガールズ』のメイキングを見ているみたいで、可哀想なくらい、ヘッポコぶりまで似ていたのも面白かった(笑)。

でも。
メイキングで見たんですけど。
『ガールズ』たちも、最初それはそれは酷かった(笑)。
何しろ、監督は、背中に冷や汗をかき、プロデューサーは『もう駄目だあ!』とずっこけた程だったのだから(笑)。

しかし、ほぼ半年程で、映画での演奏通り、本当にすばらしいバンドになっていったのですから。

彼らだって、まだまだ頑張れば、きっと良くなる…筈(汗)。



で。
今年の四月に、全校生徒と街の人の前で、あの二曲を演奏して見せるまでになっていました。

中々良い演奏でしたよ~!

同時に、『スゥイングガールズ アンド ア ボーイズ』の凄さが良く分かるなあ~。
よくあれだけの期間で、あれだけの演奏をできるようになれたものか…大した物でした!
(※『ファースト アンド ラスト コンサート』で聞いた、『キャラバンの到着』なんかは、劇中の物に匹敵する程、良い演奏でしたからね~!)

七月にBShiで再放送があるそうなので、彼らの活動も見て下さいね。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2006-06-18 22:04

拾ってきたら…(※一部訂正)

卵を拾って孵らせて、ケヅメリクガメと思って育ててみたら…思いもよらずガメラだった…

というお話が、先日まで公開されていました。

…どちらかというと、卵を拾って孵したら、思いもよらずカミツキガメだったという世の中だからなあ。

大阪では、カミツキガメの卵が発見されて、背筋が寒くなった関係者も居たとか(汗)。

小さき勇者たち~ガメラ~

隔世の観があるよな~。




実は。
関西に住んでいる人は、新聞ではご存知だったかもしれませんが、先日、こちらで、ガメラ2~レギオン襲来~をやっていました。

2というところが厭らしいよな~(笑)
だって、2から放送してしまえば、1も3も放送しなくて済む(笑)。

お陰で、ビデオを引っ張り出して、1も3も見てしまった(大笑)。



さて。
今回の放送は、間違い無く、デス・ノートとのタイアップ。監督が金子修介さんだから、というのが第一の理由でしょう。

DEATH NOTE -デスノート-

その上、特撮監督は、今、日本で一番であろう、樋口真嗣さんということもあっただろう。彼の監督作品日本沈没が、もうすぐ公開だからです。

日本沈没

おまけに。
セリフの中に、しっかり「『ゲド戦記』の後ろ!」なんてのもあり、さりげな~く『ゲド戦記』までアピールする結果となった。正に三重ものアピールで日本テレビの思う壺(笑)。

スタジオジブリ - STUDIO GHIBLI




しかしまあ。
最初にも書きましたが、隔世の観があるよな~。

というのは。
今回、『大映』のマークを見て、つい思ったのは、

「ああ、『大映』は無くなってしまった。徳間も見る影も無い」

という事でした。

というのも、大映は、徳間書店が買い取っていたのですが、徳間書店の余りにも酷い放漫経営が祟り、ジブリを手放し、続いて大映も営業権もろとも、ライバルの角川書店に売っ払らってしまった、という経緯があり、現在は、『大映』の社名は無くなったのです。撮影所に僅かに残るのみとなっています。

角川ヘラルド映画株式会社

その社長も今は亡く、このガメラ2に、官房長官役で登場していて、これまた時代の流れを感じてしまいました。
(※社長の演技は、見ていて後から呆れる程、ピッタリの官房長官ぶりで、政治家にしか見えなかった(笑)。)





その社長の出演シーンは。
自衛隊の『防衛出動』を発表するシーンでした。

この平成版ガメラシリーズは、脚本が全て伊藤和典さんのもので、彼は、あのパトレイバーシリーズの脚本や製作もやっているから、ご存知の方も多い筈。

元々、伊藤さんは、押井さんと同様、実社会の現実の設定にフィクションの設定を埋めるのがとても上手な方なので、ゴジラとは違い、出動するのは国家を潰すくらい金がかかっているとしか思えない武器を使用しながら、その実とっっっっても弱い、訳の分からない『軍隊』ではなく当然ながら、通常装備の陸・海・空の自衛隊なのです(笑)。

ですから、当然のように、法的根拠とその問題点にも触れてくる。これは、問題意識の現われかもしれないけれど、おそらくはリアリティ感、現実感の演出方法の一つと考える方が近いような気がします。



でも、これが問題。

第一作目『大怪獣空中決戦』は、ギャオスとガメラが色んな都市で、全く周りに遠慮も無く気にもせず、宇宙まで使ってところ構わず決闘し暴れまくり、社会資本と人命を破壊しつくすという、誰が見ても日本の存立に関わるヒジョーに大迷惑な二匹の物語なのだが…

福岡へガメラが上陸した時の、役人達の答え。

「『防衛出動』命令が必要で、尚且つ相手が攻撃してからでないと攻撃できない」

と言って、ガメラ上陸をただ指をくわえて見ているというシーンでした。

…おいおい;;

あのバカでかさで福岡を踏み荒らし、福岡ドームという社会資本まで破壊するなど、既に『日本国への急迫不正の侵害』といえる攻撃に当たらないかえ??(大汗)

(※後で見直したら、『治安出動』ではなく、ちゃんと『防衛出動が必要』と言っていました。訂正です。)



さて、2の話に戻りますが。
宇宙から飛来した流星群から、後にレギオンと呼ばれる宇宙怪獣が出てきます。

何でも、レギオンは、ハキリアリと同様、植物を育て、花を咲かせるのに協力する代わりに、呆れた事に、その植物が星を吹っ飛ばす程の爆発力で種子を飛ばして繁殖するのに乗じて宇宙に広がっていく…という生物らしい。
(※ちなみに、この花は、何だか『死体花』に良く似ている感じがして不気味(汗)。)

Part5キノコ農園で働くアリの秘密2キノコ農園と牧場も経営している!?
生物-ハキリアリ
ハキリアリ


それなのに。
防衛出動を発令するのは、種子発射の失敗で仙台を消滅させられてからという、どこまでやる気が無いのか?!と思える遅さ(大汗)。

ワシが仙台市民やったら…絶対怒るで。

『仙台消滅』…クレーターにされちまった。

この期に及んでやっと『急迫不正の侵害』やと?!
宇宙怪獣相手に、何の遠慮をすることがあるんや~!!

これ程、ピストル、ライフル、機関銃は言うに及ばず、ミサイルだろうが榴弾砲だろうが46cm砲だろうが(?)、『節分の豆』みたいにバラバラバラバラ打ちまくり、雨アラレと打ち尽くしても、諸外国から反対されず、文句の一つも出ない『敵』は、他には存在しないではないか!(笑)

タイムボカンやったら、ドロンジョ(マージョ)さまが言ってくれるで~。

『やっておしまい!!』



…かなりというか、極めて過激な方向へと話が逸れてしまった(汗)。



さてさて。
今回、見直して見ると、思わず「??」となる中々面白いセリフがありますな~。

2では、レギオンの模型を見ながら、水野美紀さんがこう呟きます。

「形状から見て、とても『攻撃的』な生物だと思う」

…まあ、物事は正確に上品に説明する方が良いに決まっとるわ。

「まあ、どう贔屓目に見ても、『兄ちゃん話に乗ろか』などと『話せば分かる』タイプには見えんな」

などと言ったら、映画の演出目的にそぐわない事だけは確かだろう(笑)。

大体、レギオンという名前も、マルコによる福音書・第五章(※5-9参照)に登場する、悪霊『軍団』(※研究者達は、『レギオン軍団』と呼ぶ場合がある)の名前を一自衛隊員が呟いただけなのに、その後何らの正式声明も無く自衛隊全体で呼称しているというところが、何ともはや(汗)。

(※うちは女どもがクリスチャンの家なので、すぐに訊けるのです。)

しかし、ギャオスなどと言う名前に比べたら、この自衛隊員は、少なくとも、ギャオス製造の古代文明人よりはセンスがあると言う事は間違い無いと思う(笑)。



また、第一作目では、伊原剛志さんが、ガメラを指してこう言うシーンがある。

「じゃあ、あれは『自然界』のものではないって事ですか?!」

…当たり前やんけ。
標準サイズを遥かに超えた図体で何の気なしに歩き回り、我々の街も人も踏んづけて粉々にするというだけでも噴飯ものだが、第一、あのサイズで居られる事自体異常やし、事もあろうに、火の玉吐いてギャオスを撃墜・木っ端微塵にするわ、おまけに手足から火噴いてあまつさえくるくる回って空飛んで逃げるわ(※大気圏も突破できる!!)なんて動物…そんな…そんな…そ~んな都合が良くてカッコええ動物、自然界におるか~~!!(笑)

しかし、何でこんな説明的且つ奇妙に惚けたセリフが出てきたのか?には、ちゃんと理由がある。

それは。
設定上、また演出上、映画の中の世界には、『亀』という生物は、一匹たりとも存在しないという事になっているからなのです。

…だから、自然界に存在しないと言われれば、我々のように、

「…当たり前やんけ。あんなでっかい『亀』、おる訳無いやろ??(フッ)」

とか、空飛ぶガメラを見て、

「みんな見ろ!!あんなにでっかい『亀』が飛んでいるぞ?!」「『亀』だ!!」

…などと聞いただけでギャグになってしまうような言葉は、言う事がそもそも許されていないのです。

(※実際、金子監督によれば、『亀』という言葉は現場では厳禁、『この世に存在しない』と思う事!と指導していたと言う事だった。)



ということを考えると。
レギオンも、似たようなものだな~。

だって。
ワタクシが、一番最初に見た時の感想。

「うわっ!でっけぇ『ノミ』!!

だったから(笑)。
これを登場人物達が言ったら、すぐさまコメディ映画に早や変わりです(笑)。


そして。
ガメラは、最終の武器として、ドラゴンボールの『元気玉』まで使う!!(笑)

世界中からマナを集めて、一気に相手に放射する、というものだった。

う~~~~~む。
偉大だ。

…まあ、これが原因で、世界中でギャオスが大発生するという憂き目にも遭うのだが(汗)。




それにしても。
単なるクレーターになってしまった仙台
誰がどうやって復興させるんだろ?!

勿論、文句無く激甚災害だと思うんですけど(大汗)。

防災情報のページ
災害に関する制度

劇中、ギャオス(と自衛隊)に潰された東京タワーも、そのまま放ったらかしやったけど??


…う、う~~~~~~む…

怪獣相手にやりあったら、どっち道金がかかってしゃ~ないな(大汗)。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2006-06-16 00:25 | 小人閑居

懐かしの世界~。

最近、リバイバルの動きが激しい。
マンガも、続編ものの何と多い事か!

生徒諸君!教師編を見た時、「おいおい庄司よ~!アンタもか~!」と思ったものだ←勿論、学生時代の作品は全て持っている(笑)。

前の栄光にすがるのは、間違い無く出版社側に大きな問題があるとは思う。

しかし、それを良しとする作家も多いだろう。
松本零士さんなど、むしろ自ら進んで書いているだろうし(汗)。

ポルシェが、何時まで経っても911を名乗るようなものなのだろうか?←だいぶ違うかな??(笑)




とはいえ。
『戻ってきてくれて、ボクちゃん嬉しいよお~(涙)』と思う作品もあるのも、やはり間違い無い。

実は、こんな作品が放送されている。

妖怪人間ベム

♪闇に(や・み・に)隠れて(か~くれて)生きる(い・き・る)…オレたちゃ妖~怪人~間なのさ♪パッパラッパッパッパラッパラッパ~!♪人に姿を見せられぬ、獣のようなこの体!『ハヤクニンゲンニナリタ~イ!』暗い(く・ら・い)定めを(さ~だめを)ふっきとばせ~!ベム!ベラ!ベロ!妖~怪人~間♪

主題歌&エンディングテーマ参照。

う~~む!懐かし~い!(涙)
これは、完全な続編なのだが、これは嬉しかったなあ。

この作品は、製作の仕方が特殊(※韓国のメーカーを育てつつ任せて作る)だった為、非常に無国籍な感じのする番組でした。

それが良かったんでしょうね。
今でも、あの不思議な感じが好きです。


皆さんは、この前作の最終回は、ご存知だろうか?

確か、火事に巻き込まれる…というか、放火された火にまかれれて行方不明になるのでは無かったのかなあ。

逃げようとすれば逃げられたような状況で、ベロが逃げよう!と二人に言うのに、ベムは、ニッコリ笑ってベラとベロ二人を抱き寄せ、二人もニッコリ笑い合うというシーンで終わっていた。

そして、捜査員が、ベロの靴を見つけるという象徴的なシーンで終わっている。

確か、人を助けたのに酷い目に遭うという、実に腹立たしいストーリーだったと思います。

で、当時…というか、余りにも多感な子供だったので、今でもなんですけど、時間が切断されたまんま残っている感じなんですよねぇ(笑)。


だから、彼らがその後も放浪し、ある街に辿り付いたという設定を見た時、ワタクシの気持ちや感覚としては、切断された面が、いきなり接着され、時間がそのまま繋がったような感じでした(笑)。

ただ、キャストは全面的に交代しています。

前のキャストの方々は、嬉しい事に、全員ご存命で、尚且つ全員現役中の現役で、今も声優をされている事が判明しました!

とはいえ、今回は、現代に合わせて妖怪の世界を描いており、キャストも今、油が乗っている方々を使っているのは、それはそれで良いのではないでしょうか?


続編ものにも、中々嬉しくなってしまうものもあるようです。

…大半が、手っ取り早く作品を作ろうとするサボリである事は間近い無いと思うんですけどね(笑)。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2006-06-13 19:45

自分の事だけでなく。

今まで、自分で自分の事を放っておいたような格好になっていましたが。

実は、事務所への就職が遅れているのです。
というより、入所の日が確定できないでいるのですわ。

一つは、やはり、失業手当のこともあるのですが、それ以後の予定が立たない。

そこで、アルバイトをしながら資格を目指す、という、昔の姿に戻るという可能性も探って居ます。

ただ、これも、事務職に限る事にしていますが(汗)。

でも、どうしようもない事態が発生したら、最悪の場合、潔く(手っ取り早く??)就職してしまう覚悟まで出来ているんですけど、自分ではどうにもならない事情で、まだ定められないで居るのです。

但し、、自分では、元の世界の方がやりたい仕事なので、そこまで踏み込むのはもう少し先になりそうで、今のところは、司法書士まっしぐらです。



ところで。

実は最近、とても意外な事実が判明しました。
自分でも、全く盲点だったのですが…

『司法書士』という言葉に続いて、ジジイの名前を入れて検索すると、極めて沢山の項目に行き当たる事。

実は…
うちのジジイは、これでも、昔から数多くの著述をしていて、最近までに司法書士の生活を描いた本や、某法律の専門書まで書いていた(※改正されたので、どこよりも一早く全面的にく改定中。七月に発売される)。

簡単に言えば。

思ったよりも、ネットでは名前が売れていたのだ。

この事が、自分の、自分自身への評価というか値踏みが、ある意味甘すぎた為、かなりの過小評価に繋がっていて、まさかそんなに出てくるとは、うちの事務所一同、誰も思わなかったのだ。

というのも。
世間は、やはりインターネットの時代で、電話帳のデータをインターネットで調べているだけでなく、判明したジジイの名前をわざわざ検索にかけ直して調べているので、ジジイの本の存在を知り、その評価を参考にして依頼しに来られた、とはっきり言われる方がおられ、このようなケースが発生している事をまざまざと知らされたのでした。

この方だけでなく、どうも、同様の結果を知って依頼に選んだ方もおられたようで、その方々も、似たような事を言っておられたものの、どういう事かはっきりとは言われなかったので、意味がよく分からんかったのだ…どうもいかんな、自分達への想像力は、良きにしろ悪しきにしろ、やっぱり弱いのかな、そんな情報を得てから選んでいるなんて、全く想像もして居なかった。

この事態に遭遇して、ジジイは、やはりサイトの立ち上げに極めて前向きになった。




最近、よくよく調べてみて、一つ分かった事がある。

思考に偏りがあるものの(笑)、やはり、あらゆる意味で、ジジイは司法書士としては極めて特殊だと言う事ですわ。

自分では、それが当たり前の基準で、それをベースに話していたので、よく分かって居なかった。

とにかく。
小説が書けるくらい、あまりにもおかしい事件・事案に数え切れない程、遭遇しているんだな。司法書士としては、ちょっと異常なくらい。

でも、判例百選を読めば、笑うに笑えない事件が大量に載っている。それ程、驚く事でもないのだろうね。本当は。


とにかく。
資金が調達でき次第、サイトを開く事になった。

で、色々な方への参考にもなる、さまざまな事件で、ある程度公開できる面白い事件については、ここで迂回して解説していこう、と思っています。



…ふっふっふっ…

これも、怪我の功名と言うやつか?はたまた行きがけの駄賃と言えば良いのか、もしかすると経費流用とか業務上横領とか背任…

…とにかくだ。
ワタクシのサイトも立ち上げられると言う事です(笑)。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2006-06-12 03:17 | 小人閑居

次のウインドウズは??(※一部訂正)

久しぶりに…
と言いつつ、小心者ゆえ取り残されるのが怖くて時々調べるのではあるが(汗)。

ネットやパソコンを取り巻く情報を集めて見た。




ITmedia News:Windows 9xに別れを告げよ

ITmedia News:Windows 98/98 SE/Meのサポート、今夏で打ち切りへ


なるほど。
もう、98SEは終わりなのだな。

未だに、昔のゲームでは、98環境が最高の物もあるんだけどなあ。

とはいえ、残しておきたいのは、ほぼたった一つだし、それもXPで動くから、どうでも良いと言えばどうでも良いのではあるが(笑)。

と思ったら!
こんな発表が!
ITmedia News:Windows XP SP1のサポートは10月に終了

おいおい;;
無責任な感じがするのは、ワタクシだけでしょうか??(汗)


それに、だ。
これらの記事によれば、次のウインドウズの必須環境は、なるべく新しいCPUとメモリ1GB以上で、マイクロソフト側の言い分は、「XPのシールが貼ってあるPC」であれば動くことになっているそうだが、それだと512MBあれば良いことになる。

とぢらにせよ、まだまだXPで行きたい人は、世界中数え切れないと思う。

参考までに。
Web講座: ブラウザ・OSのシェア
↑これが本当だとすると、後半に挙げたニュースの方が98や使い物にならなかったMeの事よりもずっと重要かもしれないですね。


とにかく。
パソコンを今年中にバージョンアップさせる予定でしたが、これでは手の出しようが無いので、しばらく傍観して、今度は悩まなくて済む程のハイ・スペックを組むことに致しましょう。




ITmedia News:Google、米国でシェア59%に

…ワタクシの周りでも、「検索をかける」とは言わずに、ググるという言い方をする人も多いが、実際は、Y!の方が多いような気がするけどねぇ。

かの国では、事情が異なるという訳か。

日本も、そのうち事情が似通うのだろうか。





NTT東日本、100Mbpsの光ファイバーサービスを実質値下げ (MYCOMジャーナル)

東日本が決めると、西日本も同じ事をするのが今までの姿だったので、当然こうなるのかな。

ただ。
NTT、光回線接続料の大幅値下げ報道を否定|Reuters.co.jp

ロイター発なので、ほぼ間違い無いかな?



しかし、喩えこれが事実であったとしても、NTT西日本には、大きな壁がある。

どうなる?光ファイバーでNTTのシェアが50%を切る県が現れた / デジタルARENA


ワタクシも関西で、しかも、ここに書かれている電力系光ファイバーのユーザーでもある。

今のパソコンだと、上り下り共に25~50Mbps程度のスピードは記録しているし、第一、料金が倍以上違っていたとあっては、銭金勘定に厳しい関西人には通用しない事も多かろう。

(※導入当時は、まだフレッツは全て含めると9000円もしていたんですわ。今は、IP電話、テレビ電話含めて6400円程度、IP電話のみで6100円程度です。とはいえ、フレッツは、回線を32ユーザーと共用する建前を届け出て、この値段に引き下げたらしい。電力系は、100Mbps独占回線と言う事ですが、さてさて、未だに料金に差があるのと、何よりも速度がどれくらいの差があるのか、料金以上の差があるのか、こればかりは不明ですねぇ。だから、まだ乗り換えまでの考えは無いですね。面倒だし(笑)。フレッツユーザーの友人は、パソコンの性能が良いにも関わらず、お宅での速度は、ADSLよりは少しマシ程度で、かなりがっかりしていました。何故だ?ネットの世界では、結構な速度が記録されているんですけどねぇ?)

東日本にも電力系はあると思うんですけどね。
確か、どっかと提携したんじゃなかったっけ?

まあ、住む事はないだろうから、どうでも良いんですけどね(笑)。



さてさて。
これからのネットを取り巻く環境は??
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2006-06-09 19:11