<   2006年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

頼むから早くしましょう(汗)。

いきなり、何を書いているんだ??とお思いになる方が少なくない筈(笑)。

答え。

相続登記。

続きは、ここをクリック。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2006-08-28 21:23 | 司法書士編。

法律職も変わるのか。

毎日放送で、新しい大阪弁護士会館の話題をやっていました。

何でも、弁護士が食うのに大変だから、その状況を打破する為に建てられたという説明でした。

…ワタクシには、ちっともそうは思えんが(汗)。

数年前、知り合いの弁護士さんに聞いたところでは、弁護士一人あたり数百万の借金によって建てられるとの事だった。

…総額68億円という話だったが、このような会館を建てて、「昨今厳しくなった状況に対応」できるのだろうか?

ワタクシには、ちっともそうは思えないのですが(汗)。

その上。
大阪司法書士会館がテレビに映し出され、簡易裁判所代理権により、より弁護士業に近い参入があったことで競争が激化した、ということを理由の一つに挙げていた。

…ワタクシには、ちっともそうは思えないんですけど??(汗)

何故なら。
簡易裁判所代理権認可を大阪の第一期で父が受けて以後、うちに訴訟を依頼に来る人たちは、大体決まって「いや~!どこの弁護士の先生にも断られてしまって(涙)」と言う方が殆どたったらしい。

どの弁護士も、簡易裁判所の事件なんか扱わなかったのが実情なのです。

今でこそ、簡易裁判所の事件でも受ける弁護士さんが出てきましたが、これも考え物かもしれない。





ちょっと過激かも?!

続きは、ここをクリック。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2006-08-23 22:00 | 司法書士編。

盆休みも終わり。

世の中は、昨日までが盆休み…というところも多かったようですね。

今、うちの事務所で働いております。今週の中ごろまで盆休みにしていましたが、15日には一部会社の商業登記などを申請しに行って参りました。

…賑わいなど微塵もありませんでしたが(笑)。



さてさて。
とある法務局に行った時の事。

いきなり、「安全に使用できるようになりました」という看板が目に入りました。

何のことやら?
とにかく、登記申請する場所は、まとめて二階にあるので、二階に行って申請しました。

そのまま法務局を後にしそうになりましたが、うっかり登記の完成日(『完了日』とか『補正日』とか言ったりする。法務局によって違う)を確かめるのを忘れていたので、暑い中戻って書いて控えました。

で。
帰り際、同じ二階のトイレを使わせてもらい、出たところに丁度エレベーターが来ていたので、「おお!渡りに船とはこの事だ!」とばかりに乗り込みました。

しかし…
そこにも、「安全を確認しましたので、安心してお使い下さい」との不可解な文字が…

はっっっっっっっ!

と思い、恐る恐る見上げて確かめると、案の定…

『Schindler』(シンドラー)

という、誰もが自らの命の危険を感じる、今を時めく文字がありました(大汗)。

この法務局…
二度と二度とエレベーターなんか使うもんかあ~!

シンドラーエレベータ株式会社 - The Elevator and Escalator Company

…と思ったらですね??

実は、法務局のエレベーターは、ここの製品が多いという事実にぶち当たりました(大汗)。

新しくなった法務局は、ここのばっかりらしい。
確か、国や地方公共団体、公団関係は、ここの製品が多いんですよねぇ。

忘れていました(汗)。


皆さん。
法務局に行くのであれば、エレベーターは避けたほうが良いかも(汗)。



さてさて。
去年、とあるところで紹介されていたので、パソコンが新しくなったらやろうと思っていた、フラッシュを使ったゲーム…殆どサウンドノベルですが…をやってみました。

d0039219_23224736.jpg


Counter Strike NEOというアーケードゲームの紹介のために作られた、WHITE MEMORIESというフリーゲームです。

d0039219_23292099.jpg


Counter Strike NEO -WHITE MEMORIES-

これ、やってみようかと思ったのは、ヒロイン役の能登麻美子さんのお声がとても色っぽくて切なかったから(笑)。

第一話の出だしで出てくる彼女の朗読が、とても印象的だったからです。

能登麻美子非公式ホームページ
White Aquarium-+-能登麻美子ファンサイト-+-
能登麻美子とは - はてな

同性異性関係無く人気の声優さんだそうですが、それもよく分かる。

パソコンのスペックに余裕のある人は、一つお試し下され。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2006-08-19 22:53 | 司法書士編。

この日だからこそ。

さて。
今日は、終戦記念日ですね。

ここ数ヶ月、ワタクシは、縁なのかどうなのか、戦争物ばかり見ていました。

そこで、今日、この日だからこそ…挙げたい作品が幾つかあります。



まず一つ目。
最近の話題作。

市川海老蔵さん、映画初主演。

「出口のない海」

出口のない海

もうすぐ公開です。


この作品は、「半落ち」などで有名なミステリー作家、横山秀夫さんが、最初コミックの原作用に書いたものを再構成し、小説化したものを原作としています。

小説の出来は、まだ読んでいないのですが、どうも評価は相半ばするようです。

作品は、海の特攻・「回天」という潜水艦の乗組員に志願する若者たちを描いています。
回天を描くものは、「人間魚雷 回天」と、「人間魚雷 あゝ回天特別攻撃隊」
などがありますが、基本的には、他の有名なものとは違い、それなりに知られていながらあまり扱われていないのが実情のようです。

実は。
最近、この時代のものを見るのが辛い。

昔だったら、よく分からなかったような人間の心の機微に、少しは敏感になったからでしょうか?

言葉では、中々今の自分の心情とか感覚を上手く言えないですね。

しかし。
ワタクシは、このような作品は、やはり見ておくべきだと思います。


前大戦の善悪がどうとか言う前に、昔、色々な思いを胸に死んでいった若者たちの事は、少しでも覚えている人がいても良いかと思います。

その人たちが望んでいた国であるかどうかはともかく、ワタクシたちが好き勝手に生きられる時代の礎になった人たちが居た事だけは、確かなのですから。




さてさて。
この作品の話をばらしてしまう部分もあるのですが。

この作品の主人公は、明治大学に入学し、野球部のエースだったのが、肩を壊し、それでも「魔球」に次の自分の夢を託していたけれど、時代の波が、彼を戦争に駆り立てていった…というお話になっています。

そして、海軍で、彼は「回天」乗り組みを「志願」します。

恋人役は、今をときめく、上野樹里さん。
彼女にも、自分の運命は伝えられない。
別れ際にやっと「好きだ」とだけ伝えて、特攻に向かう…


「ありがち」というストーリーといえば、そうなるかもしれない。
でも、この時代、若者たちにふりかかる悲劇は、ささやかで地道な生き方を壊す、こんなところにあったのですから。


だからこそ。
これが、映画だけのお話とばかり思える人も、いるかもしれない。

しかし、ワタクシにはそう思えない。
それは、完全に実話を元にした、こんな作品に出会っているからです。





その作品は、「消えた春―特攻に散った投手石丸進一」という小説でした。

作者は、牛島秀彦さん。石丸氏の従兄弟にあたる人です。

これを知ったのは、少年サンデーで、細野不二彦先生による漫画化された作品でした。
しかし、その時は、これが実話だということから引き込まれて読んだ記憶があります。

お話は、現・中日ドラゴンズに当たる球団のエースピッチャーだった、石丸進一さんが、特攻隊で戦死するまでのものです。

これも、映画になっています。
ワタクシも、BSで録画したものを保存しています。

人間の翼

石丸進一コレクション

なお、この映画が出来上がり、数年も経たず、牛島氏は逝去されています。




ストーリーとしては、両作品ともよく似ていると思います。
しかし、決定的に違う点が、一つあります。

それは。
石丸氏が特攻に行くよりも前に、彼の最愛の恋人は、空襲の爆風で叩きつけられ、亡くなっている事です。

「出口のない海」の主人公・並木は、家族や恋人が生きてくれる事を願いつつ、死にに行く事が許されたけれど、石丸氏は、心の中に大きな空洞を抱えたまま、死にに行く事になってしまった。

恋人の母上は、彼に死に様を伝え、遺品を渡して基地から帰り、その後行方不明になってしまう。

どんな気持ちだったでしょうね…





漫画では、主人公は、硬球を上官に投げ付け、飛び立ちます。
この小説・ルポを見ると、何故、細野さんがあんなシーンを入れたのか、共感できました。

この特攻について言えば、末期では、予科練や少年兵が本当に多く、士官学校出の高級士官が当てられた例は、ほぼ一つも無いそうです。

そして、彼らは、家畜以下の扱いだった、と言う事でした。

彼らは、「死ね!」と命じながら、基地近くの料亭でどんちゃん騒ぎ。そして、戦後、靖国神社に参って涙を流し、「辛かった」などと言っている…許せない!と、生き残った特攻兵が、取材で牛島さんに語っているんですね。


ワタクシが知る限り、高級士官で、兵を死なせたこと、戦争での責任を取り、後の国づくりを託して「特攻」で死んだというのは、宇垣纏中将くらいです。

宇垣纏



国がどうの、平和がどうのと言う前に。
彼らの思いをかみ締めることも、ワタクシたちには必要かもしれませんね。




「男たちのY○○○○○」は、ワタクシには、かっこつけすぎで、何を言いたかったのかちっとも分かりませんでした。

丸で、戦っているのがカッコいいとでも言いたいのか?とすら思えました。

つまり、戦うシーンが、「アクション」になってしまっている…

題材として難しいのも分からんではないが、ワタクシにはどうも、ね。

救いは、生き残った主人公が、本当に少年兵としての素直な気持ちが出ていたくらいでした。


「連合艦隊」と内容としては同じ筈なのに、この作品の監督と同じように、戦争、それも、海軍で指揮官で、多くの部下の死に遭っているという経験が無いからでしょうね。丸で想像だけでゲーム映像のように描いている。

角川さんよ。
やっぱ、アンタ、「大鑑巨砲主義」ならぬ、「大作主義」で、大きくぶち上げるのが好きなだけかもしれないねぇ。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2006-08-15 20:21

放ったらかしでスマン!

10日以上放ったらかしで済みません(汗)。

仕事は、ほぼうちの事務所に決まりました!
司法書士になるのです。

今は、仕事を通じて生活のペースを作っているところです。

とにかく。
今は、盆休みなので…

「紺碧の艦隊」を楽しんでいます(笑)。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2006-08-15 00:26 | 司法書士編。

今のところ。

今のところ…

父親の事務所にいます。
他にも就職活動をしましたが、あまり芳しくなく。

あと幾つか残っているので、そこを受けたら、検討して決めたいと思っています。


さて。
先日、知り合いの方から、司法書士ならばこういうような人間ドラマがあるのでしょうか?というご質問というか、疑問を伺いました。

さてさて。
確かに、この業界…司法書士や弁護士には、『人間ドラマ』が存在します。

…というより…
あまり知りたくない『人間ドラマ』を沢山垣間見る事になる、というのが正確なのではないでしょうか?(汗)

色々あるんだわ。これが。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2006-08-04 22:01 | 司法書士編。

めでたい話と、そうでない話。

前回、友人の博士のお話をしましたが、彼らの新婚旅行先を言っていませんでしたね。

結局。
彼女が、「八丈島では、台風が来たら飛行機が飛ばんし、船も駄目だあ!!アメリカへ期日通り帰れないぞ??」」という、同業者(※大学の先生&研究者)でなければ考え付かない説得方法で説得し、沖縄に決まったそうでございます。

そういえば、沖縄へ行った知り合いたちが、口を揃えて言っとった。

「沖縄へ行ったら、心が洗われるで~!」

…何でも。
信号の無い横断歩道で黙ってクルマが通り過ぎるのを待っていると、例外無く停まって先に渡らせてくれるのだそうです。

そりゃ~ね~。
その後、大阪の道路を車で通れば、ディーゼルの煙の大気汚染以上に心が汚染される気になるのは、どうしようもなく間違い無い(笑)。


とにかく。
楽しい思い出を突くって下さいませ。

今回は、嬉しくない事もあった。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2006-08-01 20:51