<   2009年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ごねるやり方が;;

今、オークションでまたまたシルビアのパーツを落としてしまいました。

段々カッコ良くなるワタクシのシルビーちゃん…
通勤先で目立たぬよう、純正エアロ仕様で仕上げております。

…だって、いかにもチューニング・カーとしてしまうと、めっっっっっっっちゃ目立つ地域なんですよね(汗)。

とにかく、これしか楽しみがなくなってしまっているなあ(涙)。



さて。
昨今は、サイトから様々なお客様が来られるようになり、デザイナーさんも喜んで下さいます。

出入りの営業さんも、デザイナーさんも、二人とも仰るには、今のご時世でも利益を上げている企業(『勝ち組』??嫌な言い方だが)は、全てネットへの注力が凄まじいとの事。

ただ。
ワタクシたちの業種では、そういうことに注力しているのは、間違いなく債務整理専門と謳っている人たちばかり。



実は、特に大阪では、この凄まじい債務整理問題の広告やアピールが大変な問題になっており、大阪会の会館に行くと、業務停止処分告知のオンパレードで、ついに連合会まで動き出しています。

何が問題なのか?というと、簡単に言えば誇大広告なんですね。

「相談件数1万件!」

なんて書いていながら、実はそんなにないとか。

また、受けたはいいが、仕事はしないとか、一番問題なのは過払いが出そうに無いと分かると、最悪の場合(それも少なくないケースで)受任を断るとか、一番あからさまな破産と民事再生案件は断るなどのトラブルが相次いでいます。


は~。
他人事ではない。
ワタクシなんかも、仕事が遅いからなあ~。

何しろ、何でも一人でやらないといけないからねぇ(涙)。

※ただ、勿論最後までみっちりやっているので、苦情は来ていないですよ(汗)。



ところで。
これだけ広告(特に大阪)が蔓延るのは、何故なんでしょう??

簡単ですね。
儲かっているからですね。

特に、過払い案件ばかりやれば、それは相当の儲けになると考えて良いでしょうね。

というのは。
彼らの広告料は、ホンマ、半端ではないんですよ(汗)。

例えば。
電車の広告などは、大阪近郊の鉄道に何らかの形で全て出せば、最低でも合計一ヶ月数百万以上になることが分かっています。

出入りの営業さんとデザイナーさん(この二人は仲が良い)と計算してみると、全てのメディアへ露出すると、おそらく年間合計は億単位になってしまうらしいです。

大阪地下鉄の広告を、しかも絞って出している先生とジジイが話した時も、月額数十万(100万円に近い方)かかっていることを知りました。

それで一ヶ月当たりどれくらいお客様が来ているのか?と訊いてみると、丁度うちの倍程度です。

うちのように、零細の事務所の数倍の人数がいて、こんな程度なのか…と、広告効果に疑問を持ちました。

逆に言えば、それだけかけてもペイしているということでもあるのでしょう。

但し!
その先生のところもさることながら、全体的に踏み倒しもかなり問題になっているそうです。

※うちのジジイは、この先生と話していた時、「うちはネット一本やで?」と言ったそうな。すると、唖然として絶句していたという。何でも、その先生もサイトを出しているが、「ネットを見た」と言って来るお客様は今まで皆無なのだそうだ。それなのに、うちのジジイのようなジイ様が、何でネットなのだ?!と混乱した様子が、ホンマに見もので実に面白かったと笑っていた。おいおい、ジジイも人が悪いな(汗)。確かに、80近いジジイがネット…というのは繋がりにくいから、驚くのは無理は無いと思うが…それに、広告費用の話になった時、うちと比較してのあまりの費用対効果の悪さに内心ビックリしながら、うちの広告費用は訊かれても何だか話せなかったと言っていた。当たり前か。うちの広告費用なんて、何しろ全部合わせてもその先生の地下鉄広告の僅か数十分の一しかないんだから(笑)。ただ、ネットでサイトを出していると、実に鬱陶しいことも増えた。とにかくネット、紙媒体問わず広告業者からの電話が業務を邪魔するほど一日中鳴りっ放しになるのだ。この前などは、大阪の広告会社が、いきなり月刊雑誌『オ○ション』(※チューニング・カーの老舗雑誌)をいきなり送りつけて来た。「何だ??どこでワタクシの『趣味』が漏れたのだ?!」と疑問を持ったけれど、そういうことではなく、「これに消費者金融問題の広告を出しませんか?」との打診で送って来たと分かった。一ヶ月の広告料を見てビックリした。この雑誌でも一ヶ月数十万(100万円の八掛け程度)もかかるという。しかも、この雑誌は全国規模。うちは全国対応はやってません(笑)。事務所では、ワタクシの「こんだけかけて一ヶ月で数千万儲けを出してくれるんか?」という一言で全員笑いながら納得してしまった(笑)。しかし、この時の雑誌の号は買おうかと思っていたところだったので、お金が浮いて助かった(笑)。何とも笑って良いのやら悪いのやら、この過払いバブルにありつこうと、こんな有象無象の業界まで蠢いているということだ。


で、です。
ワタクシたち程度の規模ですら、過払い案件は、大きいものを抱えてしまうことがあります。

去年など、お一人だけで合計1200万円(※相手方の請求額は530万円もあったが、利息制限法での引き直し後、残った借金は僅か数千円だった)もあった事例もありました。

ほぼ全て取り返しましたが、それにしてもこれは巨額でした。

しかし、お一人で6、700万円以上というのは、ある程度いらっしゃるんですよね。

だから、こういう案件ばかり狙えば、確かに凄まじく儲かるという仕組みなのでしょう。


ただ、これも、しっかり儲けていて、過払いの返金に『素直な相手方』がいるから成立するのであって、そうでなければ、結構大変なのですよ。

大手だってごねる時代なんですから…



現在、大手で一番ごねているのは、アコムとプロミスだと聞いています。

アイフルもごねると書いたことがありましたが、その答弁書は何ぼ何でも今時の学生でもこんなの書かんという学生以下の法学レポートのようなもので、しかも、相手方の請求に合わせて最初(原告の名前)と最後(『まとめ』と称する結論)だけが違うという何ともお粗末なもの。

でいて、結局期日前に和解を申し入れてきて、過払い元金と利息(但し訴訟物で請求している程度まで)を払うことになるんですわ。

…ワタクシには理解できません(笑)。

↑読みたいですか?一応データ化しているので、欲しい方はご一報を。


今のところ、プロミスは、訴えられると、利息の起算点(※不当利得について『悪意』となった時期)について、徹底抗戦する態度に出ているそうです。というのは、山口地裁宇部支部平成21年2月25日判決で、過払い金の利息発生時期で有利な判決が出ているからです。

ところが、この判決は、そもそも最高裁の判決を引用しながら、その理解に反しているとしか考えられないものなので、これを取った!さあ!ごねるぞ!という態度で出ていたのでしょうけれど、ワタクシが大阪地裁での訴訟を見ていると、裁判所のプロミス側の扱いは、正直、実にぞんざいなもので、「反論があるなら一応『聞いてあげる』から、その為の時間を『一応』取ります」というあからさまなものでした。

おそらく、きちんと主張していれば、最高裁に従った判決が沢山出ているのでしょう。

ワタクシたちのところでも、利息を元本に繰り込んで計算した元本と、更にその元本に繰り込めなかった金利の一部カットのみで和解を申し出られました。

※この案件は、ご本人いわく「優しい業者さんだから痛めつける気は無いけれど、武○士はきつかったので、訴えて下さい」というご要望があったので和解した(笑)。


ふ~。
こういう案件ばかりだと、気苦労も多いので、大変疲れます。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2009-04-14 23:30 | 司法書士編。

季節外れになったけれど

最近、どうしてもユーミンの『ブリザード』が流れるシーンが見たくなり、ここ数日、『私をスキーに連れてって』を見ています。

春になると、毎年『<ハル>』を見たくなるんですが、昨日、フジテレビでワタクシが大好きな役所広司さんと深津絵里さんとが共演していたせいでしょうか?見る気になりませんでした。

よく対比されている映画として、同じフジテレビ製作の銀色のシーズンがありますね。これも同じように見たんですけど、ワタクシも歳なんでしょうねぇ。こちらよりも『私-』の方が好きですね。


さて。
この『私をスキーに連れてって』(※当時ワタクシは高校生)を見ていると、あの頃のスキーというものそのものに懐かしさを覚えました。

ぜ~んぜん上手くなりませんでしたが、ワタクシ、これでも小学生の時は、毎年スキーに「行かされていた」のでした(笑)。

パラレルを覚えたかと思ったら、スキー中とはいえ、色々な原因で足を痛め、嫌々やっていたので、そこで止めてしまったのでした。

なのに。
高校時代、修学旅行は何とスキーで、もう嫌で嫌で。
しかし、これは楽しい思い出になりました。


確か、あれは長野のどこかだったなあ。
その時のインストラクターは、サングラスがとっても似合う美人の女性インストラクターで、ワタクシの班は、それだけでもう十分楽しそう…という期待をしていました。

※自己紹介を聞くと、ワタクシたちと同じ市内在住ということで、長野に来てまで地元ネタで盛り上がっていた。ええのんか?(笑)



…ですが。
紹介直後から、ワタクシを除く十数名は、どこにいてもそれと分かるほどワタクシ以外の大きな悲鳴と怒号を奏でつつ、文字通り滑り落ちてくる有様となったのでした(笑)。

…このインストラクター。
たった数日の修学旅行で、「基本からガミガミやっても面白くないでしょ?」というスタンスで、いきなり中級クラスの尾根に上って無理やり滑らせるという暴挙に出たのです。

何しろ、ワタクシ以外全員、スキー板はおろか雪山すら初めてという完全『ド』ノービスクラスなのに、最初から数段ふっ飛ばしての説明でした。

※彼らは、ワタクシと同じ班になった時、「良かった~♪お前がおるなら一番ヘタにならんで済むからなあ♪」と言っていた。ワタクシも、自分がスキー・スクール時代、それも初心者レベルからレベルを上げても、いつもそんな感じで下から数えるほどヘタだったから、同じ感覚で素直にその通りだなと思っていたが、その後数日間、意外にも「何でお前ができんねん?!」と全員かなりのショックを受けることになってしまった…彼らは本当に初心者で、できないことに自分でも最初は腹を立てていたくらいだった。それくらい、彼らは、あの当時のスキーの難しさを知らなかったのだ。当時のスキーは、ちょっとやそっと運動神経が良ければすぐに覚えられるものではなく、少しの経験で大きな差になるくらい、本当に難しかった。この時ばかりは、無理やり行かせていた親に感謝しましたよ(笑)。

まず、スキーといったらやっぱりスキー板を履いたままの登り方でしょう?

あの頃、横になって平行に段々と登るやり方(階段登行)から説明しましたが、このお姉さん…

「でも、これ面倒でしょ?だからV字(V字登行)で登りましょう」

と、斜面に向かって縦一列に並んでいるワタクシたちに向かって言いながら、いきなりV字で登り始めたのです。

ワタクシは、彼女のすぐ後ろにいたので、そのまま登り始めました。

しばらくして、インストラクターは、ワタクシを見て、「あら♪『経験者』だったのね~♪」と、ちょっと驚いた様子で言いました。

何で分かるんですか?というワタクシの疑問に、「後ろを見たら分かるわよ♪」と不敵に笑っています。

ワタクシが見返るとそこには…

斜面に向かって縦一列に並んでいた、『ワタクシ以後の一段』は、V字のまま滑り落ち、自分より前の落ちてくる同級生に「こら!落ちて来んな!」と非難を上げつつ、玉突き衝突しながら縦一列で全員で後退し、しまいには八甲田山の遭難陸軍のように下の平らな部分まで全員で滑り落ちて木っ端微塵となっていました…

…今から考えると、正に大笑いの種ですが、あのインストラクター、「注意して完璧に真似したら分かるでしょ?」と言いつつ、スキー板のエッジを立てることを敢えて教えなかったのでした。ワタクシ以外の同級生全員は、全くのド素人だと言いましたが、ワタクシもその場で初めて訊いたら全員天地神明に誓って(??)全くの初心者。そこまで全員素人だったのか…と驚きましたが、そんな相手にな~~~~~~んの説明もせず。そりゃ~落ちるわな(笑)。

滑り方もそう。
最初にある程度ちゃんとボーゲンと曲がり方(の初歩と、こけ方だけ)を教えて、後はどんどんリフトで上に登って行く…

もうそこからは、何しろ曲がり方を碌に知らずに登っていましたから、日頃運動自慢のヤツラが、ワタクシが先に行っている!許せん!と言っては直滑降で追いかけてきて、そのまま曲がりきれず…というよりスピード違反の多重クラッシュで全員自爆…という天然お笑いスキーヤーの一団(ワタクシを除く)と化していました。

とにかく、初日、ワタクシたちは、どこのクラスにもどこの班にも全く出会わないまま終了しました。

当たり前です。
いきなり経験者しかいかないコースへ連れて行ったのですから(笑)。

で、教わるにはちゃんと指導して頂いたんですけど、ヤツラはちゃんと聞いている形跡が無く(というより、やってみて初めて分かるから一々木っ端微塵となった)、結局毎日一事が万事この有様で、教わるも何もあったもんじゃございません。ワタクシを除く十数名で同じように阿鼻叫喚と共に木っ端微塵になることを繰り返していましたので、ワタクシたちの班は、全学年に知れ渡る状態になりました。

何しろ、「お前ら、どこにいても分かるで~。でっっっっっかい悲鳴を上げながら滑り落ちてくるんやから」と、ワタクシも異口同音にあらゆるクラスのヤツラから言われていましたもんね(※ちなみに、ワタクシの時は10クラスもあった)。


二日目からは、段々と周りが多くなっていたので、午後には同じ学校の生徒がだ~~~~~~れもいないゲレンデへと…

平日だから、地元か個人で来ている人以外だ~~~~~~れもいないゲレンデですよ?どんなコースが分かるというもの。

それはそれは初心者にはスピードレンジが速すぎる手前くらいのコースです。インストラクターも無茶かな~と思ったのでしょう。先頭に立って導いてくれましたが、もうそこはそれ、天然お笑いスキーヤーの一団(ワタクシを除く)ですから、様々なお笑いを巻き起こして、ゲレンデ中、皆さん大爆笑です。

最終日の午前中まで、毎日この有様で、笑い顔のために顔面が筋肉痛になるほど、笑ってばかりでしたね~。




ただ、これが「楽しい思い出」になったのは、ワタクシが滑れたからではありません。

これだけ聞いたら、普通大怪我していると思いませんか?
しかし、流石に運動自慢のヤツラが多い班でした。

危険なところでちゃんと自分から転倒し、誰もかすり傷一つ負わずに毎日滑り落ちていたのですから。

それに、そういうやり方は、ワタクシたちの性に合っていたらしく、数日間で、全員何とかボーゲンで滑られるくらい、初心者スピードに慣れるくらいまでは覚えていたんですよね。

彼らは本当に素直だから、ヘタだと決め付けていたワタクシが経験者だったと分かると、とにかくしつこく説明させて一緒に滑る(彼らは『滑り落ちる』)という興味津々の毎日で、インストラクターの方針通り、とにかく沢山滑り(滑り落ち)ましたから、あれだけ毎日こけても落ちても、誰も「嫌だ!」とならず、毎朝楽しみにしていて、「さあ!今日も元気に『滑り』ましょう!」「『滑り落ちる』の間違いやろ?」「縁起でもないこと言うな~!」と漫才のような挨拶から始まって、インストラクターを一日あらゆる天然お笑い自爆スキーで爆笑させ続けていました(笑)。

それとね。
色々なクラスに色々と言われましたが、それは、必ず後にこう言い添えられていました。「でも、羨ましいなあ」と。

インストラクターは、彼女がちゃんと計算して、初心者共が中々「芸達者」(※運動神経があるから、ちゃんとこけて自分を守れる)と知ると、滑り落ちても怪我がないようなギリギリ滑れる難しいコースへ連れて行ってくれましたし、ワタクシたちは、結局最初から最後まで、ある程度自由に沢山滑らせて貰っていましたからね。ヘタでもとにかく全員楽しそうだから、見ていた人達は羨ましい…と思ったのかもしれません。

ホンマ、最後まで楽しいスキー旅行となりました。




…とまあ、丁度『私をスキーに連れてって』の公開時くらいに、やっぱりスキーに行きましたワタクシ。

この映画を見ると、あらゆる点で懐かしくなりましたし、また、時代は変わったなあ…と思いました。


というのは、まずスキーそのものが変わってしまったなあという点です。


あの当時のスキーは、とにもかくにも曲がらない止まらないものでした。

映画の中で、主人公の男(三上博)は、好きな女の子(原田知世)にこう言います。

「内足、持ち上げて引き寄せる癖、直したほうがいいよ」

※このセリフは、最後までキーワードとなって出て来る。

しかしねぇ…
あの頃のスキーって、内足持ち上げて引き寄せんと、どうやって曲がんのよという代物だったのです。

板だって、細くて分厚くて固くて真っ直ぐで、しかも身長よりもそーとー長いものでした。

滑り方は、膝を使い、キビキビと踏み換えて動くものでした。
しかも、三上博役のスキーヤー(色々あって名前は伏せられていたが、実は当時有名な渡部三郎氏)で、本当に凄い回数踏み変えていて、しかも、スローで見るとちゃんと内足を持ち上げていたもんなあ。

今の子には、全く分からないでしょうねぇ。


しかし、今のスキーは、太くて流線型が入っていて薄くて身長よりもかなり短い、しかも後ろも前と同じように反っているものです。

これは、ワタクシたちの後に出てきたカービング・スキーです。

これだと、エッジを無理に立てるための動作が全く不要で、ベタ足でちょっとした体重移動でダレ~ンと曲がっていけるもの(あくまで比較してのもの)だから、「内足を持ち上げるなんて『何故』??」というものです。


もうね、スキーそのものが変わってしまっているんですね。



それと。
何よりも変わっているのは、キャラクターの描いている背景です。

つまり、『私-』の方は、時間がもうちょっとゆっくり流れている感じがするのと、キャラクターも心と時間にゆとりがある感じがします。

世の中が、もう少し全てに余裕が感じられていたし思いました。

しかし、『銀色-』の場合、随分人格の暗黒面というかマイナス感情の部分にスポットを当てることに焦点があったように思います。

また、色々な意味で、あの頃のような心の余裕がなくなっている時代で、それを求める人々(『銀色-』の主人公たち)を非難するかのような感触すらあったように思います。

特に、今の時代では、そのようなぼやんとした感覚を持つ者を許さない、非常に余裕が無い時代だな、と思いました。






それにしても。
『私-』には、名セリフが多いなあ~。

「馬券買わないで競馬見たって、ただの家畜のかけっこだからな」

…これねぇ。
競馬場で言ったら、知らんジジイにまでホンマに大受けだったのよ(笑)。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2009-04-12 13:07 | 映画 ドラマ 音楽

問題発言かも;;

こんなことを書くと、一部…というより、かな~り大規模に批判を受けそうだけれど、書いてみたいと思いました。

それは…

訴訟というものの捉え方の違い

のことです。


色々と訴訟についてご相談を受ける機会が増え、その度に思うのは、「訴訟に過大な期待をしている人が多いなあ…」ということ。

一般的な傾向として、訴訟というものの捉え方について、大きな勘違いをされている方が往々にして見られます。

それは…

自分の『正義』を『自動的に』守ってくれる場所

という「幻想」または「甘え」です。

この「幻想」には、裏づけというか、この信念に基づいた突飛も無い行為というか、そういうものが伴ってしまい、結局、好ましくない結果の方向へと勝手に導かれてしまう傾向が高いように思います。

どういうことかといいますと…
説明しにくいので、例を挙げてみます。


例えば。
今ここに、とある相手に契約解除と損害賠償を望んでいる人がいるとしましょう。

このような「幻想」を持っている人は、往々にして、最初から手前勝手な主張や説明に終始します。

どのように手前勝手なのか?と申しますと…

①聞きかじりの法律知識を披露し、自分の「意見」を押し通そうとする←まず結論そのものが間違っていることも多い

②証拠を自分勝手な判断で集めている←肝心な契約書すら無くなっていても平気(笑)

③他人の意見を聞かない←指摘が「お気に触る」と拗ねる(笑)

これらのことを話し合っていると、ほぼ必ずこう言うのです。


「だって、私が正しいのに、どうして『裁判所には通用しない』なんてことがあるんですか!!」


…やれやれ(汗)。

ここで、うちのジジイは、法的な面や事件については説明できても、若い人に「裁判ってどんなもんなん?!」と分かり易く説明できない様子…

ただただ呆れているだけなんですけどね(笑)。

で、いつもワタクシはこう言うんですわ。


「あなたが自分の商品の売り込みに行って説明するとします。その時、相手に分かって貰おうとはしませんか?訴訟って、ホンマの姿はプレゼンなんですよ」


…こういうと、考え方を180度ガラッと変えて取り組める人もいます。

しかし、今度は、

「裁判っておかしい!!だって、私が正しいのに決まっているのに、何で分からないんですか!!」

と激怒…まで行く人もいますが、まあ多くは相当不快になる場合があります。


更に。
このような方々が訴訟に突入したとします。

特に本人訴訟に現れるんですが(正直最初からある程度見えているから『勝手にしなさい』と見ているが)、まあ~言わんでもええこと、やらんでもええことを口から出任せのようにペラペラと喋りまくり主張しまくり、訴訟を自分で木っ端微塵にしてしまうことが多くあります。

…目の前で見ていたら、ホンマ、信じられません(笑)。

代理で行っていても、相手の口車に乗って余計なことを勝手に行い、どうしようもなくなる寸前になったこともあります。



…とまあ、ここまでは良いんですが、問題発言はここからなんです。

実は。
今までの傾向からして、このように、訴訟に関してあらゆる点で爆発している方は、大半が女性なんですね。

男性の場合、仕事などを通じて、落としどころを探るという経験値を持っているので、ワタクシの説明を聞くと、それらを真剣に考えるようになる人が殆どです。

ところが、女性の場合、自分の求める結果以外は絶対認めない(『自分は何も悪くないし絶対正しい』)という態度でいる方の率が男性に比べて飛躍的に増加するらしく、仕事をしているとかに関係なく、完全勝利以外は認めないという方々が大変多くいらっしゃるように思えてならないんですね。


ホンマ。
訴訟はプレゼンって考えると、裁判官に分かり易く分かって貰うために、主張だろうが証明だろうが、ホンマにドライにすることができるんですけどね。

通じない女性は沢山いるのが本当のところ。


※旧司法試験の論文にしても、よく言われていたのが、「相手は『アホなんや』と思って、どんな『アホ』でも一から分かるように、定義から始まって丁寧に書くこと」だった。別名うちのオカンにも分かる利益衡量論など。旧司法試験の論文は、つまるところ、訴状(準備書面・答弁書を含む)や判決文の法的構成を書く能力を試すものだから、訴訟でも同じ。「裁判官は『アホ』(※事件については何にも知らないという意味)やから、一から丁寧に主張と証明を行って『分かって貰う』ことが必要だね~」という態度で訴状を書くことになるし、相手の主張を丁寧に潰す、または真偽不明の印象を与える必要がある。こうすると心証が良くなることが分かるのは、裁判(判決や決定)の理由。これを見ると、自分たちが主張した言葉がそのまま使われていたり、理由そのものがそのまま認められていたりする。反対に、相手の主張を一刀両断にしていたりするから面白い。これは、司法書士だからできないということはないが、勉強しないとできないよ~。ちなみに、逆にこんな態度がない弁護士の訴状や準備書面、答弁書は、簡単に潰せるので、裁判官に予断や悪い心証を持たせることに貢献してくれる。こういう人も多くいるのが実情。



…ふ~。
女性に怒られそうですが、何だか書いておきたくなりました。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2009-04-02 23:07 | 司法書士編。