<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

結局買いました

結局買いました。

ウインダリアDVD&CD。

どちらもプレミア付きで高かったのですが、中古といっても新品同様のものが届いて満足です。

発売された当初、そして二回目の発売の時、ワタクシんちは最悪の時期で、音楽を聴くのも辛かったし、何も買えなかったですから、も~これも一つの大人買いってやつですな←40にもなってアニメのDVDもないのだが(笑)。


さて。
関西地方に昔から在住の方で、現在30代から40代の方々のアニメ好きには、結構よく見たシリーズものの番組がありました。

それは、アニメ大好き!(読売テレビ)

当時、80年代といえば、いわゆるOVA(オリジナル・ビデオ・アニメ)が花盛りでしたが、とっっっっっっっても高かったし、一時期よりもずっとマシになったものの、当時はそもそも機器・録画媒体(テープ)を含めたビデオそのものがとても高価だったので、ダビングも中々難しく(※今の人には決して分からないと思う。勿論、我々は『そんなのへっちゃら』だったが(笑))、そういうOVAをオン・エアしてくれるという大変奇特な番組でした。

シリーズ化されて、大学時代もお世話になりましたが、最初は、本当に変なものまで放送し、その上で、テロップで最初に紹介、放送後やはりテロップで批評を流すのが中々でした。だって、中にはケチョンケチョンに貶しているのに、平気で放送していたもん(笑)。

そんな中でも、この作品は、他の人気作に比べても相当地味なのに、何故か再放送されている数少ない作品です。


で。
お話はというと…

…あまりにも主人公をシバいてしまいたくなる話…とだけ言っておきましょうか(汗)。

見ていない人にとっては、身も蓋も無い紹介を考えていましたけれど、それ言うと、泣ける話が怒りか白けの話になってしまうので。


後は、見たいと思うのは…ああ、メガゾーン23三作とかがありますねぇ。

あ。
トップをねらえ!という、※題名から何からコピーと真似とオマージュでどこまで人を感動させられるのか?を極めたアニメがありましたねぇ~。

※三部作見れば分かるが、三作目まで見ると、確かに感動はできるエンディング。いまだにガイナックスは健在…とも呼べなくなっているが、何と言っても、あのエヴァンゲリオンを作り出したのは、ガイナックスなのだから。ちなみに、今の劇場版は、監督こそ同じだが、ガイナックスは一歩引いた形で、結局はスタッフを貸し出しているような協力関係らしい。


またまたオタクに戻ってしまった…この歳だとちとキツイ(笑)。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2009-11-26 21:52 | 映画 ドラマ 音楽

大きくなったもんだ

ワタクシの姪が大学生になり、ワタクシに言ってきたのは…

「課題をするのに必要だから、パソコンにパワー・ポイントを入れたい」

聞けば、教習所の最後の過程にいるとか。


…最近、甥たち(今、小学生の一番のチビッコは除く)や姪たちのおチビだった頃をよく思い出すんですよね。

姪も、ついこの間まで三輪車に乗って、ワタクシに小さい絵本を買ってとせがんだりしていたんですよ。

それが、今は自動車にパソコンでパワー・ポイントですか…


…と言っていたら、うちのクソババア(母)。

「え?アンタもあの子らの母親(姉)も、三輪車に乗っとったし、絵本読んで、それはそれは可愛かったで~。それが…こんなオッサンになってもうて…」

…だそうです(笑)。

やれやれ(笑)。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2009-11-16 21:06

もう11月

今年も早かったな~。

ジジイ(父)が倒れて、もう10ヶ月以上経ったという訳で。

本当に早かった。

とともに、新しい戦略を実践できずに今年が終わりそう。

今、M&Aの世界に飛び込もうとしていますが、小さいけれどやる気があるM&A専門会社のサポートが受けられる事になり、来年は、経営の方向を変えるために、士業の中でも通常以上にかなり大きく舵を切る事になりそうです。


そういえば。
先日言われました。担当者の方に。

こういう業界(M&A)で上手くいく人は?

という質問に…

「何と言いますか…ええと…意欲がおありな…そうですね、肉食系の方といいましょうか…」

…つまり、ガツガツと進む商売人か?

やっぱりそうか。

ワシの事やんか。


ふっふっふっ…

銭への執念(byあきんど)商売意欲やったら負けへんで~(笑)。


…ああ説明が足りんな。
これ、こういうことです。

もしも、皆さんが「士」と付く資格の方々に接してみられればよくお分かりだと思うのですが、職人そのものという方が、実は少なくないのです。

実務能力という点では、かなりの能力を持つ方々は少なくないのですよ。

簡単に言えば、営業力があるなしと実務能力とは別次元という事。

これは、「今が上手くいっているから、ルーチン・ワーク(通常業務)でええやんか?」という消極的経営姿勢と相まって、進取の積極性が見られない方が本当に多いという事、職人ゆえに、人を押しのけてという営業の感覚が苦手で、とにかく行動してみるなどの営業などそもそもしないという事なのです。

どちらかといえば、人間の性格上の違いに近いですね。

ワタクシたちの業界は、過払いに頼った方も非常に多く、ワタクシなどは歯噛みするほど危機感を覚えるのですが、そういう危機感を持つ人はまだ少ないようですし、資格者というのは、このように本来職人気質から営業が苦手という方が本当に多いという弱点があり、今が良ければ全て良しという事に繋がりやすい訳です。

過払いや借金問題に頼っていると、最終的には自分のブランド力が軽薄な感じを持たれ過ぎて落ちて行くという弱点があると思っているんですけど、狂ったように広告を打っている大阪。

ワタクシ、既にこの業界では異端児扱いに近くなっていますが、先へ進まないと何も変わらないですし。

まあ、子供の頃から異端児だったんですけどね(汗)。





さてさて。
最近、80年代に見たオリジナル・ビデオ・アニメがムショーに欲しくなる時が出てきました。

そうですねぇ…

例えば…

…やめとこう(笑)。

でも、既に絶版で、しかも中古がすんげぇ高値で取引されていたりする。

また、ブルー・レイとかで出会えるかな?


…その前に、ブルー・レイ、買わなあかんやん(大汗)。



クルマの方は、順調にワタクシ以外は感心されないどピーキーなクルマに仕上がっております。

若い頃は試せなかったチューニング。

まだボディだけですが、ブレーキも手を入れるべく、中古パーツを用意しているので、またまた変わるでしょう。

足代わりの使用が殆どではあるんですが、もう15万キロなんですよねぇ(汗)。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2009-11-01 14:38 | 小人閑居