<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

法律の世界をドラマにすると…

最近…というか、以前から人気がある「カバチタレ!」シリーズ

行政書士の試験レベルを意味無く上げてしまった…という原因となった(??)マンガ&ドラマですね。

さてさて。
では実際はどうなのでしょう??

…まず、とても違和感があるのは、行政書士自身が自らを定義して「法律家」と名乗っていること。

日本では、法律家=法曹界の方々を意味するのが普通で、総務省管轄の国家資格では、中々言い辛いのではないかなあ。ワタクシたちも、法律家とは名乗りませんし~。

というのも、法律家という言葉は、最終的には訴訟に代理人として携われるのか?という一点にかかっている訳で、いわゆる事件性必要説(弁護士法72条の『法律事務』とは、紛争性のある法律事務)に立ったとして、いくら事件性が無い時点で関わることができようが、訴訟に関わった時点で行政書士法または弁護士法違反となる点、変わらない訳ですから。


…ここで、本音を言いますと…

どうもね、訴訟を裏から手引きしているのではないか?と思われる事件に、時々出くわします。

内容証明で出してくる警告書その他の書面も同じ。

内容が甘いか、酷い場合は無茶苦茶で、法律に無知を丸出しで出してくるセンセもかな~りいるんですよ。

ここが問題だなあ。

いえね。
本当に能力があって、名前を隠しているのなら、こちらもそれ相応に対応して「本人が書いたもの」として扱いたいと思っているのですよ。

しかし…
形式以外、法的構成や主張に甘さが目立つ、または中身が無い、法律や判例に無知だから無茶苦茶を書いてくるということが、大変多いんですよね。


うちで扱っていた事件では、会社を辞めたのに給料を支払わないケースで関わっていた、という事例がありました。

電話で話しましたからね。

内容証明の中では、「横領だ!背任だ!窃盗だ!」と脅し、「告訴するぞ?されたくなければ、こちらの条件の和解書にサインしろ!」とか、他の社員に言いふらしていることを自白していた訳で。

…ええ、そうです。
名誉毀損と強要、脅迫、告訴すれば虚偽罪告訴罪に当たる行為で、この指摘が向こうのセンセに話したところ…

…条文の意味を知らない…

仕方が無いので、構成要件の中身を教えると、途端に相当ビビッていました。

何と、彼は、これら全ての構成要件を殆ど知らずにわめいていたことを電話で知ったのでした。

脅しゃ~まま何でも通ってきたのではないかしら??

やれやれ(汗)。

…なお、訴訟では、裁判官に「被告が『横領している』とされているものは何ですか?」という質問に対し、こちらの指摘以後、相手が困り果てて出してきた言い訳の内容証明を出して説明しました。

原告は答えましたよ。

「相手は、会社から交付していた健康保険証と主張しています」と。

既に、社会保険事務所で雇用保険を貰うために、相手に返還済みのもの。

…裁判官が声を立てて失笑したのは言うまでもありません(大汗)。

ここで問題なのは。

一回目の答弁書は、形式的にはかなり優れたものだったが、二回目以降は、とんでもない準備書面ばかりになってしまったこと。

別人が書いたとしか思えない文書の違いです。

素人が、一回目の答弁書を真似して書いたとしか思えないもの。

…もはや、どういう事情が後ろに隠されているか、お分かりになるでしょう。


こういう事態に、何度も出会うんですよね。
その度、勿論勝ちは頂きます(笑)。



過日、日行連は、日弁連と日司連に合意書を取られ、他士業分野の業務開放の政治活動しないという合意を取られ、やっと獲得したのがADR分野の介入でした。

…でもね。
これ、結構痛手だったかも。
というのは、事実上、弁護士会でのお叱りを許容しなければならなくなり、弁護士法違反があった場合、所属会に告げ口して弁護士会に呼び出し、お叱りを加える…ということがあると、先日聞きました。

まあ、逆に言えばそれだけで、資格を失うには至っていないのですが…あまりにも酷かった場合、資格を失うようにするために告発されたりするし(事実、逮捕される例も出ている)、そういうことがあれば、ADRすら潰す可能性も無きにしも非ず(※法務省が手薬煉引いて待っているかも)。




ワタクシたちも、偉そうなことは申せません。

地裁事件で複雑な事案だったり、専門性が高い事件だったり、訴訟代理人に任せた方が良い場合でお金も払える人なら、ワタクシたちのよく知っている、人柄も能力も専門性も優れた弁護士の方にお話を振ります。

依頼人には大変喜ばれます。
何故なら、うちに来られる方々は、数々の弁護士の方々に断られてしまったケースが多いのです←だからこそ、うちが支援して本人訴訟で勝ったことも多いんですけどね。

優れた弁護士の方と知己になったという喜びもあるのでしょう。



それから。
ドラマをご覧になられた方々にも、どーしても申し上げたいことが。

あのシリーズは、いわば、法律問題の入り口、または初級編です。

あんな問題ばっかりだったら、仕事は楽々です。

逆に言えば、あんなことばかりが「法律実務だ!」などという勘違いをしてこの世界に入ったら、とんでもない痛い目に遭わされるでしょう。

しかし、また反対に、ワタクシたち程度の司法書士事務所が扱う事件ですら、ドラマにしたいほどの内容(公開できないものが多い;;)があったりもするんですけどね。




今は、新たな業界に参入したい希望で一杯。

でも…

沢山の過払い訴訟と民事再生と破産で手一杯(大涙)。

本当に死にそうです。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2010-01-21 22:23 | 司法書士編。

さようなら、目玉おやじ…

田の中勇氏死去(声優)
1月15日17時38分配信 時事通信

 田の中 勇氏(たのなか・いさむ、本名田野中勇=声優)13日、心筋こうそくのため東京都世田谷区の自宅で死去、77歳。東京都出身。葬儀は19日午前11時30分から同区砧2の4の27の東京メモリードホールで。喪主は兄弘(ひろし)氏。
 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の「目玉おやじ」役を、1968年の第1期シリーズから一貫して担当。個性的な声質で数多くの作品に出演した。
 

…さようなら、目玉おやじ様…

また一人、昔のワタクシたちを含む子供たちの宝が、この世から去ってしまった。

ご冥福を祈りましょう。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2010-01-15 22:50 | ニュース

ETV特集-辻井伸行さんの特集

昨日、見逃していた辻井伸行さんの特集の再放送を拝見しました。

正直なところ、このコンクールは、かな~り視点が異なるのかな~と思いました。


クラシックの各コンサートには、当然、それぞれの色合いがあります。

というより、コンクールそのものが、まあタイトルっちゅ~ヤツですか、プロを目指す才能発掘という色合いは多かれ少なかれある訳でして。

また、このコンクールの位置づけがかなり難しいので、なんとも言えなかったのですが…

ただ言えるのは、室内楽からコンチェルト(協奏曲)に至るまで、アホみたいに曲を弾かせるコンクールだと知りました。

また、少なくとも、出場していた演奏家たちは、既にいわゆるタイトルをいくつも取っていらっしゃる方々が極めて多いのには驚きました。

当時の報道では、辻井さんの演奏については、アメリカの新聞が酷評していたそうです。

しかしねぇ…

コンクールとか映画祭とか、批評家と自称する連中の『評価』と観客の『感想』は相当ズレを生じるものなので、信用しません。

元々当てにならないからです。

ショパン・コンクールでも、辻井さんについては、観客の感想と批評家の評価とは正反対だったと聞いていますし。



で。
昨日、初めてコンクールの一部を拝見しました。

演奏そのものを聞いていて、上手けりゃOK!というタイプのコンクールではなかったのだな、と感じました。

事実、ここでは放送されていませんでしたが、ネットにアップされている動画で聴くと、なるほどテクニックをお持ちの方々も多かったのです。


た~だねぇ…

ここ最近…というか10年ほど、ワタクシだけが感じているのかな~と思っていた感想があります。

最近の若い演奏家の傾向です。

後に、番組でも採点者の一部がインタビューで答えていて、あながち的外れでもないことが分かりました。

それは、ムチャ速のバカ叩きのピアニストが甚だ多くなったこと。

多分、技術を偏重した時代の演奏家に習ったからかな~?などと考えていました。

…そういえば、のだめカンタービレでも、千秋君がハリセンに教え方を難詰して逆に指導を外されるというシーンが冒頭ありましたが、その教え方の内容が、実際このようなピアニストのテクニックだったように思えますねぇ、今となっては。


※ワタクシが若い頃の90年代から2000年代頃のコンクールで出てきた演奏家は、特に顕著に思える。この傾向を番組では「最近の若い演奏家はポルシェに乗りたがる(※演奏の例え)。フォルクスワーゲンは嫌いなのかな?レースばかりしてはいけないし、しても正確に止まらなければならない。しかし、そうではない演奏家はそうはいない」と表現していた。う~む…ワタクシなどよりも遥かに上品といえる(大笑)。



で。
批評家間で最も評価が悪かったのは、コンチェルト(協奏曲)の評価です。

彼は、難曲で有名なラフマニノフのピアノ・コンチェルト2番を選び、全楽章を演奏しています。

これが、一部評価を分けているのです。


批評家は、眼が見えないのにラフマを演奏するなんて冒涜という論調で、タイミングが合わせられないことを彼の責任にしていたようです。

ところが。
観客側の感想は、あまり国籍に関係なく指揮者を非難している訳です。まあ、贔屓目もあるでしょうけどね。

確かに、動画を具に拝見すると、そのように感じられなくもないですね。だって、オケが勝手に辻井さんと演奏しようとしている感じが、第三楽章あたりはしますもんねぇ。

また番組を見ていても、辻井さんの方がオーケストラに必死に合わせようとしているのが感じられました。

ただ、指揮者や室内楽の共演した演奏家などは、彼に関する感想が一致していたので、もしかすると、ムチャに振ったものに合わせられるのか?などの隠れた課題があったのかもしれませんね。



ワタクシが初めて見た彼のラフマニノフは、彼が10代の頃、題名のない音楽会で、佐渡さんの指揮するオケとやっていたものでして、ワタクシは、タイミングがずれているなどと少しも感じませんでした。

つまるところ、彼にその能力がないのではなく、相手にもその気があったのかどうか?という点は、訊いてみたいですねぇ。

それと、彼のラフマニノフは、全般的にとても優しい感じがします。

出だしがとても遅いのはお好み次第というところでしょうか。



全体に聞いてみて、コンクールの意図が違っていたのかもしれないなあと思います。

どちらかというと、観客受けが良い若い人を選んでいる感じもしました。

つまり、どれだけ魅了しているか?ということ。

実際、自分に酔っ払ってイタコ状態になって演奏しているタイプの完全ソリストの演奏家は、3位(該当者なし)にも入っていませんでした。

また、入賞者が全員アジア人というのも…

時代の流れなんでしょうか?



とにかく、ワタクシが見た感じでは、彼に実力が無かったのに取ったというようなところは見えませんでした。

彼の柔らかい音が好きですねぇ。

これからもっと成長する彼を見たいです。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2010-01-12 16:33 | 小人閑居

去年ギリギリに

実は、買うか買わないか迷っておりましたが、買ってしまいました。



映画「ハイキック・ガール」公式サイト

前に、↓こんなものを買いましたので、どうしても見たくなりまして。



映画『黒帯 KURO-OBI』公式サイト

黒帯 KURO-OBI 初回限定版
↑アホみたいにプレミアが付いている。何故だ??4倍もするぞ??(汗)


実は、これらの作品。
評価がビミョーで、どうかな~と思っていたのですが、武道が好き、本当にやりたいと思っていらっしゃる方々には、ある意味ストーリーも単純で、武道観に立ってみると味わいがありましたので、これはこれで良いと思います。

寧ろ、言いたいんですけど、「チョコレート・ファィター」などは、確かにアクションは派手ですが、元々趣旨が違います。

「空手ってどんなもの?」ということを前面に押し出すと、こういうアクションとは別物の地味に写りがちなものになる筈なんですよ。

だから、比べても仕方がない。
あれは、正に香港映画の同一直線上にあるものですからね。


両作品を見ながら思いました。

西さんという方(前作プロデューサー・今作監督)は、多分、中達也師範やその他の方々を見つけた時に感じたのではないか…

「ああ、見つけてしまった」と。

彼にとって、どうしても作りたかった本物の空手を見せることができる映画を体現できる人達。

鉱脈というか、柱というか。


一つ言えるのは、これらの映画は、やっぱり彼らしか作りえないものでした。

特に中達也師範を初めとする主役(または準主役)の方々は、他の分野の映画には出ないにしても、どんな役者よりも強いエネルギーと印象を残します。

どんな役者を連れて来ようとも食われてしまうのです。

それに凄く二枚目または美女(笑)。


役者さんたちも、ある意味で参考になるかもしれないなあ。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2010-01-05 00:55 | 映画 ドラマ 音楽

あけまして

あけまして、おめでとうございます。

…あけてから三日というのも何なのではありますが、とにかく、今年も皆さんよろしくです。

一応仕事始めは6日からなんですけど、明日から自分の仕事は開始する予定です。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2010-01-03 11:44 | ごあいさつ