タグ:司法書士 ( 14 ) タグの人気記事

やっぱり勝負!

何度か書いていますが、自己破産の同時廃止事件は、簡単に見えて足を掬われかねない難しさがありますわ;;

今回の場合、会社の代表取締役だった人。

大阪地裁の場合、会社の代表取締役(だった人を含む)の自己破産の場合、会社財産と自己財産との区別を相当ハッキリさせなければ、管財事件にされる傾向が高いです。

今回の場合、代表取締役からは引いていましたが、会社の連帯保証人になっている点や、一部会社のための借金もあったため、同時廃止ができるかどうか?は、自信が持ちきれない事件でした。

書類に関しましては、うちの事務所では(というよりワタクシが作ると)、必要書類が落ちることは徹底的に防ぎますが、こういう場合の陳述書は、どこまで求められるか?は、書記官と裁判官の判断に委ねられているのが実情です。

ですから、どこまで細かく書くか?は、常に迷います。

今回の場合、会社の業績と会社財産の行方、個人の債務との関係を徹底して書くことができていません。自分でも分かりました。

そこで、大阪地裁は、債務者審尋を言ってきました。

…勿論、書類追完は殆ど必要ありませんでしたけどね(笑)。



今回の場合、上申書に勝負を賭けました。

およその会社業績と利益率、報酬、借金の返済金額などを、依頼人たちの記憶の限り、丁寧に徹底して説明しました。

会社財産と個人財産関係との区別がなされていた事実にかなりの注意を払いました。



で。








同時廃止決定。








ふう。
簡単に見えて、大変なんですよね。

大阪地裁(大阪高裁管轄の地裁)では、東京その他の地裁とは違い、基本的に書類審査で同時廃止が決定され、審尋期日は例外的とされています。

債務者審尋には、二つの場合があります。

一つはお叱り。こういう生活とかお金の使い方ではいけませんよ!と叱られるためのものです。

もう一つは、不明な事情について説明を求めるための場合。

問題は、特にこの後者の債務者審尋では、ちょっと気を抜いた行動を取ると、裁判官の判断で管財事件に回される場合が実際にあるのです。




簡単になめず、丁寧に数字化し、どうしてこうなったのかを社会情勢や契約情勢などを経営問題に発展した時点を明確にしたのが良かったようです。




今回は久しぶりに緊張しました。

大変ですね;;

勉強になりました(涙)。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2013-06-13 22:46 | 司法書士編。

何とか生きている・・・なあ。

お久しぶりです。

件の本人訴訟は、正に正念場。
裁判官がしないしないと言っていた証人調べをすることになり、裁判官は、依頼人には「最後の証人調べだけは弁護士さんに任せる…という手も考えて欲しい」と言い出しました。
このままでは、裁判官が本人尋問や証人調べをしなくてはならなくなるから、と。
あなたに有利に質問できないのよね、と。
裁判官としては、証人調べなどでしくじってもらっては困る、という事らしい。

この証人調べをもって事実認定を終える、と。

つまり結審するという訳です。

相手方弁護士には、「よく分かっていると思うけど、控訴して争う事件じゃないからね??」と釘を刺している。

…普通言わんよね、こんな事。

しかし、だ。
…あのね。
裁判官と言う人は、弁護士さんの業務がよく分かっていないらしい;;

最終場面で、いわば堀という堀が埋め尽くされてから考えろ!と言われているようなもので、これは別の意味でハードルが高い;;

相当の資料が固まってからの証人尋問だからねぇ;;



…という訳で。
信頼できる優秀な弁護士さんを紹介し、通常の受任に近い形で受任してもらいました。

先生に事件の話をお話していると、それを聞いているうちに、「裁判官とどえらい関係になってしまっているな」と呆れていらっしゃいました;;

裁判官を怒らせてしまっているからです。



その通りですよ。



まあ、裁判官としては、訴えられた被告の本人訴訟に原告弁護士がボコボコ…というのでは恨まれる恨まれる;;…ってのも影響があるかもしれません。

最後にこちら側から出した準備書面は、相手側からでた証拠が、うちの主張の証拠になってしまっている点を指摘してひっくり返し、別の証拠から相手の主張を間接的に潰してしまったし。

裁判官は笑っとったなあ。

このままでは、本当のボコボコ裁判で終わってしまう。




でもねぇ。
どうなんでしょ??

こちらが紹介した弁護士さんは、本当に優秀な方なので、相手方弁護士とは雲泥の差。

あの先生を相手に証人尋問と本人尋問をするのは、本当に大変やろね。



さて。
今は、破産事件やビジネス・インタビューの申し込みに忙しいのです。

もっと成長しなければ。



…来月結婚なので(ポッ)。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2013-06-07 01:02 | 司法書士編。

自分を棚に上げ;;

とある訴訟の相手方から、うちのじい様(父)について、ある言い分が言いふらされていることを聞いた。

何でも、相手方についた弁護士が、自分の無能を棚に上げ、また自分の顔に泥を塗ったという逆恨みから、相手方に言い訳したことに尾ひれがついて出来上がり、こちらの耳に届いたというところらしい。






















弁護士
潰し
専門の
司法書士
事務所の
悪党ボス








…やれやれ。


そんな儲からんこと専門でやるかいな(汗)。





これって、相手には見えていないけど、ワタクシも言われているんだよな(汗)。
何しろ、絵図面書くのにワタクシも入っている訳だから。


まあね。
ワタクシについて言えば、悪党というところは…まあ人が悪いってのは認めよう(笑)。



でもね。


依頼人のために『悪』を振るうのは、もう一つ『上』の段階でっせ。




…こうやって、悪評と逆恨みがつのっていくのかな。

勿論、負け犬の遠吠えが心地よいのは未だ変わらず(笑)。




やっぱり、人が悪いなあ(汗)。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2013-03-16 22:24 | 司法書士編。

明けまして。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

既に年も明けて、やっと正式に言う事が出来るのですが…
自分を追い込むために、新年の誓いを立てることにします。



社会財産としての事業を失わせず、人・物ともに、継続・発展・成長させることをビジョンとして、ミッションを組み立てていくことを誓います。


ワタクシ、将来性ある中小企業を、目の前で、ほぼ完全に崩壊するのを見たことがあったため、試行錯誤して様々なサービスを考えていたのですが、去年から形になり始め、このサービスで社会に貢献したいと考えるようになっていました。

その中でも今年は、来るべき時に備えて過去数年間準備してきたM&A事業に、今まで以上、より深く飛び込むことになります。

既にきんざい(金融関係の方は、よくお分かりの筈)が資格を制定する予定で、ワタクシは、とある筋で第一期生として、現在は民間資格ではありますが、将来的にはFPのような委託型の国家資格を目指すという、M&A専門資格者認定される予定…です←特別試験に合格すればの話なのだが(汗)。

うちの業界では、あまり…というか殆ど興味が持たれていませんが、いわゆる後継者問題(事業承継)では切り札的ソリューションで、事業承継問題に取り組むと言っても、最悪このルートと実務の実力を握っていないと何もできないのが実情なのです。

事業承継でも、後継者がいて成長が望める場合には、それが得意な方へ案件を回し、相続対策などに協力させていただくことに留め、ワタクシたちの事務所の特徴として、中小・零細企業専門のM&Aアドバイザリー業務をすることにしたのです。

専門性が高くて大変難しいためか、本来近い筈の公認会計士などを含め、事業化することを考えている士業事務所が大変少なく、また日本ではまだまだブローカー的な世界でしたから、正式に発表するのを控えていたのですが、日本最大手の専門企業との提携が進み、お声掛けも進み始め、情報も集まりつつあり、更に、売上1億円以下の企業のM&A専門市場が出来、その市場規模を狙っていらっしゃる買い手ニーズも既に依頼されている状態となり、自分の尻を蹴っ飛ばす意味で、今回誓いを立てる事にしました。





…とここまでデカイ目標を書いてしまったので、逃げ隠れできません(汗)。




もう一つは…無事結婚だな(涙)。






ともあれ。
皆さん、今後ともよろしく。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2013-01-01 21:28 | ごあいさつ

ま~~~たやっちゃった人;;

我が愛しのシルビアに追突アタックしやがったバカガキが出まして。

現在、修理&治療中のワタクシです。


…もうすぐ彼女のご両親にご挨拶に行くのになあ;;




さて。
「まあ~こんな人もおるのが世の中。」「またまたほぼ確定…かな?」で書いてきた訴訟ですが。

…相手方。

ついに、依頼人と裁判官に対して、半ば公然と立証妨害まで始めやがった;;

詳しくは書けないので簡単に言えば、役所を脅して裁判官が求めている文書を出させないようにしてしまった;;


しかし。
裁判官も大したもの。

それをすぐ見抜いて、その弁護士に対し、「アンタ、役所に行って来たの?」って尋ねると、弁護士があっさり白状(汗)。

そしたら、裁判官に「じゃアンタが貰ってきて下さいね」とピシャリと捻り返されてしまった(笑)。

アホが。

ワタクシたちと同じような手法を裁判官にされるようだったら、その心証は如何ばかりか(呆)。



今まで見た弁護士の中で、無能、かつ最低レベルな人間性。

しかも、短絡的で浅はか。




こんなヤツもおるんだなあ。



後ね、法的反論ってしつこく言って勝手に準備書面を出してきたんだけど。


つまらなくてつまらなくて笑ってしまった。

法的反論の体をなしていない。

事件が終わり、サイトで公開してからここでも書きますけど、ホンマ、これでも弁護士か?てな反論で、裁判官も呆れていたでしょうね。


あと少しだな。

ホンマの引導を渡してやるのも。






さてさて。

彼女のご両親に会えるのは、何となく嬉しいし。


治療、頑張らんと。



シルビア、綺麗になって戻って来てくれ~(涙)。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2012-12-13 00:02 | 司法書士編。

何だか腹を探りたくなる

最近、司法書士のことについて触れた記事を見ました。


その記事はここなんですがね。



ここの記事、確かによく当たっている面が多い。

よく調べているなあ、とも思える。

例えば、登記のできない司法書士なんていう話も本当です。

うちも使っている専門ソフトは、うちのボスからすれば、まだまだなところもある業界最大手です。

ですが、そのエンジニアたちすら、この記事と同じ愚痴をこぼしていました。



特に、最近、債務整理専門からいきなり相続専門を謳いだしたところがあって。

そこでは、単純な相続登記一つできなかったという有様だったのです。



おそらく、戸籍の読み方や集めるものが分からなかったんでしょうけど、こりゃ確かに酷過ぎる。

なのに、遺言執行なんて謳っていたって、そんなもんできる訳がないのは自明の理です。



さて。

司法書士が登記ができない、という記事は確かにご尤もな話で、そこかしこにある問題です(※登記していたとしても、企業法務の厳しさを知らないヤツも多く、適当な仕事をしといて、後からこちらが尻拭いさせられていた場合もある。それも、相手は気が付いていながら偉そうに高飛車に出て来られたことがあった。ボスは大人しい人やったから事を済ませたが、ワタクシやったら地獄に突き落とすぞ?二度と使ってはもらえまい)。


ところが。

この記事を見ていて、「??」と思ったところもあったのも事実。


例えば、上の記事の図。

確かに、これだと登記は減る一方の感じですよね。


そこで、政府が発表している統計を調べてみました。

(※登記の件数は、申請又は嘱託情報ごと、かつ、登記の目的ごとに1件としてカウント)


d0039219_12474021.jpg


…商業登記の傾向が分かりにくいな;;

では、これを個別にしたものがこれ。


d0039219_12475777.jpg



…どうですか?

確かにこの記事では下がり続けているし、その傾向も分かるんですけど、このグラフでも下げ止まり始めているのが少しだけ分かるんですよね。

それを無視して書いていたらちょっと不公平。

まあ、23年の数字が上がっていなかったんですから、当然と言えば当然かな。


ただ、この世は全て心象風景

この世の実勢を洗わず統計も、見方を変えると考え方も変わる訳で。

例えば、債権譲渡登記などは、大体9万件で推移している。ということは、それだけ利用されている登記でもある訳で、司法書士の仕事にもなるか…ならないかもね(笑)。会社で自分でやっちゃうからなあ。

そういうことも挙げないで、危機感を煽っているだけな部分も見え隠れするのはワタクシだけかあ??

何しろ、プロ用のセミナー会社みたいやし~♪



景気悪化が下げ止まりつつあるのは、登記でも分かる。

さてさて?
これを良い傾向と見るかどう見るかは、それぞれの胸三寸だなあ。




ところで。
この統計を見る限り、登記で飯を食えるようになるのは大変。

今は、価格競争も激しいし。

とすれば、その周辺から独自の業務・サービスを作り出さないといけない。



ワタクシたちですか?

一応考えて実行中です。



まだお話しできるほどでもありませんけどね。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2012-12-01 12:45 | 司法書士編。

引導。

「またまたほぼ確定…かな?」で書きました訴訟。





予備的請求の趣旨の更正を求められました。








曰く。







「やっぱり『ここ』の部分を訂正して書き直して。」










何故なら。












「いやあ。

このままではね、

『判決文』が、

書きにくくてね~♪

えへへへへへへ♪」







…と、相手方「本訴原告」弁護士に向かって笑っていた。









…勝ったかな。







このようなあからさまな態度と言うのは、普通、裁判官は採らないんですけどね。


この弁護士が書いた、こちらを非難ばかりする準備書面などは、証拠を含めて「こんなものは『読んでません』。」と言って不快がったりしていたしなあ。





次回は、役所にある調査図面を職権で取り寄せてもらう事になり、それをもとに審理して終ったら、どうやら結審のようです。



…相手方弁護士は、座を蹴るようにして法廷から出て行きました。









訴訟の法的な点はともかく、まだまだ見どころ満載の訴訟ですので、最後まで注視していきます。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2012-10-28 09:24 | 司法書士編。

大変長らくお待たせしております♪

ここを訪ねられている、ご奇特な方々。

大変長らくお待たせしております。

大してネタがないことに加え、違う事も山積しておりますので。

…確かに面白そうなネタもあるんですけど、それは、最後まで結末を見て片付いてから。

今まで通り、こちらもブログを一応再開しようと考えております。





さてさて。
今までは、必ず一月に一度は、何かしら記事をアップしていたのですが、昨年一年間は、どうしても色々あって気が乗らず、書かない日々が続きました。

書かない月まで出ていたものです。





ここを始めたのは、今から7年前。

ワタクシ、まだ30代でありました。


♪親の不始末 子の難儀~ どないせっちゅうねん~!


…とは、じゃりン子チエの主題歌にありますが、ワタクシとしては、この歌詞通りの人生の7年間でした。

正確には、昨年の12月、この全ての区切りがついたところなのでした。

家族の不始末は、これにて終了です。







で。




その後は、ワタクシ、何をして良いやら分からなくなってしまったのです。





そんな時、彼女が会話の中で期せずしてヒントをくれた訳です。

このヒントを貰った時、初めてし残していた事に気が付きました。

それが、結婚でした。




まあ、後は前回紹介したみんカラにアップした記事にある通りに事は進んだんですが…


まあ、プロポーズの時の彼女のビックリした顔は、多分忘れられないでしょうね。

ホンマ、ビックリしていたから。

…ただ。

ビックリしていた訳の一つには、ワタクシにも大きな衝撃が…















何故なら…








当の彼女も似たようなものでしたが、








オマエが結婚だと?!


ウソだ!!


ありえへん!!


何かの間違いに決まっている!!








という反応が、周囲に数多現れる結果となったからです。







オイ;;;;
















皆さん、どついてもええですか?!












…という感じです(笑)。



まあね、彼女も「結婚を捨てている人やから、言ってくれるとは思わんかった;;」と告白したくらいなので、丸で川藤(幸三)が松坂(大輔)から4打席連続ホームランを打ったくらいの確率扱いをされるのも当然なのかもしれませんが(涙)。






とりあえず、公私共に色々な事がスタートしています。

まだ発表できるものは少ないのですが、前向きに生きておりますよ~。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2012-06-09 13:22 | 小人閑居

やっぱり波長が呼び寄せそうだ。

お久しぶりです。

こちらでの情報公開は、今後別のところに移す事を考えています。
更新頻度は下がると思います。

さて。
昨年末より業務提携の話が幾つか入り、またM&Aの案件も急ぎで入ったりと、目指している方向に合うような「波」が来ている状態です。

こんなご時世ですからね。
経営を考えて手を打たないと。



それと。
今、痛切に感じていることがあります。

それは…





司法制度改革の「暗黒面」。






簡単に言えば、答弁書や準備書面のレベルが低すぎる弁護士がいるからです。


中には、弁護士パパが息子に異常にお金をかけて弁護士したんだろうな…と思える人もいたりする。

確かに人柄はいいんだけど、まあそれほどの事件ではないにせよ、プロとしてきちんと仕事をしなさいよ!と逆に腹が立つほど、バカバカしいことを本気で主張する。

それを言ったら、どんな裁判官でも起こるような事だとも思わずに、ね。

あれでは、依頼人はいつでも酷い目に遭うだろう。

幾らなんでも酷いなあ~と思える人は、他にも出ている。


そうかあ、これが司法制度改革のなれの果てか。



逆に、依頼人も我儘な人が増えている感じが強くします。
代理人や依頼を降りさせてもらう例が出ている状態です。




は~。


愚痴ばっかりだな(汗)。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2012-01-29 08:51 | 司法書士編。

裁判官だって人間です。

最近までかかっていた、共有物分割請求訴訟(本人訴訟)が、依頼人の全面勝訴で終わりました。

最初から全面的価格賠償による分割を裁判所に求めて訴えたら、書記官から、

「この訴訟、何ですか?」

…などと問い合わせがあった、曰くつき(笑)。

簡単に言えば、書記官さんたちも見たことがなかった訴訟だった訳です。

…しかし、最高裁判決もある有名な論点なんですけどね(汗)。


この時は、書記官を通じて、裁判官から、「具体的なな請求はどんなもの??」という釈明が第一回期日前からあったのです。

そこで、「持分相当額の支払の引換給付判決で移転登記を認めて下さい」と言っておいた。

※通常は訴状訂正書で行うのだが、今回は準備書面で補充することでOKとなっていた。


こんなことをわざわざ言わなければならないということは、書記官はもちろん、裁判官も登記手続きが全く分かっていない証拠なのだが;;




なのに。
いざ判決が出てみると、ただ単に単独所有権を認めただけの判決(大汗)。




これでは、控訴しなければ、確定してしまうともう一度移転登記請求訴訟を起こさないといけない。

何しろ所有権しか確認していないので、登記請求を認めた判決ではないと判断され、これをもとに移転登記は不可能になってしまうからです。


これを裁判所に指摘して、更正決定を下さいというと…








わずか10分で更正決定を出すことが決まったとの連絡が。







裁判官だって人間だもんな。

登記に使えない判決(それも、最初から訴えの趣旨に求める判決内容として記載されているから控訴理由になる)を書いてしまったら…





※ところで、こういうことは訴訟ではたまに起きる。うちの中でキョーレツだったのは、共有者の一部が起こした訴訟(実体法では共有者全員に効力がある筈の訴訟)での勝訴判決が最高裁で確定したのに、法務局で跳ねられたということがあった。何しろ、最高裁の調査官までもが法務局で鼻であしらわれたほどだった。結局、他の共有者も訴訟を起こし、結局、最高裁までまたまた裁判をやる羽目になった(汗)。このように、裁判官が考える判決が、そのまま登記で使えるかと言えば大間違いなケースもあるということ。念入りに請求内容を決めておかなければならないのだわ。






とにかく。
面白い訴訟でしたよ。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2011-09-29 20:09 | 司法書士編。