タグ:自己破産 ( 3 ) タグの人気記事

やっぱり勝負!

何度か書いていますが、自己破産の同時廃止事件は、簡単に見えて足を掬われかねない難しさがありますわ;;

今回の場合、会社の代表取締役だった人。

大阪地裁の場合、会社の代表取締役(だった人を含む)の自己破産の場合、会社財産と自己財産との区別を相当ハッキリさせなければ、管財事件にされる傾向が高いです。

今回の場合、代表取締役からは引いていましたが、会社の連帯保証人になっている点や、一部会社のための借金もあったため、同時廃止ができるかどうか?は、自信が持ちきれない事件でした。

書類に関しましては、うちの事務所では(というよりワタクシが作ると)、必要書類が落ちることは徹底的に防ぎますが、こういう場合の陳述書は、どこまで求められるか?は、書記官と裁判官の判断に委ねられているのが実情です。

ですから、どこまで細かく書くか?は、常に迷います。

今回の場合、会社の業績と会社財産の行方、個人の債務との関係を徹底して書くことができていません。自分でも分かりました。

そこで、大阪地裁は、債務者審尋を言ってきました。

…勿論、書類追完は殆ど必要ありませんでしたけどね(笑)。



今回の場合、上申書に勝負を賭けました。

およその会社業績と利益率、報酬、借金の返済金額などを、依頼人たちの記憶の限り、丁寧に徹底して説明しました。

会社財産と個人財産関係との区別がなされていた事実にかなりの注意を払いました。



で。








同時廃止決定。








ふう。
簡単に見えて、大変なんですよね。

大阪地裁(大阪高裁管轄の地裁)では、東京その他の地裁とは違い、基本的に書類審査で同時廃止が決定され、審尋期日は例外的とされています。

債務者審尋には、二つの場合があります。

一つはお叱り。こういう生活とかお金の使い方ではいけませんよ!と叱られるためのものです。

もう一つは、不明な事情について説明を求めるための場合。

問題は、特にこの後者の債務者審尋では、ちょっと気を抜いた行動を取ると、裁判官の判断で管財事件に回される場合が実際にあるのです。




簡単になめず、丁寧に数字化し、どうしてこうなったのかを社会情勢や契約情勢などを経営問題に発展した時点を明確にしたのが良かったようです。




今回は久しぶりに緊張しました。

大変ですね;;

勉強になりました(涙)。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2013-06-13 22:46 | 司法書士編。

元気でやっております。

ここをご覧になられる方も、殆どいないのではと思うのですが…


元気ですよ~(笑)。

来年3月に向けて、やらんといかんことが沢山あり過ぎですね;;;;




さて。

昨日出した個人再生は、今日無事に開始決定~♪

文句を言われそうなところは、全て最初に解説なり上申書なりを差し挟んでおいたので、殆ど何も言われずに開始決定。





う、嬉しい(涙)。






破産もそうだけど、何もケチをつけられなかった時って、この手の手続きでは殆ど無いのが実情だからね;;;;



さてさて。

ここのブログ、使い道はどうしよう…



ちょっと悩んでいるワタクシでした。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2012-09-04 23:54 | 司法書士編。

応対は難しい

とある管財事件の打ち合わせに来て欲しいとのことで、遠方まで出かけました。

しかし…

申立人が、管財人の言い方に慣れておらず、もっと言えば、言外(行間)の意味も分からなかったため、激怒してしまい、場が大変なことになる直前までいってしまった。

一般人は、自分の解釈で法制度を考えてしまうのは仕方ないとしても、それがそーとー外れた解釈だとは思わないですもんね。

あ。
我々には、ニュアンスで「そこんところよろしく♪」というサインをそこかしこに散りばめていましたから、ワタクシたちとしては、それほど問題には感じなかったんですけど(軽蔑的態度など微塵もなく、何とか進めてくださいね~というサインが表情からも伺えました)。


でもねぇ。
これは、確かに、破産制度の根本を依頼人が勘違いしてしまっていたことも原因ですが、もう一つあるのは、弁護士さんという人種が、大抵、社会人経験を弁護士事務所と法律事務で積んでしまうことにも原因がありますね~。

一般の方々には、あの雰囲気は、「どう思われるかなんて、かんけーねー!と思っている」と勘違いされて思われてもしかたないと感じました。



で、です。
ここに来る皆さんで、この業界にいない人は、かな~り勘違いされていると思いますので、はっきり言いますね。

弁護士さんと裁判官は、人の話は熱心に聞く人は、案外少ないです。

大げさに言えば、滅多にいません。

だから、このような不満を持つ方々が多いことに気がつかされることもしばしばです。


原因の殆どは、完全なコミュニケーション不足。

会話だけではなく、相手の考えがある程度分かるまで、話をよく聞くという態度、リテラシーが欠落しているんですね。

ワタクシですら、あの営業で少しは鍛えられたのか、他でも持て余されていた依頼人の契約を何とかとって、依頼も終わらせたこともしばしばあります。

そこで言われるのが、「話を聞いてもらえて嬉しい」ということ。


営業は、ワタクシはいい仕事だと思います。
やっておいてよかったですね~と、先輩の先生に、最近何度も言われます。

でも、弁護士さんの殆どは、一般社会人経験が大変少ないまま、業界に入ってしまうことが多いため、後で様々なことで差異が生まれるような気がします。

ワタクシの場合、弁護士さんと話しても、キャッチボールが成立するよう、また興味を持ってもらえるよう、営業するように工夫しています。

だから、大抵話した後には笑いが起きますけども(笑)。

いあの弁護士さんも全然悪い人ではないので…依頼人にも分かってもらえれば…



…まあ、誰がどのように見ても、万人が万人、どうしようもない人間性の弁護士もいますけどね←同種の人種が依頼人になることが殆どですが、そういう人たちから見れば違うのですけどね(汗)。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2010-07-15 21:04 | 司法書士編。