高い買い物は…

前にも角刈り専門!畝山”理髪店”!(笑)でお話したので、よくお分かりかと思うのですが…

ワタクシ、何しろケチ倹約家なので、高い買い物は、なるべくしません。

先日、ドライヤーが動かなくなりました。
気が付くと、13年!もの間、動かし続けておりました。

動く限りは、何でも使い続ける。
動かなくなっても、修理してこき使う大切に使い続けるというのが、ワタクシのモットーでありまして。

今回は、モーターを発注して交換してみるのも、ワタクシの工作意欲を刺激して良かったのですが、パーツ代の方が高いかもしれないし、そもそもパーツの供給があるかどうかも怪しいので、断念しました。

何しろ、この東芝製ドライヤーは、記憶が正しければ、確か1500円もしなかったように思われます。

広告の品で偶然買えたかと(笑)。

さてさて。
今回は、相変わらず出し渋り倹約して、これを選びました。

但し…色がピンクしかなかったんですよ。

ワタクシは、ブルーの在庫を尋ねました。

「朝に壊れたから今日無いとちょっと…」ということも付け加えながら。

しかし、店の言い分が面白い。

「本社倉庫には在庫があるので、三日…四日是非お待ち下さい!」

…あのね。
今日から使いたいから来たと言ったワタクシの言葉は、キミ、聞いていないのかね?(笑)

ということで、ピンクになりました。
ええ、そうですとも。
バラの絵のパッケージで(笑)。

価格は、2000円ほどでした。

こんなんでええんですよ。
大体、このワタクシのアタマに15000円もするドライヤーを使って乾かすなど、歩いて五分のローソンに行く専用の足に「メルセデスを買いたい!」と騒ぐようなものです。

そう。
「無駄遣い」と言えば…



うちのジジイ(※父)のアタマは、緑化に失敗した砂漠のような枯れ草原の様相を呈しております。

しかし、彼は、時々「散髪に行く」と言って出かけます。

しかも、聞くところに拠れば、同じ土佐出身という散髪屋さんで、毎回3500円も使っているというのであります。

で、馴染みの司法書士や弁護士の先生が、居ない間に電話をかけてこられ、ワタクシたちが散髪の事を伝えると、決まって全員こう仰います。

「どこ切るの??」

…ご尤もでございます。
どうやら、磯野波平さんの一本だけの髪にドライヤーを当てて乾かす行為に匹敵する『無駄遣い』諸行無常を感じるのは、ワタクシ共だけではなかったようであります(笑)。

しかも、このように皆さんが感じる事に、3500円使うというのも、何なんでありまして(笑)。




…などとケチ臭い話ばかりですが。

しかし。
今のおもちゃ業界は、ワタクシたちの世代をターゲットにしているのも間違いありません。

いわゆるファーストの『ガンプラ』全セット数万円(店オリジナルの規格外れのでっかいホワイトベース付き)を目の前で『大人買い』しているのを目撃した時など、メーカーの『メ』の字は『目』に違いないと感じざるを得ませんでした(笑)。


ワタクシが行く電気屋には、おもちゃ専門店も併設しているので、『当然』寄ります(笑)。

そこには、かなりでかい音量で、あるVTRが流れていました。

それは、こんなものでした。

大人の『復讐買い』を何と効率的に煽るような内容ではありませんか(大笑)。

「出る」とは噂に聞いてはいたが、こんな宣伝もテレビなんぞでやっていたのか。
BANDAI HOBBY SITE バンダイホビーサイト 宇宙戦艦ヤマト 1-350 スケールプラモデル

接着剤がいらない…ほうほう。
作りやすそうね…


などと言っている場合ではない!


よ~く製品仕様を見てみよう!

何と!
350分の1スケールと書いてあるではないか!

あの元になった船体は、そもそも263メートルもあったのです。

とすれば、単純計算で80cm弱もあるスケールモデル、ということになってしまいます。

あのね。
元になっている戦艦の350分の1スケールですら相当鬱陶しい大きさなのよ。

少なくとも、奥さん族には理解の欠片も得られない『ゴミ』同然の扱いを受ける事は、間違い無いでしょう。

それが!
200年後に出てくるという訳の分からん宇宙戦艦でだよ?
砲塔がバラバラ動くわ、『あの』独特の音を相当な音量で奏でるわ、ピカピカピカピカ光るわという求めてもいないのに勝手に五感という五感に激しく訴えるプラモデルが、766mmもの大きさがあったら、一体どうよ?

それをリビングなどに堂々と飾ったりしたら…その後の運命は、イスカンダルに到着するよりも遥かに容易に火を見るより明らかとなると思える…

そーとー理解が無い限り、家庭内において「あれは『亭主』ぢゃないわっ!ペット!そう!『家畜』なのよっ!」と、『妖怪』の後に『人間』の文字が付く『ベム』にも劣る扱いに落ちるのは、間違い無いと思えて仕方が無いのだか(汗)。

まして!
この宣伝VTRでは、娘さんだか奥さんだかが『嬉しそうに』男たちと船体を写真に撮っているではないか!



ありえない…



何故なら。
このプラモデル、こうした製品で…

47000円以上

…するのだよ(大汗)。
これを買って良い顔をする奥様がいるのか?は、あまり考えなくても答えが分かる程度の問題ではないだろうか?



…家庭持ちで、これを買おうと思っている、アナタ。

ワタクシは、一言だけ言いたい。

「宇宙の平和と家庭の平和と、天秤にかけてじゅーぶん考えるように」と(笑)。

…とまあ、「5000円…いや12000円までだったら買おう」と思ったワタクシの感想でした(大笑)。


※余談であるが、ワタクシも人のことは言えない。↑上の作品の『原作権』で裁判沙汰まで巻き起こした作家のマンガで、C62で引っ張る列車で謎の美女と宇宙の果てまで旅行に出るという同じように謎の作品があったが(笑)、この主人公達が持っているという宇宙に4丁しかない銃金属製ガレージキットモデルが、10万円ほどで売られていた時期がある。メーカーは幾つかあるが、一番ヒットした製品を作っていたメーカーが現在でも存続しているのかどうかも分からない。とにかく、これが欲しくてねぇ(笑)。「4丁」しか無い割には、何故か「限定50丁!」とか言って時々出ていたけれどね(大笑)。会社にいた頃は、結構お金があったので、金メッキと黒があったから、両方とも買おうと思っていたら会社が潰れた(笑)。これが「縁」というものなのだろう。

※余談が続くが、ワタクシがファンになっている方々に、上の元の戦艦を100分の1スケールでラジコンを作った人たちがいる。考えて欲しい。100分の1と言えば、単純に考えて263cmもあることになってしまう!2メートル63センチである!幅だって38cmあるのだ!しかし、このモデルの場合、大会主催者から恋焦がれて出場を請われ、あまつさえその出場シーンが新聞に報道される事となってしまった。丁度、現在は離婚問題で有名になった歌舞伎役者主演の角川映画で、この戦艦が有名になってしまった頃だったから、尚更注目度が高かったそうだ。スケールがでかいと言っても、ここまで大きく綺麗に作られると、非難よりも大きな賞賛になってしまうのだろう。何事も中途半端はいけない!という教訓だろうか(笑)。という事は…上記の宇宙戦艦のモデルも…いや、100分の1スケールの宇宙戦艦だったら、きっと離婚問題になるかも(汗)。766mm程度でよかったというべきかも知れぬ(笑)。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2007-03-18 10:53 | 小人閑居