<   2005年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

今日も買い物。

今日も買い物。

昨日書いていたモノをなるべく安く。

だってさ~。
この期に及んで、まだまだ買わないといけないなんて。
転職したてなんですぜぃ(涙)。

思いの外、ダイエーが安かった。
お蔭で、予算を相当圧縮できたし。

何だか貧乏くさいが、サラリーマンの、それも営業で使えて見苦しくないもの、となれば、それに当たっていさえいれば、今はそれを買えば良いと思うことにしています。

…営業の分際で、高~いスーツやその他のモノを身に着けていたら、逆にバカと思われるし、反対に安すぎるものばかり身に着けていたら、何しろ1000万円する呉服をお届けする場合すらある会社なので、これはこれで問題がある。

社会的に見て、常識の枠内だったら、まあ良いか。

…サラリーマンの皆さんは、紳士服店と言えば、どんなところに行っているんだろうか?
逆に自信が無くなったよ(涙)。


さあ!
明日から、また研修です。

…毎度の事ながら、研修内容を書けないのは心苦しいなあ。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2005-07-31 21:44 | サラリーマン編。

土日はお休み?

基本的に、研修中は土日がお休み。
…とは言っても、まだ3日しか行っていないんですけどね(汗)。

今日など、やはり早朝に目覚め、買っておかないといけないモノを探しに、午後からクルマでお出かけ。

しかし。
忘れていたよ~。

土曜の午後は道が混むのを(バカ)。

お蔭で、半分くらいしか行けなかった。

探していたのは「美しいキモノ」という季刊雑誌。
これを毎日毎日読んだり眺めたりしないといけない、というお話だった。

…な~んだ。
こういうのがあるんですねぇ。
と思ったら。
値段が高い!
1,850円もする!

ただ、ワタクシは、好奇心の塊みたいな人間ですので、マジマジと見てしまっています。
…それに、美人の和服姿って、それだけで鑑賞対象になりますよ~(笑)。
アシェット婦人画報社


明日買うもの。
下着、カッターシャツ、ネクタイ、電球型蛍光灯、蚊取りリキッド、メモ帳。

午前中には買い集められるでしょう。

とすれば。
午後から眠れる…

…いや、眠れない。
覚えないといけないことも多い。
とは言っても、せいぜい10分で覚えられることなのだが。

それよりも。
何故だか、手品を一つ覚えてこないといけないらしい。

盆休み明けまでの宿題とされた。

なにゆえ??

とにかく、ネタを調べないといけない(涙)

江上さんのお話、参考になるなあ。
江上冴子のつれづれ日記
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2005-07-30 23:56 | サラリーマン編。

来週からは。

只今、まだ研修中~。

↑これから二ヶ月は、この文から始まります(笑)。

で、今は、手に力が入らない。
二つのカバンで、片方は重い資料を持って、片方は弁当を入れて持っていっているからでしょうか。

さて。
段々と、自分の中の尺度というか、これから何をすれば良いのかが分かってき始めたところです。

ですが!!
今の研修内容を公開できないのが残念です。

その上、それ以外、ネタが無い(涙)。
公開したら、オモロいネタは、わんさかとあるんですけどねぇ(笑)。

だーって!!
朝の8時に出勤して、ほぼ12時間あちらに居るんですもん!!


この濃い~研修は、これからが本番のようです。
来週は、一体何が待っているのでしょうか?!

楽しみにしておこうと思います!!


…これ以上書けない;;
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2005-07-29 23:38 | サラリーマン編。

只今、研修中~。

只今、ワタクシたちは研修中です。

色々な面で、本当にためになる話が多い。
実際、ワタクシの入った会社では、3年ほどもすると、外資が営業を引っこ抜きに来るのです。

なるほど、と分かってきた。
ここの営業は、本当にレベルが高い。
1ランクどころか数ランク上、と言い切れる。


内容をお話ししたいところですが、これが出来ない。
悪しからず、ご了承下さいませ♪


さてさて。
太田哲也さんの裁判が、一応の決着をみました。
Yahoo!ニュース - 読売新聞 - レース事故訴訟、主催者側が9000万円支払いで和解

太田さんについては。
太田哲也 WEB KEEP ON RACING

とにかく。
主催者たちには、真摯に、謙虚に、謝罪をして欲しいと思う。

明日もメチャメチャ早いので、今日もこれで終了~。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2005-07-28 22:37 | サラリーマン編。

初出勤。

さて。
某社へ初出勤と相成りました。

今日から二ヶ月もの研修です。
途中、泊まりででかけることもあるらしい。

その上、盆休みが10日もある!!
…出勤したばかりなのに、もう休みかよ(笑)。




出勤した具合からは、どの業界か、言っても良かろう。

形式的に見れば。

「呉服」業界です。

形式的と言ったのは、はっきり言って、そういう枠組みからは大幅に外れている企業だからです。

これくらい言ったら、その業界の人は、ワタクシがどこに入ったか?が分かる筈です。
ホンマ、濃い企業ですわ~;;

で、明日8時から出勤なので、今日は報告できない…
というより、初出勤で何が書けるか?!という程度ですからね(笑)。


本当は、ワタクシにも守るもの…家庭や恋人などがあれば、また少し違うのかもしれないけれど、やはりそういうものが無い人間は、この企業の中で登って行けない感じがする。

そういうものが欲しいんですけどねぇ(涙)。

でも、今は、仕事を頑張らないと!!
それが許される企業ですし。


ほんと~~~~~~~~~~~~~~に、特殊な面白い企業です。

一言で言えば、「熱い!」

…「暑苦しい」ではないので、悪しからず(笑)。



では、本日はここまで!!
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2005-07-27 22:32 | サラリーマン編。

退職。

本日、コープこうべを退職致しました。

丁度二年前。
2003年の7月7日に入所致しました。

当時は、ワタクシ自身、本当に最悪の状態でした。
人と話すということが、本当に出来なかったのです。
人と話すのが、もう嫌で嫌で。

ですが、周りのサポートもあり、どうにか二年間、続けて行けました。
どんどん前向きになって仕事が出来ました。
嫌なことなど一つも無い職場でした。こんなところは珍しいと思います。

だからこそ、色々と癒されたのだと思います。


今度は、全く畑違いの仕事。
今の店には、後任にあたる人も入りました。
明日から入社。二ヶ月に及ぶ研修です。

本当に稼がなくてはならないのです。

もう、退路はありません。

さあ!
再出発です!!




ところで。
一昨日の日曜日の夜。
また背広を二着、買いました。

今度こそ夏専用の清涼スーツにしようと思っていたのですが、結局3シーズン用にしました。

今度の職場が、白のカッターシャツ、長袖の着用を義務付けているのです。
清涼スーツって、あれ、背中が透けて見えるんですよねぇ。

10月を過ぎて、あれを着れないので、結局3シーズン用の方が使い易いという結論に至りました。


で、ですね。
ワタクシ、憧れの三つボタンのスーツを一着、買えました。もう一つは普通の二つボタンです。

いや~!サイズがあるのかなあ、あったとしても、あまり似合わないのではないだろうか?と思っていましたが、ぴったりのがありました。

シャツやらなにやらで、結局8万円ほどかかった。

…こうして見ると。
なにゆえ、サラリーマンの給与所得控除がざっくり引かれているのかがよく分かる。結構、経費がかかるのね~。



こういう買い物をしたら、何故だか早く出社したくなりました。
ちょっと嬉しくなってしまいました。

…女性の買い物の心理が、少しは何だか分かったような気がする(笑)。




さてと!
減量するぞ!!
就職が決まったら、脂肪だけを減らすプログラムを立てる計画だった。
これは、すぐに実行に移そう!

何、何とかなるだろう。
過去、18kgもの減量に成功したこともあるのだから。

あ。
そういえば、こうした進路が決まったら作ろう!と思っていたプラモデルが幾つかあったな~!

ランボルギーニ・カウンタックの精密モデルやディアブロだとか、R32スカイラインGT-Rニスモ、果てはヤマハFZ250フェーザー

他にもあったなあ。

でも、そんな暇は無い。
否、暇はあっても、今は作る気がしない。
お金をかけないと、思ったような仕上がりにならないし、今は時間が惜しい。

それに。
本物のFD3S・RX-7を買って仕上げる方が面白いような気もするし(笑)。

まあ、カウンタックを最高として、その他のは練習に使って、いつか作ることにしよう(笑)。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2005-07-26 10:20 | サラリーマン編。

本日二回目。

さて。
今日の夜は、先輩を連れて、かつての道場へ。

ただトレーニングするのはバカバカしいが、ただパワーだけを誇示する武道もやりたくない。

ということで。
ワタクシの師匠を紹介して下さい、という依頼でした。

ワタクシの師匠は、言わば、ワタクシにとっても「親」も同然の方。
先日、就職が決まり、その事情を申し上げに参りましたが、その時は、大変喜んで下さいました。

…ただ、道着を持ってきていなかった為、先輩には「今度こそ持ってくるやろな?!」という、昔懐かしい「要請」がありましたけどね(笑)。

ですので、今回は、道着を持って参りました。一応(笑)。

師匠は、二つの道場をやっています。
ただ、少林寺は、仕事を他に持っていることが、道場を開く条件になっているので、普段は治療院をやっていらっしゃいます。

先輩を連れて(??←先輩の600ccのバイクに二人乗りで行ったのだが(汗))参りました。
勿論、着替えさせられました(大笑)。


動かんな~~~~~~~~!!
まあまあ体は柔らかく、右足の根元を伸ばすと少し痛めてしまったが、横に開脚は180度近くいけたし、そのまま胸も腹も床にペタンと着けれた。

二十代のままの柔軟性は持っていたようです。
まあ、十分やってはいたんですけどね。トレーニングも。

しかし、動きの中での使い方は、ぜ~んぜん違う。

だから、当然色々と筋肉痛です。即日…というより、もう帰りには(笑)。
でも、これって重要です。その日どころか直後に痛いというのは、筋肉の年齢そのものが若い証拠ですからね。



師匠は、もう七十代。
しかし、動きに変わりは無い!!

少林寺での実戦性を極めている人ではあるのだが、その動きが凄い。

先輩は、その動きにたちまち魅了されていたようです。
年齢を聞いてびっくりしていたし。

まあ、ワタクシを知っているし、博士もワタクシの「弟弟子」に当たり、彼からも聞いているのですが、やはり見ていると圧倒されるような感じだったそうです。

…ワタクシは、思いっきり痛い目に遭いましたけどね(涙)。

足は、肉離れの一歩手前。二週間もすれば、治ってくるでしょう。
もう、中学時代からの持病ですし、これはトレーニングでつよくできるんですけど、まだその器具類を手に入れていないので、まだ強化はムリだなあ。

しかし、ただ一つ分かったことも。

思いの外、年齢を超えて、まだまだ現役で動ける!!

トレーニングをのお蔭です。


しかしまあ、流石は我が師匠!
未だに凄いなあ。
とても七十代に見えない。現役中の現役。

ああいう人を名人と呼ぶのかも知れない。



先輩も、これで我が門下生です。
ふっふっふっ…
しっかり「指導」して差し上げましょう(笑)←さてさて、どういう「指導」なんでしょ?!(汗)
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2005-07-23 22:44 | 自己紹介

やってみました!

今日も休みにして貰いました。
前なら、これくらいの体調なら出勤していたんですけど、今度の職場で病気明けで元気なく初出勤する訳にも参りませんから。

明日から、二時間だけ手伝わせて貰うように致します。

は~。
後、二日か。

本当にありがたい職場であった。
お礼のしようもないなあ。

さて。
とある方の日記で、こういうのを薦められた。
あなたがつぶやく最期の言葉

ワタクシの結果を記そう。


あなたがつぶやく最期の言葉は「今まで本当にありがとう」です。
娘家族にみとられながら、ぼんやりと先立った妻を思い浮かべ…(推定年齢82歳)

あなたの総合運
☆☆☆☆

明るくて、誰に対しても分け隔てなくつきあうことのできるあなたは、常に豊かな人間関係の中にいることでしょう。しかし一方でストレスに弱く躁鬱が激しいという一面も。でも精神的に不安定になったとしても自身の豊かな人脈に支えられ、あなたなら乗り切っていけることでしょう。
そんなあなたの最期はごく自然にやってきます。小春日和の続く時季、あなたは風邪をこじらせて病院へ。年齢が年齢なだけに回復は遅く、あなたはの体力はゆっくりと、しかし確実にに奪われていきます。そんな知らせを聞きつけ、あなたの旧友や娘、その家族があなたのもとに駆けつけますが、その甲斐ものなくあなたの最期はやってきます。そしてあなたはぼんやりと先立った妻を思い浮かべ、娘の手をとりこうつぶやきます。『今まで本当にありがとう』あなたらしい最期ですね。

あなたの仕事運
☆☆☆

礼儀が正しく、初めて会ったひとにたいしても臆することなく向き合って話ができるあなたのその態度は、上司や同僚から好感をもたれそうです。しかし、おだてにのりやすく、ついつい調子のよいことばかり言ってしまうところも。悪気はないのでしょうが、後々、自分で自分の首を絞めるな発言はやはり慎しんだほうがよいでしょう。

あなたの金銭運
☆☆☆

あなたの金銭運は、ずばりふつうです。それなりにお金が入ってきて、それなりに出ていくことでしょう。しかし金銭感覚のバランスは悪くなく『自分の収支に合わせて上手にやりくりする』ということを意識すれば、お金を着実に貯めることができるタイプです。まあ、お金が貯まるも貯まらないもあなた次第と言ったところでしょうか。

あなたの恋愛運
☆☆☆☆

あなたは一緒にいて安らぎを感じる女性にに魅力を感じるタイプです。あなたの恋は、女友達のふとした仕種や優しさがきっかけとなり始まることが多いことでしょう。しかし、どこか恋愛に対して臆病になってしまうところがあり、なかなか相手に気持ちを伝えられなかったり。時には大胆にアプローチしてみると面白い結果が返ってくるかもしれませんよ。

ラッキーワード

『それは心の持ちようかな』
 (秋風に前髪をなびかせ遠くを見つめてつぶやくとラッキー度、更にアップ!)



…正直。
心臓が止まるかと思うほど、ショックを受けた。

まあ、最期の姿は別として、その他は、自分の体験にも合っているし、今回の就職で、かなり言われた部分も網羅してある。

つまりは、かなり当たっているのだ。


とにかく。
「ありがとう」の言葉を家族や友人に言って死ねるのなら、私には後悔はない。
そういう生き方をし、そういう家族を持ち、守りたいものです。


…但し。
ラッキーワード。
あれはいかん。

何故なら。
ワタクシには、風になびかせる程の前髪が無い(涙)。

ラッキーにはなれんな(笑)。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2005-07-23 10:44 | 小人閑居

ああ、疲れた。

いや~!
今週の初めから、何だか食欲が無かったのですが、一昨日、送別会の後、にわかに発熱しまして(汗)。

もう、夜中の3時から汗との戦いでした(涙)。

でも、昨日は休みでしたが、提出書類を作らねばならず、自動車で方々へ行きました。

あ、汗が(汗)。
あれ?日中の気温36℃ぉぉぉぉぉ~~~?!

…ただ単に暑かっただけのようです(笑)。
発熱は本当なんですけどね。



で、今日は無理言って休み。
もう、あんな力仕事ばかりはないようですが、営業では出回る仕事ばかりですしねぇ。
展示会は、歩き回るし。

そういう意味では疲れると思うんですけどね。




さて。
今日は、やりのこしていたフリーゲームをやっています。

ワタクシの趣味では、ゲームはタダ、そして、何と言ってもアドベンチャーとサウンド・ノベルに限る!という大原則があります。

大嫌いなのは、RPG
何故だか昔から嫌いなのです。
予定通りに進まないし、めんどくさい(笑)。



で、今読んでいるサウンド・ノベルは、Beelzerogue(ベルゼローグ)というサイトで公開されている作品群。

「トラフィック」というシリーズは、第一作がどんでんの繰り返しで、最初は面を食らったが、中々に面白かった。第二作も中々です。短編ながら、続編を見たいですね。

ということで「ベルゼローグ」を読んでいます。

中々のSFです。
…設定の基盤そのものは、あまりにもガ○ダムそっくりなのだが(笑)。

さてさて。
三作目、読むか~!


皆さん、お仕事、頑張ってねぇ~!!(笑)
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2005-07-22 08:44 | 小人閑居

コミックバトン。

ここへのコメントを下さった、青縞さんによってコミックバトンなるものを送られました。

さてさて。
青縞さんには、メールでお送りしたのです。
だって…公開するには、偏執的な面が多分に認められるんだもん(笑)。

しかし、方々のサイト・ブログでは、バトンを受けた人が、ちゃんと公開している。

ということで。
ワタクシも、公開してみよう~!



■1・Total volume of comic on my Bookshelf(本棚に入ってる漫画単行本の冊数)

…そもそも本棚というのが「どの本棚??」と言うほど、全ての本棚にマンガが入っている。

だから、冊数と言われても…コレクションそのものは、200~300冊程だろうか?数えたことがないんですよね。

でも、少なくとも100冊は確実にある!
その3倍程度はあると思うから…こんなものでしょうか?



余談。
※ただ、ここ数年の問題によって、精神的に破壊された時期があり、お蔭で、音楽も漫画も、完全に時流が「止まった」状態です。

何しろ、新しいこと、楽しいことを見ると、自分たちの境遇が逆に苦しく感じてしまい、とても目を向けられなくなっていたのです。これは、自分が好きなものなら大体そうなので、本当に当時は痛かったなあ。

でもまあ、お金を切り詰め、慎ましく生活していると、「幸せの最低レベル」がどんどん下がってしまい、ちょっとでも良い方向というのが、鋭く敏感に見えるようになってしまいました(笑)。

最近は、DVDの収集に執着しているので(数は無い(笑))、当然、アニメにも漫画にもまっっっっっっっっっっったく興味が無い状態…というのは大げさですが、厳選して読んでいるのは間違いないです←その割りには、エウ○カセ○ンを毎週見ているんだな~(笑)。


■2・Comic thought to be interesting now(今面白い漫画)

無い。
…いや、あった(笑)。

「イニシャルD」。

後は…買おうと思っているうちに忘れてしまうので、何が面白いか分からなくなって
います(笑)。


■3・The last comic I bought (最後に買った漫画)

イニシャルD・31巻(笑)。


■4・Five comic I read to a lot, or that mean a lot to me
(よく読む、または特別な思い入れのある5つの漫画)

「じゃりン子チエ」
…作品の説明は不要であろう(笑)。
テレビのDVDについては、ネット検索で数万件の情報を全て精査し、限定版ゆえ、殆ど在庫が消滅していた商品だったが、少な~い糸を手繰り寄せ、数少ない流通在庫に辿り着き、ほぼ奇跡的に全BOXを買い集めた経験がある。
これについては、近日ブログに書くつもりだった(笑)。

「イニシャルD」
丁度、チューニング業界が、「ありがた~い」外圧のお蔭で、規制緩和が進み、昔に比べたらやりたい放題になっていく時期と重なって、ドリフトブームまで起こしてしまった。
誇張はあっても嘘は少ない内容で、一般社会に走り屋の世界を浸透させた、偉大なマンガと言えよう(笑)。

「月明星稀・さよなら新選組」
本当は、中央義士会に所属して忠臣蔵の真の姿を研究したい!と思う程の忠臣蔵のファンでもあり、新選組についても、ここ十数年(ホンマ)、調べ続けていたワタクシは、やはりこの手のマンガは見てしまう。
ただ、よくありがちな「あり得ないカッコ」をしているので、興醒めしているマンガ。「見てるだけ~」というヤツですね。

「Dr.コトー診療所」
立ち読みだが、必ず読んでいる。
元々、この作者が好きで、少年サンデー時代から読んでいたから←さすがにサンデーは5年前から読まなくなった。恥ずかしいもんね(汗)。


「ボルツ・アンド・ナッツ」
…一般人は、誰も知らない。
絶対知らない。
多分、アフリカのどこかの国の首都を問われても、誰かが知っているが、
このマンガは、「一般人」は、絶対誰も知らない(笑)。
知っていたら…それは、もうオタクの証明です!

答えは。
ティーポ(Tipo)というクルマ雑誌にある。

Tipo

その中で、田中むねよし画伯という、オタクとしか申しようが無い
漫画家が連載しているマンガ。

むねよし.COM
エンスー漫画家、田中むねよしblog

この人のマンガは、もう絶版となっているものまで買い集めているのです。

自伝と言えるマンガです。
主人公は、当然、「田中むねよし」ですから(笑)。

濃い。
濃過ぎて、一般人は、誰も読めない(笑)。
喩えて言うならば、濃過ぎるトンコツに、濃過ぎる鶏がらスープを加えて白味噌で味付けした上で、うどんよりも太くパスタよりも固い麺を入れたラーメンのような感じがする(大笑)。


■5・Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5名)

…流石に渡せるヤツは居ないなあ(汗)。



ということでしたが、いかがでしょうか?

ところで。
ワタクシは、今、昔好きだった漫画家の行方を探しています。

その方は…

井上宣先生。

どうなさっているのだろうか?

大学受験で東京へ出た時、コンビニで「黄金のペリカン」という、大変面白く、絵も綺麗なマンガに出会った。
それが、この先生とのはじめての出会いだった。
調べて見ると、朝日ソノラマの雑誌・ハロウインなどで、伝奇ものや怪奇ものを手がけていらしたそうですが。

「ガリア日記」(93)という作品以後、3年ほどは全く分からない。イラストレーターになって、とある小説の挿絵をなさって以来、全くの消息不明。

元気なお姿を是非作品の形で拝見したいです。





また、「特別の思い入れのある作品」には、あえて入れなかった作家もいます。

それは…

水樹和佳子先生。

大ファンです!

では、何ゆえ入れなかったのか?
この方の作品は、ほぼ全部の作品が好きなので、特別思い入れのある作品を先生の作品から選べ!などというのは、グレッグ・マダックスからフォア・ボールを選べ!のと同じくらい難しいのです(笑)。

つまり、作品群が、受け手のワタクシを極限まで攻めているストライクばかり(笑)。

選べと言われても…
見逃し三振!に決まっているではないか(大笑)。

しかし。
一つ選べ、と言われれば。
そうだな~。

イティハーサだろう。

それまでの彼女の作品の集大成、と位置付けても、間違いないところではないだろうか?

ハヤカワ文庫から文庫本が出ているので、一度、お試しあれ。

※但し、宗教関係が苦手の人には、受け入れられない可能性もある。あくまで、彼女が作った「神話」であることを念頭に置いていれば良いと思う。それから、とても長い作品なので、気合が要るぞ!(笑)

現在、先生は、挿絵もさることながら、小説家にもなっています。
彼女は、文章でも水樹先生だと分かる世界観を描ける人ですよ。


…でも、しばらく仕事はしていないのではないか??(汗)





という「オタク」ぶりですよ。
ワタクシも濃いなあ(笑)。
[PR]

by uneyama_shachyuu | 2005-07-19 19:57 | 小人閑居